鼓とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > の意味・解説 

つづみ [3][0] 【鼓】

張った革を打ち鳴らす楽器総称
中央細くくびれた木製の胴の両端に革を張った楽器。革の縁に孔があり、締め緒通して前後の革をかがり、右手打ち鳴らす小鼓大鼓があり形状はほぼ同じであるが、小鼓では、締め緒調節しながら奏して音程変える能楽歌舞伎囃子民俗芸能などで用いられる。
家紋の一。鼓の胴をかたどったもの。

【こ】[漢字]

【己】
⇒ き〔己〕 [漢]
【戸】 [音]
家・部屋の出入り口。と。 「戸外門戸
いえ。一家。 「戸戸戸口戸主戸数戸籍
酒を飲む量。 「下戸上戸
【 乎 】 [音]
他の語に付いて、多く形容動詞をつくる。 「確乎断乎牢乎ろうこ)・断断乎
【古】 [音]
ふるい。長い時間がたっている。 「古書古物古木
ふるい時代。むかし。 「古今古代古典古風古墳懐古上古擬古文
【呼】 [音]
はく息。 「呼気呼吸
声を出す。よぶ。 「呼応呼集歓呼指呼点呼
名づける。 「呼称
【固】 [音]
かたい。かたまる。 「固形固結固体凝固
つよい。かたくな。 「固持固辞固執固守確固・頑固・堅固牢固ろうこ)」
もとより元来。 「固有
【 姑 】 [音]
しゅうとめ。おば。 「外姑舅姑きゆうこ)」
しばらく。とりあえず。 「姑息
【 沽 】 [音]
うる。また、かう。 「沽券沽酒
】 [音]
キツネ。 「狐疑狐媚こび)・狐狸こり)・狐狼ころう)・野狐
【股】 [音]
また。またぐら。 「股間股肱ここう)・四股
【虎】 [音]
トラまた、トラのような。 「虎穴虎口虎児虎狼猛虎竜虎虎視眈眈たんたん)・暴虎馮河ひようが)」
【孤】 [音]
親をなくした子。 「孤児
ひとり。ひとりぼっち。 「孤雲孤影孤高孤独孤立
【弧】 [音]
原義は、弓の意〕 弓なりにまがった曲線。 「弧状円弧括弧
【故】 [音]
古い。むかし。 「故家故事故老・温故」
もとの。以前の。なじみの。 「故園故旧故郷故山故主
死ぬ。死んだ。 「故人物故
ことさらに。わざと。 「故意故殺故買
】 [音]
草木がかれる。 「枯死枯凋こちよう)・枯木
おとろえる。 「栄枯
水分がなくなる。かわく。 「枯渇枯燥
【 胡 】 [音]
中国で、北方または西方異民族の称。 「胡越胡笳こか)・胡歌胡国胡坐こざ)・胡馬
外国から渡来したものの意。 「胡弓胡琴胡椒こしよう)」
でたらめ。あやしい。 「胡散うさん)・胡乱うろん)」 〔「ウ」は唐音
【個】 [音] コ ・カ
全体に対して、ひとつ。または、ひとり。 「個人個数個性個別個条かじよう)・各個数個
【庫】 [音] コ ・ク
物品をおさめておく建物。くら。 「庫裏くり)・金庫車庫書庫倉庫文庫宝庫格納庫冷蔵庫
【 扈 】 [音]
貴人のともをする。 「扈従こしよう)((こじゆう))
はびこる。 「跋扈ばつこ)」
【 袴 】 [音]
ももひき。はかま。ズボン。 「袴褶こしゆう)・長袴弊袴布袴ほうこ)」
【虚】
⇒ きょ〔虚〕 [漢]
【 壺 】 [音]
酒やを入れる器。つぼ。 「壺觴こしよう)・香壺こうご)・唾壺だこ)・投壺銅壺
【湖】 [音]
特に中国洞庭湖どうていこ)。 「湖南湖北
【雇】 [音]
人をやとう。 「雇員雇用解雇
【誇】 [音]
ほこる。いばる。大げさにいう。 「誇示誇称誇大誇張
【鼓】 [音]
つづみ。たいこ。 「鼓笛太鼓
はげます。ふるいおこす。 「鼓吹鼓舞
【 糊 】 [音]
のり。 「糊精
かゆ。かゆをすする。 「糊口
ぼんやりしたさま。 「糊塗模糊
【錮】 [音]
【顧】 [音]
かえりみる
ふりかえって見る。 「顧望一顧右顧左眄うこさべん)」
たずねる。おとずれる。 「三顧
【 蠱 】 [音]
まどわす。 「蠱惑
まじなうまじないで人を呪う。 「巫蠱ふこ)」
むし。人体寄生する毒虫。 「蠱毒

作者東郷隆

収載図書終りみだれぬ
出版社文芸春秋
刊行年月1994.5

収載図書終りみだれぬ
出版社文芸春秋
刊行年月1998.6
シリーズ名文春文庫


読み方
つずみ
つつみ
つづみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/24 15:57 UTC 版)

(つづみ)は日本特有の伝統的な楽器のひとつで、もっとも狭義には小鼓を指す。砂時計型、または木製、ドラム缶型の胴の両面にを張ってこれをで強く張る。緒は、能楽の世界では調緒(しらべお)または「調べ」という。この緒を締めたり緩めたりすることで音色を調節しながら、一方もしくは両方の革を手またはで打って演奏する。その形態によって小鼓、大鼓、太鼓羯鼓などがある。発音については、古代インド打楽器 dudubhi または dundubhi から出たという説と、中国の都曇鼓(つどんこ)の音から出たという説がある。




「鼓」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2012/03/25 03:15 UTC 版)

発音

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鼓」の関連用語

鼓のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鼓のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの鼓 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS