御許とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 人間関係 > 御許 > 御許の意味・解説 

お‐もと【許】

[名]

女性が使う脇付(わきづけ)の一。おんもと

御座所また、貴人のおそば。

「―にさぶらふ人の中に内侍仕うまつるべき人はありや」〈宇津保・内侍督〉

御許人(おもとびと)」の略。

「ただ我どち知らせて、ものなど言ふ若き―の侍るを」〈源・夕顔

女房呼び名などの下につけて用いる敬称

「大式部の―」〈紫式部日記

[代]二人称人代名詞主として女性、特に女房親しんでいう語。

「―だに物し給はば、何かさらむ」〈宇津保・内侍督〉


おん‐もと【御許】

貴人居場所敬っていう語。おもと。みもと。

多くおんもとに」「おんもとへ」の形で)おそばまでの意で、女性手紙脇付(わきづけ)に用いる語。


み‐もと【許】

相手敬って、そのそば近くをいう語。女性手紙脇付に用いることもある。おもと。おんもと。「鈴木様御許に」

「―に候はばやと」〈末灯鈔




御許と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「御許」の関連用語

御許のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



御許のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2020 Weblio RSS