耕作放棄地とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 耕作放棄地の意味・解説 

耕作放棄地

読み方:こうさくほうきち

以前作物栽培利用されていたものの、現在は農耕が行われていない土地を意味する語。世界農林業センサスは「以前耕地であったもので、過去1年上作物を栽培せず、しかも、この数年の間に再び耕作するはっきりした考えのない土地」と定義している。

関連サイト
農林水産省/農業関連用語 - 農林水産省

耕作放棄地

読み方:こうさくほうきち

かつては畑として、耕され、農作物生産されていたが、すでに耕作地としては使用されておらず、また今後農作のためには使用されないと見込まれる土地一般的には「休耕地」とも言う。

耕作放棄地と同様に、現在耕作されていない、または利用程度周囲の他の耕作地よりも著しく低い農地は、「遊休耕地」とも呼ばれる

耕作放棄地の活用・有効利用については、農林水産省をはじめ国を挙げて対策への取り組みが進められており、「耕作放棄地再生利用交付金」の給付制度もある。主な活用法としては、その土地その土地名産品作成する土地として生まれ変わらせる、などの方法がある。

2011年9月には、休耕地太陽電池アレイ設置して、太陽光発電を行うための土地として耕作放棄地を利用するという計画に対して農地法緩和し、また同事業に取り組む法人には出資を行うという新たな方針加えることが決められている。

関連サイト
耕作放棄地の現状について(PDF)
耕作放棄地再生利用対策の概要(PDF)

耕作放棄地

以前耕地であったもので、過去1年間上作物を栽培せず、しかも、この数年の間に再び耕作するはっきりした意思のない土地をいう。

耕作放棄地

 農林水産省統計調査における区分であり、調査以前1年上作付けせず、今後数年の間に再び耕作するはっきりした意思のない土地
 なお、耕作放棄地は多少手を加えれば耕地になる可能性のあるもので、長期間にわたり放置し、現在、原野化しているような土地含まない

耕作放棄地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/04/27 07:46 UTC 版)

耕作放棄地(こうさくほうきち)とは、農作物が1年以上作付けされず、農家が数年の内に作付けする予定が無いと回答した果樹園世界農林業センサスで定義づけられている。




「耕作放棄地」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「耕作放棄地」の関連用語

耕作放棄地のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



耕作放棄地のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2018 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2018 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
農林水産省農林水産省
Copyright:2018 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
農林水産省農林水産省
Copyright:2018 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの耕作放棄地 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS