高島嘉右衛門とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 実業家 > 経営者 > 日本の実業家 > 高島嘉右衛門の意味・解説 

たかしまかえもん -かゑもん 【高島嘉右衛門】 ○

1832~1914実業家易断家。茨城県の人。実業従事していたが、のち財界から退いて吞象(どんしよう)と号し、易学学び、「高島易断」を著した。

たかしまかえもん 【高島嘉右衛門】

明治期実業家易学家。江戸生まれ建築請負をし、京浜間鉄道敷設尽力北海道炭鉱鉄道社長晩年「易」を研究、呑象の号で講義し、『高島易断』を刊行し、高島易の開祖となった。(一八三二~一九一四)

高島嘉右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/11 07:07 UTC 版)

高島 嘉右衛門(たかしま かえもん 1832年11月22日天保3年11月1日[1]) - 1914年大正3年)10月16日)は横浜実業家および易断家。江戸三十間堀生まれ。幼名は清三郎。後に嘉兵衛、嘉右衛門に改名。号は呑象(どんしょう)[注 1]。以下、嘉右衛門を使用する。


注釈

  1. ^ 呑象の号は、勝海舟から号を持ってはどうかと勧められて「どうしよう」→「どんしよう」という語呂合わせで付けられたという伝説がある[要出典]。これは呑象の号の使用を黙認された小玉卯太郎が語った話とのことで、かなり信憑性が高い[要出典]
  2. ^ 安重根の名前の「根」は旁が「艮」である。また艮為山は艮が重なる形で重艮、つまり重根を指していたと解釈される。
  3. ^ 親交のあった人相家の桜井大路が、病床の嘉右衛門を見舞ったときに嘉右衛門の死期が話題となった。意を決して余命3ヶ月10月中旬までの寿命と答えた桜井に対して、手文庫に用意した嘉右衛門自身の位牌を見せたという。その位牌には「大正三年十月十七日没 享年八十三歳」と自書してあったと伝説が残っている[要出典]
  4. ^ 偽高島易者がいたように小玉呑象にも偽者がいた。完全に同じ名前だとまずいので例えば児玉呑象といったよく似た名前を使っていたようである。

出典

  1. ^ a b 呑象高島嘉右衛門翁伝 第五章
  2. ^ a b c d 植村澄三郎『呑象高島嘉右衛門翁伝』、1914年。doi:10.11501/950784(原綴:呑象高嶋嘉右衛門翁傳)
  3. ^ 『明治百商伝 : 起業秀才. 第1巻』竹内蠖亭 著 (東京出版会社, 1880)
  4. ^ 『常総名家伝. 第1巻』 木戸偉太郎 編 (会始書館, 1890)
  5. ^ 『明治立志編 : 一名・民間栄名伝. 2編』津田権平著 (兎屋誠, 1881)
  6. ^ 『岡倉天心物語』新井恵美子、神奈川新聞、2004
  7. ^ 『趣味の立志伝』野沢嘉哉 著 (有艸堂, 1939)
  8. ^ 瓦斯燈の需要増大 拡張工事の資金なし新聞集成明治編年史第二卷、林泉社、1936-1940
  9. ^ 西洋学校を建設新聞集成明治編年史第一卷、林泉社、1936-1940
  10. ^ 高島嘉右衛門の美学新聞集成明治編年史第一卷、林泉社、1936-1940
  11. ^ 高島嘉右衛門の学校焼失新聞集成明治編年史第二卷、林泉社、1936-1940
  12. ^ 横浜瓦斯局共有物事件新聞集成明治編年史第三卷、林泉社、1936-1940
  13. ^ 横浜瓦斯燈事件と水道問題新聞集成明治編年史第三卷、林泉社、1936-1940
  14. ^ 横浜瓦斯倍賞事件の真相 高島嘉右衛門へ13500円を付与したのが問題新聞集成明治編年史第三卷、林泉社、1936-1940
  15. ^ a b 高島嘉兵衛破産新聞集成明治編年史第十三卷、林泉社、1936-1940
  16. ^ a b 呑象高島嘉右衛門翁伝 第四十二章
  17. ^ 朴泳孝消息新聞集成明治編年史第七卷、林泉社、1936-1940
  18. ^ 北海道炭礦鉄道会社新重役新聞集成明治編年史第八卷、林泉社、1936-1940
  19. ^ 横浜の高島嘉右衛門一家北海道移住新聞集成明治編年史第八卷、林泉社、1936-1940
  20. ^ 帝国貯蓄銀行開業新聞集成明治編年史第九卷、林泉社、1936-1940
  21. ^ 高島嘉右衛門入牢新聞集成明治編年史第二卷、林泉社、1936-1940
  22. ^ 神易堂と孔子祭新聞集成明治編年史第二卷、林泉社、1936-1940
  23. ^ 別冊宝島1199号 『日本「霊能者」列伝』(宝島社 2005年平成17年)10月) ISBN 978-4796648066
  24. ^ 『実業家奇聞録』(実業之日本社, 1900)
  25. ^ 平成6(ワ)11157 不正競争行為差止等請求事件, 3-1-1-(1) (東京地方裁判所 1999-11-02). Text
  26. ^ a b c d e f g 呑象高島嘉右衛門翁伝 附録年譜
  27. ^ 『官報』第1218号「叙任及辞令」1887年7月21日。
  28. ^ 『官報』第665号「叙任及辞令」1914年10月19日。
  29. ^ 『官報』第1218号「彙報」1887年7月21日。
  30. ^ 『官報』第5589号「叙任及辞令」1902年2月24日。
  31. ^ 高島長政”. 『人事興信録』データベース. 2020年1月10日閲覧。
  32. ^ a b 高島嘉兵衞”. 『人事興信録』データベース. 2020年1月10日閲覧。
  33. ^ a b c 東洋実業家評伝 (1893年) - 高島徳右衛門
  34. ^ 『高島周易正文』高島徳右衛門、1904年、93頁。doi:10.11501/760567
  35. ^ a b 高島徳右衛門”. 『人事興信録』データベース. 2020年1月10日閲覧。


「高島嘉右衛門」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高島嘉右衛門」の関連用語

高島嘉右衛門のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



高島嘉右衛門のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高島嘉右衛門 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS