解体新書とは?

解体新書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/03 00:19 UTC 版)

解体新書』(かいたいしんしょ)は、ドイツ人医師ヨハン・アダム・クルムスの医学書『Anatomische Tabellen』のオランダ語訳である『Ontleedkundige Tafelen』(「ターヘル・アナトミア」)を江戸時代日本人翻訳した書物である。西洋語からの本格的な翻訳書としては日本では初の試みだった。著者は前野良沢(翻訳係)と杉田玄白(清書係)になる。安永3年(1774年)に、須原屋市兵衛によって刊行された。本文4巻、付図1巻。内容は漢文で書かれている。




「解体新書」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「解体新書」の関連用語

解体新書のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



解体新書のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの解体新書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS