つづら折りとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 山岳用語 > つづら折りの意味・解説 

つづら折り

九十九折り」などと書かれるように、幾度も折れ曲がって登る坂道をいう。ジグザグ道、電光坂なども同じ意味。

つづら折り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/14 00:34 UTC 版)

つづら折り(つづらおり)、又はつづら折れ(つづらおれ)とは、幾重にも曲がりくねって続く坂道を表す日本語[1]。「九十九(り)」「(り)」とも書く。類義語に七曲り、羊腸などがある[2]


  1. ^ 『日本国語大辞典』小学館
  2. ^ 鳥居忱作詞、滝廉太郎作曲の『箱根八里』の歌詞2番にある「羊腸小径」はよく知られている。
  3. ^ 道路標識設置基準の改訂について(昭和61年11月1日 都街発32号 道企発50号)


「つづら折り」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「つづら折り」の関連用語

つづら折りのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



つづら折りのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
山と高原地図山と高原地図
CopyrightcShobunsha Publications, Inc. All rights reserved.
山と高原地図
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのつづら折り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS