高島とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 高島の意味・解説 

たかしま【高島】


たかしま【高島】


たかしま【高島】

読み方:たかしま

長崎県西彼杵(にしそのぎ)郡にあった町。高島・中ノ島・端(は)島からなり海底炭田知られた平成17年20051月長崎市編入

高島の画像
三島東端にある高島

高島


高島


高島


高島


高島


高島


高島


高島


高島


高島


高島


高島


高島


高島


高島


高島


高島


高島


高島


高島


高島


高島


高島


高島


高島


高島


高島

島嶼名辞典では1991年10月時点の情報を掲載しています。

高島


高島


高島


高島


高島


高島


高島


高島


高島


高島


高島


高島


高島


高島

読み方:タカジマ(takajima)

所在 福井県勝山市


高島

読み方:タカジマ(takajima)

所在 長崎県島原市


高島


高島


高島


高島


高島

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

高島

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

高島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/16 04:09 UTC 版)

高島髙島高嶋髙嶋高嶌(たかしま)




「高島」の続きの解説一覧

高島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/01 14:15 UTC 版)

高島町 (長崎県)」の記事における「高島」の解説

面積1.24 km2周囲6.4 km東西1.2 km南北1.8 km長崎市中心部から南西14.5 km位置するかつては高島・上二子島下二子島の3島であったが、埋立により陸続きになった飛島とも防波堤繋がっている高島炭鉱があった。唯一の有人島

※この「高島」の解説は、「高島町 (長崎県)」の解説の一部です。
「高島」を含む「高島町 (長崎県)」の記事については、「高島町 (長崎県)」の概要を参照ください。


高島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/04 01:23 UTC 版)

岡山市の地域一覧」の記事における「高島」の解説

たかしま」。

※この「高島」の解説は、「岡山市の地域一覧」の解説の一部です。
「高島」を含む「岡山市の地域一覧」の記事については、「岡山市の地域一覧」の概要を参照ください。


高島(たかしま)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/11 09:13 UTC 版)

鞠夫シリーズ」の記事における「高島(たかしま)」の解説

関口友人

※この「高島(たかしま)」の解説は、「鞠夫シリーズ」の解説の一部です。
「高島(たかしま)」を含む「鞠夫シリーズ」の記事については、「鞠夫シリーズ」の概要を参照ください。


高島(たかしま)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/16 17:02 UTC 版)

タマラセ」の記事における「高島(たかしま)」の解説

二高国語教師で、生徒からの人気が高い先生三年女子藤巻付き合っており、陸南大学法学部推薦合格させるため、魂裸醒生徒襲った

※この「高島(たかしま)」の解説は、「タマラセ」の解説の一部です。
「高島(たかしま)」を含む「タマラセ」の記事については、「タマラセ」の概要を参照ください。


高島(たかしま)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/22 06:31 UTC 版)

地獄の招待状」の記事における「高島(たかしま)」の解説

蛭田の子分。内木鉛筆へし折った張本人

※この「高島(たかしま)」の解説は、「地獄の招待状」の解説の一部です。
「高島(たかしま)」を含む「地獄の招待状」の記事については、「地獄の招待状」の概要を参照ください。


高島(前世)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/28 00:40 UTC 版)

GS美神 極楽大作戦!!の登場人物」の記事における「高島(前世)」の解説

平安時代における横島前世で、陰陽寮所属する陰陽師他者使用する霊符無効化する術を使うなど非常に優秀だが、極端に女癖悪く貴族平民問わず若い娘のいる家に夜這い掛け挙句の果て当時権力絶頂にあった藤原氏姫君手を出して死罪言い渡された。ただし、この時代男女交際はかなりおおらかで「結婚する前のお試し期間的な感覚があった。夜這い際に相手女性拒否されたらおとなしく引き下がるのがマナーであったため、アホ迫り方をしたのが原因だったのだろう。高島自身は誰からも愛されなかった」と述懐している。

※この「高島(前世)」の解説は、「GS美神 極楽大作戦!!の登場人物」の解説の一部です。
「高島(前世)」を含む「GS美神 極楽大作戦!!の登場人物」の記事については、「GS美神 極楽大作戦!!の登場人物」の概要を参照ください。


高島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 06:59 UTC 版)

笠岡諸島」の記事における「高島」の解説

高島(たかしま)は神島の2kmほど南にある有人島笠岡港からは航路で12kmほどになる。属島として差出島明地島稲積島小高島などを伴っている。1944年昭和19年)には国の名勝指定を受けている。 高島には多くの遺跡があり、古いもの先土器時代遡るこれらの遺跡調査によって縄文時代晩期西日本の様相が明らかになった。 高島と神島をめぐっては、神武天皇住んでいたと言う伝説がある。『日本書紀』『古事記』では、神武天皇東征序盤吉備国に「高島宮」という行宮をつくり、そこに3年又は8年のあいだ暮らしたとされている。この「高島宮」は高島を指すという説と、神島を指すという説がある。 高島の南沖には白石島があり、2島の間の海峡白石瀬戸と呼ぶ白石瀬戸には小高島コゴチ島などの無人島がある。 高島の航空写真国土交通省国土画像情報カラー空中写真)」を基に作成

※この「高島」の解説は、「笠岡諸島」の解説の一部です。
「高島」を含む「笠岡諸島」の記事については、「笠岡諸島」の概要を参照ください。


高島(横浜市西区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 15:15 UTC 版)

日本の人名地名一覧」の記事における「高島(横浜市西区)」の解説

当地埋め立ておこなった高島嘉右衛門より。

※この「高島(横浜市西区)」の解説は、「日本の人名地名一覧」の解説の一部です。
「高島(横浜市西区)」を含む「日本の人名地名一覧」の記事については、「日本の人名地名一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「高島」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「高島」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



高島と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高島」の関連用語

1
92% |||||

2
92% |||||

3
92% |||||

4
76% |||||


6
76% |||||

7
76% |||||


9
76% |||||

10
76% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



高島のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2023 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高島 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの高島町 (長崎県) (改訂履歴)、岡山市の地域一覧 (改訂履歴)、鞠夫シリーズ (改訂履歴)、タマラセ (改訂履歴)、地獄の招待状 (改訂履歴)、GS美神 極楽大作戦!!の登場人物 (改訂履歴)、笠岡諸島 (改訂履歴)、日本の人名地名一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS