シコクビエとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > イネ科 > シコクビエの意味・解説 

四国稗

読み方:シコクビエ(shikokubie)

イネ科一年草


四国稗

読み方:シコクビエ(shikokubie)

イネ科一年草

学名 Eleusine coracana


シコクビエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/16 00:20 UTC 版)

シコクビエ(四石稗、学名:Eleusine coracana (Linn.) Gaertn. 、英名:Finger millet)は、イネ科オヒシバ属 Eleusine の栽培植物穎果穀物として食用にする作物である。




  1. ^ 中尾佐助 (1966年). 『栽培植物と農耕の起源』. 岩波書店. p. 86. 
  2. ^ 『雑穀』及川一也著 農山漁村文化協会 p.226
  3. ^ 阪本寧男『雑穀のきた道 ユーラシア民族植物誌から』日本放送出版協会 NHKブックス 1988年 p.151
  4. ^ 山口裕文 (2003年). 『雑穀の自然史』. 北海道大学出版会. p. 215. 
  5. ^ 『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典2 主要食物:栽培作物と飼養動物』 三輪睿太郎監訳 朝倉書店  2004年9月10日 第2版第1刷 p.60
  6. ^ 『雑穀』及川一也著 農山漁村文化協会 p.226
  7. ^ 山口裕文『雑穀の自然史』北海道大学出版会 p.159
  8. ^ 中尾佐助『中尾佐助著作集 第二巻 料理の起源と食文化』北海道大学出版会 p.493。なお細い竹の先はスリット状になっており、穀物を濾しとる機能もある
  9. ^ 中尾佐助『栽培植物と農耕の起源』岩波書店 p.73
  10. ^ 中尾佐助『中尾佐助著作集』北海道大学出版会 1巻 2004年 p.336
  11. ^ 中尾佐助著 『中尾佐助著作集』6巻 北海道大学出版会 p.90
  12. ^ 『雑穀』及川一也著 農山漁村文化協会 p.226
  13. ^ 中尾佐助『中尾佐助著作集』北海道大学出版会 1巻 2004年 p.98
  14. ^ "gĩmbĩ" in Benson, T.G. (1964). Kikuyu-English dictionary. Oxford: Clarendon Press. pp. 114. NCID BA19787203. 
  15. ^ 中尾佐助『中尾佐助著作集』 1巻 p.97
  16. ^ 郷田和夫 (2009年). 『雑穀』. 創森社. p. 59. 
  17. ^ 古澤典夫 (2003年). 『雑穀』. 北海道大学出版会. p. 89. 
  18. ^ 山口裕文 (1999年). 『雑穀の自然史』. 創森社. p. 96. 
  19. ^ 『雑穀』及川一也著 農山漁村文化協会 p.226
  20. ^ 『雑穀』及川一也著 農山漁村文化協会 p.226によれば、日本へは縄文時代晩期に伝播したという
  21. ^ 中尾佐助著 『中尾佐助著作集』6巻 北海道大学出版会 p.88


「シコクビエ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シコクビエ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||


8
36% |||||

9
30% |||||

10
14% |||||

シコクビエのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



シコクビエのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシコクビエ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS