混獲とは?

こん‐かく〔‐クワク〕【混獲】

[名](スル)漁業において、目的とする魚種とは異なる種を捕獲すること。


混獲(こんかく) incidental captufe

漁業において、漁獲対象ウミガメ類以外であってもウミガメ漁獲されることがある。この現象を混獲といい、定置網底引き網刺し網など、多く漁法で起こっており、ウミガメ類の個体減少要因1つとされている。 

混獲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/10 07:31 UTC 版)

混獲(こんかく、: Bycatch)とは、漁業の際に、漁獲対象の種とは別の種を意図せずに漁獲してしまう、もしくは同種の間においても、意図していたよりも小さい個体や、幼体を捕獲してしまう状況のこと。混獲は、漁獲量の減少や乱獲につながることもある[1]。混獲が特に多い場合は意図的だとして批判対象となる[2]


  1. ^ C.Michael Hogan. 2010. Overfishing. Encyclopedia of Earth. National Council for Science and the Environment. eds. Sidney Draggan and C.Cleveland. Washington DC.
  2. ^ a b "연간 고래 2000마리 죽음 방치하는 한국, 일본 남획에도 항의 어려워"” (朝鮮語). 다음 뉴스 (20190620211425). 2019年6月23日閲覧。
  3. ^ Alverson D L, Freeberg M K, Murawski S A and Pope J G (1994), A global assessment of fisheries bycatch and discards., Rome: FAO 
  4. ^ 特に太平洋北東部と西部の国々、またアメリカの法律が採用している定義。
  5. ^ Hall, M A (1996), “On bycatches”, Reviews in Fish Biology and Fisheries 6 (3): 319–352 
  6. ^ Clucas, Ivor (1997), Discards and bycatch in Shrimp trawl fisheries, FAO Fisheries Circular, http://www.fao.org/docrep/W6602E/w6602E09.htm 
  7. ^ Hall,, M;; Alverson, DL; Metuzals, KI (2000), By-Catch: Problems and Solutions. Marine Pollution Bulletin, 41, pp. 204–219 
  8. ^ a b c d SAFMC (2004)
  9. ^ Morgan, LE; Chuenpagdee, R (2003), Shifting Gears. Addressing the Collateral Impacts of Fishing Methods in U.S. Waters 
  10. ^ a b GMFMC (2006)
  11. ^ Gulf of Mexico Red Snapper: Assessment Summary Report., Southeast Data, Assessment, and Review (SEDAR) Stock Assessment Report of SEDAR, (2005), http://www.sefsc.noaa.gov/sedar/download/S7SAR_FINALreduce.pdf?id=DOCUMENT 
  12. ^ a b =Demaster, DJ; Fowler, CW; Perry, SL; Richlen, ME (2001), “Predation and competition: the impact of fisheries on marine mammal populations over the next one hundred years”, Journal of Mammology (82): 641–651 
  13. ^ Read et al. (2006)
  14. ^ 平成30年混獲等の状況(1月1日~12月31日) 水産庁資源管理部国際課捕鯨室  平成29年度は167頭(ミンククジラ164頭他)販売配布は166頭平成29年混獲等の状況(1月1日~12月31日) 水産庁資源管理部国際課捕鯨室
  15. ^ IUCN, 2004. Red List: Albatross Species. Retrieved July 27, 2007.
  16. ^ Brothers NP. 1991. "Albatross mortality and associated bait loss in the Japanese longline fishery in the southern ocean." Biological Conservation 55: 255–268.
  17. ^ a b Epperly, S; Avens, L; Garrison, L; Henwood, T; Hoggard, W; Mitchell, J; Nance, J; Poffenberger, J et al. (2002), “Analysis of Sea Turtle Bycatch in the Commercial Shrimp Fisheries of Southeast US Waters and the Gulf of Mexico”, NOAA Technical Memorandum NMFS-SEFSC-490, http://www.sefsc.noaa.gov/PDFdocs/TM_490_Epperly_etal.pdf 2009年12月閲覧。 
  18. ^ 「魚の経済学―市場メカニズムの活用で資源を護る」山下東子 日本評論社 ISBN 4535556091 157-158頁
  19. ^ Permanent magnets reduce bycatch of benthic sharks in an ocean trap fishery
  20. ^ 磁石でサメが右往左往 漁獲高アップし一石二鳥(日経ナショナル ジオグラフィック社)
  21. ^ “Final Amendment Number 13 to the Fishery Management Plan for the Shrimp Fishery of the Gulf of Mexico”, US Waters with Environmental Assessment Regulatory Impact Review, and Regulatory Flexibility Act Analysis, (2005), http://www.gulfcouncil.org/Beta/GMFMCWeb/downloads/Shrimp%20Amend%2013%20Final%20805.pdf 
  22. ^ Crowder 2001
  23. ^ 「イルカを救ういくつかの方法」マイケル ドナヒュー、アニー ウィーラー(水口博也 翻訳)講談社 ISBN 4062080125 122-134頁
  24. ^ 「魚の経済学―市場メカニズムの活用で資源を護る」155-156頁
  25. ^ Bycatch, ethics and pitfall traps. Journal of Insect Conservation, Editorial, 1999, 3(1):1-3.
  26. ^ Kranz A, Polednik L and Gotea V (2001) Conservation of the European Mink (Mustella lutreila) in the Danube Delta Background information and project plan. Scientific Annals of the Danube Delta Institute for Research and Development, Tulcea, 2000-2001.


「混獲」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「混獲」の関連用語

混獲のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



混獲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本ウミガメ協議会日本ウミガメ協議会
(C) 特定非営利活動法人日本ウミガメ協議会,2020,Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの混獲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS