風の視線とは?

風の視線

原題:
製作国:日本
製作年:1963
配給:松竹
スタッフ
監督:川頭義郎 カワズヨシロウ
製作:脇田茂 ワキタシゲル
原作:松本清張 マツモトセイチョウ
脚色:楠田芳子 クスダヨシコ
撮影:荒野諒一 コウノリョウイチ
音楽:木下忠司 キノシタタダシ
美術:岡田要 オカダカナメ
編集:杉原よ志 スギハラヨシ
録音:松本隆司 マツモトリュウジ
スクリプター:堺謙一 
照明:飯島博 イイジマヒロシ
キャスト(役名
園井啓介 ソノイケイスケ (奈津井久夫)
岩下志麻 イワシタシマ (妻千佳子
山内明 ヤマウチアキラ (竜崎重隆)
新珠三千代 アラタマミチヨ (妻亜矢子
毛利菊枝 モウリキクエ (母總子)
中村たつ ナカムラタツ (妹啓子)
佐田啓二 サダケイジ (久世俊介
奈良岡朋子 ナラオカトモコ (妻英子)
小林トシ子 コバヤシトシコ (山岡ミチ
松本清張 マツモトセイチョウ (作家富永弘吉)
滝田裕介 タキタユウスケ (写真家長沖保)
細川俊夫 ホソカワトシオ (竜崎友人土山
矢野宣 ヤノセン (編集者角谷
野々村潔 ノノムラキヨシ (編集長窪田清人
加藤嘉 カトウヨシ (R紙部長
遠山文雄 トオヤマフミオ (望洋閣番頭
高宮敬二 タカミヤケイジ (新聞記者山口
高木信夫 タカギノブオ (刑事
解説
女性自身連載松本清張原作同名小説映画化で「かあさん長生きしてね」のトリオ楠田芳子脚本執筆川頭義郎監督荒野諒一撮影担当した恋愛ドラマ
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
亜矢子は夫重隆との愛なき結婚にすっかりつかれ果てていた。外国赴任している夫の留守を、視力を失った母堂總子と暮らしていた。そうした美貌人妻亜矢子に、新進カメラマン津井憧れを持っていた。だが、彼女のすすめるままに千佳子と簡単な見合結婚をしてしまった。千佳子亜矢子の夫重隆に誘惑されて、短かい愛の交渉をもった暗い過去があった。この結婚にはこういった暗い影があった。亜矢子は、夫の留守中に知り合った大新聞事業部次長久世が、心のよりどころとなりそれが愛にかわっていた。久世は、画期的企画敏腕ふるって業界にその名を知られていたし、若い芸術家達に絶大信頼があった。しかし、彼もまた亜矢子と同じように、愛なき結婚で結ばれた名前だけの妻と別居した生活を送っていた。そんなところへ、重隆が突然帰国してきた。この帰国は複雑な人間関係大きな波紋投げかけた。この帰国を知った千佳子は、荒廃した自分中に真実の愛確かめようとして重隆を訪れた。しかし、彼はただ千佳子身体求めるだけだった。彼女は現在の生活までも捨てようとした自分愚かさを知って、奈津井アパートから姿を消した。一方久世の妻英子は夫と亜矢子の仲にしっと心をもやし、帰国早々の重隆に中傷した。重隆は亜矢子との離婚認めず最後まで彼女を苦しめようと図った。そんな時、重隆は密輸であげられた。亜矢子はこれで夫とは絶対別れられないと決心し、久世川治温泉に誘って一夜を過ごした。そうした亜矢子の心を知って久世は、みずから進んで佐渡支局転勤した。そんな頃、荒んだ生活の奈津井のもとに千佳子帰ってきた。若い二人はお互の愛の傷を見詰め合うことによって、新し愛の生活出発ようとする勇気意志を持ったのだ。一方、英子は東京から佐渡へ渡る気になれず、自分から久世別れ告げた。そして、獄窓の重隆も亜矢子との離婚心から同意するようになっていた。亜矢子久世結ばれる日は、もう間近なのだ。

風の視線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/11 14:51 UTC 版)

風の視線』(かぜのしせん)は、松本清張長編小説。『女性自身1961年1月3日号から12月18日号に連載され、1962年8月に光文社カッパ・ノベルス)から刊行された。都会に暮らす孤独な男女の、さまざまな愛の交錯を綴る、ロマンチック・ラブストーリー。






「風の視線」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「風の視線」の関連用語

風の視線のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



風の視線のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの風の視線 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS