富籤とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 行事 > 興行 > 富籤の意味・解説 

とみ‐くじ【富×籤】

番号入りや券などを販売し、抽籤(ちゅうせん)など偶然により当籤者決め賞金支払うくじ。江戸時代には、興行主番号入り富札(とみふだ)を売り別に用意した同じ番号木札を箱に入れ、期日に箱の小穴から錐(きり)で木札を突いて当たりを決め賞金支払った。主に寺社修復募集場合許可されて興行主となった。江戸では谷中感応寺湯島天神目黒不動のものを三富といった。富突き福富見徳


とみ‐くじ【富籤】

〔名〕 江戸時代から流行した一種賭博興行興行主富札売り出し、それと同数木札を箱に入れ、所定の日に、箱の小穴から錐(きり)で突き刺し当たり番号をきめ、規定賞金与えた。興行主売上額から、賞金総額必要経費差し引いたもの収得する。多く寺社興行許され修復財源とした。江戸では谷中感応寺湯島天神目黒不動の富が三富と称されて有名であり、京・大坂辺でも盛行した。古くは「富突」「富」などと呼ばれた。万人講

富籤〈東都歳事記〉の画像

落語千両富(1893)〈禽語楼小さん〉「昔は各所千人講鬮(トミクヂ)と云ふ物が流行しました


富籤

読み方:トミクジ(tomikuji)

近世流行した賭博一種


とみくじ 【富籤】

江戸時代寺社修理まかなうため許された籤で、富札を売って金を集め当り籤賞金出した。江戸谷中感応寺目黒不動滝泉寺)・湯島天神はとくに有名で、「江戸三富」といった。

富籤

作者アントン・チェーホフ

収載図書犬を連れた奥さん・外九篇 オンデマンド
出版社ゆまに書房
刊行年月2007.2
シリーズ名昭和初期世界名作翻訳全集

収載図書カシタンカ・ねむい 他七篇
出版社岩波書店
刊行年月2008.5
シリーズ名岩波文庫


富籤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/07 04:03 UTC 版)

富籤・富くじ(とみくじ)は、富突きともいい、主に江戸時代に行われた寺社普請の為の資金収集の方法。


  1. ^ a b c d e 質疑応答集”. 東京都大田区. 2019年8月13日閲覧。
  2. ^ 【くらし物語】宝くじ もとは一攫千金じゃなかった/江戸時代の寺発祥 健康祈願のお札『日本経済新聞』NIKKEIプラス1(2017年9月2日)
  3. ^ a b c d e f g h 宝くじ問題検討会報告書 平成22年11月 宝くじ問題検討会”. 総務省. 2019年8月18日閲覧。
  4. ^ 辨財天秋まつり「箕面富」―146年のときを経て復活―箕面山瀧安寺ホームページ
  5. ^ 現在のグループ買い。
  6. ^ 写真集「歌舞伎名優時代 舞台写真・大正から昭和へ」郡司正勝編 二玄社、1988年
  7. ^ 江戸の歳事風俗誌(小野武雄、講談社学術文庫)
  8. ^ 江戸の歳事風俗誌(小野武雄、講談社学術文庫)
  9. ^ 第1回宝くじ問題検討会 総務省説明資料”. 総務省. 2019年8月13日閲覧。


「富籤」の続きの解説一覧



富籤と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「富籤」の関連用語

富籤のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



富籤のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの富籤 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS