怒羅権とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 怒羅権の意味・解説 

怒羅権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/19 18:19 UTC 版)

怒羅権(ドラゴン[1])は、日本首都圏を拠点とする、中国残留孤児の2世・3世や中国人からなる[2]ストリートギャング[3]


  1. ^ 違法ハーブ販売 飲食店経営の男逮捕 「怒羅権」メンバー?』 2012年6月6日 MSN産経ニュース
  2. ^ 「怒羅権」メンバー逮捕へ 警視庁 傷害容疑 男性に因縁、耳切断』 2011年7月6日 MSN産経ニュース
  3. ^ “フィリピン版「怒羅権」? 危険ドラッグ欲しさにひったくり 不良少年グループの実態とは”. 産経新聞. (2014年8月23日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140822/crm14082220590016-n1.htm 2014年8月24日閲覧。 
  4. ^ a b 「中国残留孤児2世中心の暴走族グループ「怒羅権(ドラゴン)」摘発」毎日新聞1990年12月20日夕刊
  5. ^ 怒羅権(ドラゴン)、関東連合…半グレ集団が台頭したワケ』 2012年11月18日 メンズサイゾー - ライブドアニュース
  6. ^ 全国的グループになっている怒羅権小野登志郎 2013年4月5日 WEBRONZA
  7. ^ “フィリピン版「怒羅権」? 危険ドラッグ欲しさにひったくり 不良少年グループの実態とは”. 産経新聞. (2014年8月23日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140822/crm14082220590016-n1.htm 2014年8月24日閲覧。 
  8. ^ 「東京はおそろしい」 茨城の少年グループ襲撃、暴走族8人逮捕 (1/2)』 2009年3月9日 産経新聞
  9. ^ 元「親衛隊長」らが暴走族復活へ“指導” 「怒羅権」OBらを逮捕』 2009年4月21日 産経新聞
  10. ^ a b c 単純に準暴力団と片づけられない怒羅権久田将義 2013年4月5日 WEBRONZA
  11. ^ 「実話マッドマックス」 2004年11月号[要ページ番号]
  12. ^ 「パトカー襲い仲間を奪還、暴走族30人」 産経新聞 1998年11月27日
  13. ^ 「リンチ殺人の主犯格逮捕」 産経新聞 1999年9月9日夕刊
  14. ^ 「暴走族、暴力団組員を襲う」 産経新聞 1999年4月22日朝刊
  15. ^ 警察庁指定重要指名手配被疑者(警視庁手配):吉屋強
  16. ^ a b 緒方健二 (2009年10月18日). “『シリーズ「在日華人」』「非合法ビジネス、日本人取り込む――第7部〈犯罪底流〉」”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/special/kajin/TKY200910180105.html 
  17. ^ 【明解要解】残留孤児の2世・3世がマフィア化 同胞からみかじめ料取り勢力拡大 (1/3)』 2008年9月1日 産経新聞
  18. ^ 「店の権利売れ」 日本刀を振り回した中国人ら逮捕』 2009年5月21日 産経新聞
  19. ^ 『来日外国人犯罪の検挙状況(平成18年)』「第2 来日外国人犯罪組織等の動向と犯罪インフラの状況」」”. 警察庁 (2006年). 2009年12月17日閲覧。
  20. ^ 中国マフィア「振り込め」と接点 資金源確保狙い? 警視庁など捜査 (1/2)』 2009年1月21日 産経新聞
  21. ^ 立川で違法マッサージ店経営 中国人を逮捕』 2009年3月17日 産経新聞
  22. ^ 「中国人マフィア最大勢力の幹部逮捕 覚醒剤の使用容疑」 産経新聞 2008年5月30日
  23. ^ a b カネになる…中国人と組む暴力団——第7部〈犯罪底流〉 (1/2)』 2009年10月18日 朝日新聞
  24. ^ 商談相手を酒瓶で殴打 都内最大の中国マフィア幹部逮捕』 2008年11月7日 産経新聞
  25. ^ 「おれは八王子のボス」 エステ店の女性脅し頭にガラス刺す 中国残留孤児グループ幹部ら逮捕 - 産経新聞 2011年11月28日
  26. ^ 『平成15年警察白書 』「第1章 組織犯罪との闘い(3)来日外国人等によって構成された犯罪組織」”. 警察庁 (2003年). 2009年12月17日閲覧。
  27. ^ “歌舞伎町中国マフィア肥大化”. 東京新聞. (2003年12月10日朝刊) “歌舞伎町 中国マフィア肥大化 暴力団と結束、150人規模の結団式”. 産経新聞. (2003年12月8日) 
  28. ^ “1億2千万円強奪容疑 不良グループ「怒羅権」リーダーら4人逮捕 山梨の貴金属連続強盗”. 産経新聞 (MSN産経ニュース). (2011年5月19日). オリジナルの2012年1月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120116175213/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110519/crm11051912070016-n1.htm 2011年5月19日閲覧。 
  29. ^ “競馬の勝ち馬情報詐欺で怒羅権メンバー逮捕 - MSN産経ニュース”. 産経新聞 (MSN産経ニュース). (2012年9月1日). オリジナルの2012年4月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120416034052/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110901/crm11090118160024-n1.htm 2012年9月1日閲覧。 
  30. ^ 向島署 詐欺事件被疑者の公開手配:警視庁
  31. ^ “「5万円用意しろ」と脅迫→千円しかなく激怒…後輩を監禁、強盗容疑で元暴走族総長ら逮捕”. 産経新聞 (MSN産経ニュース). (2012年4月5日). オリジナルの2012年9月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120921131110/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110405/crm11040513270006-n1.htm 2012年4月5日閲覧。 
  32. ^ 「怒羅権」メンバー逮捕 耳切り落とした疑い』 2011年7月6日 テレビ東京
  33. ^ “【広島脱走事件】李容疑者は中国残留孤児不良グループ「怒羅権」のメンバーか 支援者と接触の可能性も”. 産経新聞 (MSN産経ニュース). (2012年1月12日). オリジナルの2012年10月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20121031172024/http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/120112/crm12011215030016-n1.htm 2012年1月12日閲覧。 
  34. ^ “脱走の凶悪中国人“怒羅権”メンバーか…恐怖に包まれる広島 - 政治・社会”. ZAKZAK (ZAKZAK). (2012年1月12日). オリジナルの2012年1月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120119034929/http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20120112/dms1201121534018-n1.htm 2012年1月12日閲覧。 
  35. ^ “脱走容疑の中国人受刑者逮捕 広島市内で身柄確保”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2012年1月13日). オリジナルの2012年1月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120113093714/http://www.asahi.com/national/update/0113/OSK201201130098.html 2012年1月13日閲覧。 
  36. ^ “李国林と怒羅権の実像とは”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2012年1月26日). http://astand.asahi.com/magazine/wrnational/2012012400004.html 2012年1月26日閲覧。 
  37. ^ 第8回 難航する六本木「フラワー」襲撃事件の闇久田将義 2012年10月5日 MSNドニッチ!
  38. ^ 六本木襲撃、実行犯特定 怒羅権元リーダーら4人に逮捕状』 2012年12月20日 MSN産経ニュース
  39. ^ 「チャイニーズドラゴン」リーダーら4人を逮捕 みかじめ料70万円を恐喝 警視庁  - 産経ニュース
  40. ^ 路上で男性殴ったか、「怒羅権」初代総長の男逮捕 TBS NEWS


「怒羅権」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「怒羅権」の関連用語

怒羅権のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



怒羅権のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの怒羅権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS