かげろう絵図とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > かげろう絵図の意味・解説 

かげろう絵図

原題:
製作国:日本
製作年:1959
配給:
スタッフ
監督:衣笠貞之助 キヌガサテイノスケ
製作:三浦信夫 ミウラノブオ
原作:松本清張 マツモトセイチョウ
脚色:衣笠貞之助 キヌガサテイノスケ

犬塚稔 イヌヅカミノル
企画:財前定生 
撮影:渡辺公夫 ワタナベキミオ
音楽:斎藤一郎 サイトウイチロウ
美術:西岡善信 ニシオカヨシノブ
録音:大谷厳 
照明:加藤博也 カトウヒロヤ
キャスト(役名
市川雷蔵 イチカワライゾウ (島田新之助)
山本富士子 ヤマモトフジコ (登美)
山本富士子 ヤマモトフジコ (豊春
滝沢修 タキザワオサム (中野石翁
柳永二郎 ヤナギエイジロウ (大御所家斉)
木暮実千代 コグレミチヨ (お美代の方
河津清三郎 カワヅセイザブロウ (水野美濃守
志村喬 シムラタカシ (良庵)
黒川弥太郎 クロカワヤタロウ (島田左衛門
阿井美千子 アイミチコ阿井三千子 (中年菊川
三田登喜子 ミタトキコ (女中
矢島ひろ子 ヤジマヒロコ (お多喜の方)
南左斗子 ミナミサトコ (小屋頭の娘お民)
千葉敏郎 チバトシオ (沼田十三郎)
伊沢一郎 イザワイチロウ伊澤一郎 (将軍家慶)
須賀不二夫 スガフジオ須賀不二男 (奥村大膳
山路義人 ヤマジヨシンド (落合久蔵
永田靖 ナガタヤスシ (下村孫九郎)
松本克平 マツモトカッペイ (瓦師六兵衛
大和七海路  (火の番お蝶
加茂良子 カモ (大奥女中富佐)
香川良介 カガワリョウスケ (美濃部筑前守
坂東簑助 バンドウミノスケ (脇坂淡路守
綾英美子 アヤエミコ (大奥女中須賀
浜世津子 ハマセツコ (大奥女中信乃
若杉曜子 ワカスギヨウコ (佐島付お女中二)
賀原夏子 カハラナツコ (おふみ)
小林加奈枝 コバヤシカナエ (隣家のおせき)
橘公子 タチバナキミコ (表使与根
近江輝子 オオミテルコ (表使八重
荒木忍 アラキシノブ (肥後守
春本富士夫 ハルモトフジオ (弥助
南部彰三 ナンブショウゾウ (加藤飛騨守)
光岡龍三郎 ミツオカリュウザブロウ (土方大治郎)
水原浩一 ミズハラコウイチ (酒井方之助)
原聖四郎 ハラセイシロウ (水野越前守
寺島貢 テラシマミツグ (大貫次郎
市川謹也 イチカワキンヤ (浅田与市
伊達三郎 ダテサブロウ (井関宗六)
尾上栄五郎 オノエエイゴロウ (勝見賛四郎)
寺島雄作 テラシマユウサク (橋番の清六)
南条新太郎 ナンジョウシンタロウ (竹本若狭守
葛木香一 カツラギコウイチ (法印中川常春院
志摩靖彦 シマヤスヒコ (岡部因幡守
石原須磨男 イシハラスマオ (西之足軽
浅尾奥山  (法眼栗本瑞見)
横山文彦 ヨコヤマフミヒコ (西之丸番侍三)
玉置一恵 タマキカズエ (用人結城左内)
堀北幸夫 ホリキタユキオ (秋田玄治)
福井隆次 フクイリュウジ (西之丸番侍一)
三浦志郎 ミウラシロウ (橋上群衆内甲
滝川潔 タキガワキヨシ (橋上群衆の内乙)
越川一 コシカワハジメ (橋上群衆の内丙)
沖時男 オキトキオ (西之丸侍二)
浜田雄史  (石翁邸仲間風の男
小柳圭子 コヤナギケイコ (年輩のお女中
高原朝子 タカハラアサコ (若いお女中
堀佐和子 ホリサワコ (御坊主円喜)
戸村昌子 トムラマサコ (お次ぎの女中
種井信子 タネイノブコ (佐島付お女中三)
谷口和子 タニグチカズコ (佐島付お女中一)
目黒幸子 メグロサチコ (中薩田毎)
瀬古佐智子 セコサチコ (佐島付き瑠璃
解説
東京新聞連載中の松本清張同名小説映画化したもので、徳川十三代将跡目相続をめぐる陰謀事件中心にした時代推理劇。「お役者鮫」のコンビ衣笠貞之助犬塚稔脚色し、「情炎(1959)」のコンビ衣笠貞之助監督し、渡辺公夫撮影した。
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
徳川十三代の家慶は将軍とは名ばかりで、実権大御所家斉が握っていた。更に勢力はっていたのは、家斉の愛妾お美代の方養父中野石翁であった。一時家斉の寵を奪ったお多喜の方はお美代の方さしがねで葬られた。その時お美代の方助けたのがお末女中の登美であった。登美はお美代の方庇護のもとに大奥仕えることになった。登美は幕政改革大志を抱く旗本島田左衛門の意を体して大奥潜入すべく、お美代の方に近づいたのだ。石翁の鋭い目は登美を注目始めた。登美には瓜二つの顔をした豊春という町娘の姉がいた。豊春は又左衛門の甥新之助とくらしていた。宿下りを許された登美には早くも尾行者があった。新之助の隣に住む町医者良庵が、ある夜極秘使い呼ばれてみごもった女を診察した。女は不義犯しお美代の方附き中年菊川だった。大奥紊乱洩れることをおそれた石翁は、菊川を殺させ、姿を変えさせて水死人よろしく隅田川流した。良庵は往診途上何者かに誘拐された。これを知った新之助は石翁邸に忍び込み、女の衣類を土に埋め女中たちの姿を目撃した。菊川宿下りしたまま城に戻らないという登美の手紙をみて、新之助、又左衛門らは水死人が菊川であることを認めた。家斉が卒中倒れた。かねてよりお美代の方の孫にあたる前田家若君将軍世継ぎ立てるべく画策する石翁一味は、家斉を陥れ、家斉のお墨附き得て喜んだ。祝盃をあげる石翁に新之助は菊川着物をみせ、顎然とする石翁の悪事痛烈に罵った。激怒した石翁は侍を向けたが、新之助は身軽に邸をぬけ出し、捕えられたのは新之助の身を案じて邸に忍び込んだ豊春だった。折柄、家斉危篤の報があった。救い出し豊春からこのことを聞いた新之助は邸にひき返し今しも登城寸前の石翁の手からお墨附きの箱を奪った。警備の侍が新之助を囲んだ。江戸城夜に入っても、総登城行列延々とつづいた。

かげろう絵図

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/12 03:14 UTC 版)

かげろう絵図』(かげろうえず)は、松本清張の長編時代小説。『東京新聞』夕刊(1958年5月17日付 - 1959年10月20日付)に連載され、1959年11・12月に上下巻の単行本が新潮社より刊行された。後に電子書籍版も発売されている。大御所徳川家斉の治世晩年を舞台に、江戸城大奥の支配を目論む勢力と腐敗を一掃しようとする人々との対決、権力をめぐる人間群像を描く時代小説。




  1. ^ a b 金曜プレミアム 松本清張スペシャル『かげろう絵図』”. とれたてフジテレビ. フジテレビ (2016年2月19日). 2016年2月19日閲覧。
  2. ^ 文春文庫版(2004年)下巻裏のあらすじには三男坊とあるが、本文中では次男となっている。
  3. ^ 当時『東京新聞』文化部で本作を担当した森秀男による「『かげろう絵図』誕生」(『松本清張全集 第25巻』(1972年、文藝春秋)付属の月報に掲載、後に『松本清張の世界』(1992年、文藝春秋臨時増刊、2003年、文春文庫)に再掲)参照。
  4. ^ この前後の描写は、戦後日本に起こったある事件に関する著者の推理が下敷きになっていると見られている。『松本清張全集 第25巻』巻末の足立巻一による解説を参照。
  5. ^ 【高部あい麻薬逮捕】米倉涼子の新ドラマも大ダメージ 東京スポーツ 2015年10月28日 この時点ではタイトルが不明だったが、「米倉涼子主演」「時代劇」の一文から『かげろう絵図』であることが一致している。


「かげろう絵図」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「かげろう絵図」の関連用語

かげろう絵図のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



かげろう絵図のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのかげろう絵図 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS