緒方 洪庵とは?

おがたこうあん をがた- 【緒方洪庵】 ○

1810~1863江戸後期蘭学者医者教育者備中の人。名は章。江戸長崎蘭学を学ぶ。1838年大坂蘭学塾適塾)を開き大村益次郎福沢諭吉橋本左内らを育てる。62年江戸に出て,幕府奥医師西洋医学所頭取種痘普及尽力蘭学発展貢献した。訳書「病学通論」のほか著書多数

緒方洪庵

読み方おがた こうあん

幕末蘭学者蘭医教育者備中藩士佐伯惟因の三男。名は章、字は公裁、通称三平別号に適々斎等。大坂蘭学中天遊に師事し、さらに江戸坪井信道宇田川椿斎にも学ぶ。のち長崎遊学し、適々斎塾開き医業傍ら蘭学教えた。福沢諭吉多く逸材育成する。幕府奥医師法眼となり、西洋医学所頭取兼ねた。著に『虎狼痢治準』『扶氏経験遺訓』『病学通論』等。文久3年(1863)歿、54才。

緒方 洪庵 (おがた こうあん)

1810〜1863 (文化7年文久3年)
蘭方医天然痘予防に、日本初め種痘を行った蘭学者
江戸末期蘭方医。名は章、号して洪庵、適々斎など。備中国出身大坂江戸長崎各地遊学し、1838年大坂適塾を開く。福沢諭吉大村益次郎などの人材育成し、当時偏見大きかった種痘普及コレラ治療など、教育医業において近代日本に果たした役割大きい。62年幕府奥医師西洋医学所頭取となるが、翌年急死した。

 年(和暦)
1825年 (文政8年) 異国船打払令 15才
1828年 (文政11年) シーボルト事件 18
1829年 (文政12年) 江戸大火 19才
1830年 (天保元年) 伊勢御蔭参り大流行 20才
1837年 (天保8年) 大塩平八郎の乱 27
1839年 (天保10年) 蛮社の獄 29
1853年 (嘉永6年) 黒船来航 43
1855年 (安政2年) 安政江戸地震 45
1858年 (安政5年) 安政の大獄 48
1860年 (万延元年) 桜田門外の変 50
1862年 (文久2年) 生麦事件 52
1863年 (文久3年) 薩英戦争 53


 人物
Harris Townsend 1804年1878年 (文化元年明治11年) +6
井伊 直弼 1815年1860年 (文化12年万延元年) -5
Hepburn J. 1815年1911年 (文化12年明治44年) -5
河竹 黙阿弥 1816年1893年 (文化13年明治26年) -6

緒方洪庵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/25 00:13 UTC 版)

緒方 洪庵(おがた こうあん、文化7年7月14日1810年8月13日) - 文久3年6月10日1863年7月25日))は、江戸時代後期の武士足守藩士)、医師蘭学者である。大坂に適塾(大阪大学の前身)を開き、人材を育てた。天然痘治療に貢献し、日本の近代医学の祖といわれる。


  1. ^ 写真では白黒だが、実際はカラー。夫人の八重像と対。注文主は洪庵の三男・緒方惟孝(『特別展 没後100年 五姓田義松―最後の天才―』 神奈川県立歴史博物館、2015年10月23日、第40,41図)。
  2. ^ 緒方富雄『緒方洪庵伝』第二版増補版(岩波書店、1977年)p4.
  3. ^ 福澤全集緒言』 - 9頁。
  4. ^ 福翁自傳』 - 153頁。
  5. ^ a b 岸本一郎と西川虎之助芝哲夫、和光純薬時報 71巻3号
  6. ^ 緒方惟準コトバンク
  7. ^ 『洪庵・適塾の研究』梅溪昇、思文閣出版, 1993、p517
  8. ^ 『洪庵・適塾の研究』梅溪昇、思文閣出版, 1993、p515
  9. ^ 『洪庵・適塾の研究』梅溪昇、思文閣出版, 1993、p534
  10. ^ 緖方收次郞『人事興信録』第4版 [大正4(1915)年1月]
  11. ^ 『よみがえる適塾: 適塾記念会50年のあゆみ』梅溪昇, 芝哲夫、大阪大学出版会, 2002, p9
  12. ^ 福沢一太郎『人事興信録』第8版 [昭和3(1928)年7月]
  13. ^ 緒方拙斎(読み)おがた せっさいデジタル版 日本人名大辞典+Plus
  14. ^ 緒方 正清(読み)オガタ マサキヨ20世紀日本人名事典
  15. ^ 『助産の栞』の果たした役割日隈ふみ子、京都大学医療技術短期大学部紀要、2000


「緒方洪庵」の続きの解説一覧



緒方 洪庵と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「緒方 洪庵」の関連用語

緒方 洪庵のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



緒方 洪庵のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2020 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2020 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの緒方洪庵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS