村上範致とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 村上範致の意味・解説 

村上範致

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/30 14:59 UTC 版)

村上 範致(むらかみ のりむね、文化5年7月11日1808年9月1日) - 明治5年4月16日1872年5月22日))は、江戸時代末期の砲術家であり、田原藩家老である。通称は定平(さだへい)のち財右衛門、号は清谷(せいこく)。高島秋帆に洋式砲術を学び、各地の藩士に指導を行って日本における洋式砲術の普及に貢献した。また、田原藩の重役となって海防事業や産業振興に従事した。




「村上範致」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「村上範致」の関連用語

村上範致のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



村上範致のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの村上範致 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS