荘園公領制とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 荘園公領制の意味・解説 

荘園公領制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/15 16:44 UTC 版)

荘園公領制(しょうえんこうりょうせい)とは、日本中世における、荘園公領を土台とした、重層的土地支配構造のことである。歴史学者の網野善彦が提唱した。11世紀中後期から12世紀初期にかけて成立し、院政期を通じて発展し、鎌倉時代前後に最盛期を迎えた。その一方で、鎌倉時代には地頭による侵食を受け、室町時代には守護守護大名)によって蚕食されるなど、武士の進出に伴って次第に解体への道を進み、戦国時代頃までにほぼ形骸化した。最終的には太閤検地で完全に消滅する。




「荘園公領制」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「荘園公領制」の関連用語

1
70% |||||

2
70% |||||

3
54% |||||


5
52% |||||

6
52% |||||

7
52% |||||

8
52% |||||

9
52% |||||

10
38% |||||

荘園公領制のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



荘園公領制のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの荘園公領制 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS