ニューヨーク・シティ・バレエ団とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ニューヨーク・シティ・バレエ団の意味・解説 

ニューヨーク・シティ・バレエ団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/30 21:25 UTC 版)

ニューヨーク・シティ・バレエ団New York City Ballet)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市マンハッタンに本拠を置くバレエ団。略称はNYCB。所属ダンサーは90人[1]


  1. ^ 2011年6月現在。プリンシパル24名、ソリスト12名、コール・ド・バレエ54名。
  2. ^ 1935年3月1日。会場はマンハッタンのアデルフィ劇場、演目はバランシン振付の『セレナーデ』『夢』など。このときの第2プログラムの詳細は次を参照。 Global Performing Arts Database
    なお、1934年6月の時点ですでにアメリカン・バレエ学校生徒による公演は行われていたが、そのときの名称はまだ "アメリカン・バレエ学校創作バレエ団" であった。 cf. NYCB Repertory - "Serenade".
  3. ^ バランシンは当初、故郷のマリインスキー劇場と雰囲気が似ているメトロポリタン歌劇場を気に入っていたが、歌劇場の経営陣がバレエの予算を出し渋り、リハーサルではオケの演奏をつけさせずピアノだけで済ませるなどしたため、次第に両者の関係は悪化した。 cf. Bernard Taper, Balanchine, pp.165-168., 1996, U. of California Press.
    なおメトロポリタン時代の作品に『オルフェオとエウリディーチェ』(1936年)、『カルタ遊び』(1937年原版)などがある。前者はC・W・グルックのオペラをバレエ化した作品で、声楽も動員するものであったが結局失敗に終わり、現在はレパートリーに残っていない。
  4. ^ 戦時中カーステインは米陸軍に徴集され兵士として従軍した。("Lincoln Kirstein", Monuments Men Foundation)
  5. ^ 来日は1958年3月。新宿コマ劇場ほかで『セレナーデ』『ウエスタン・シンフォニー』などが上演された。cf. 日本洋舞史年表I・1900-1959.
  6. ^ この劇場はバレエ用の劇場として設計段階からバランシンの要望を聞いて作られた。バランシンの指示によって座席はえび茶色に統一されたほか、竣工直前にオーケストラ・ピットが拡大されたという。杮落しもバランシンのバレエ作品だった。 cf. NYCB - "Fun facts about David H. Koch Theater".
  7. ^ 例えば次を参照。Robert Gottlieb, "City Ballet, Balanchine And a Legacy Imperiled", The New York Observer, 21 July 2002
  8. ^ 2018年1月3日中日新聞朝刊6面


「ニューヨーク・シティ・バレエ団」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ニューヨーク・シティ・バレエ団のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ニューヨーク・シティ・バレエ団のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニューヨーク・シティ・バレエ団 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS