ヒエラルキーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > ヒエラルキーの意味・解説 

ヒエラルキー

英語:hierarchy

ヒエラルキーは「階層(的構造)」を意味する語であり、とりわけ社会におけるピラミッド型階級的組織構造を指す意味で用いられる語である。組織の長支配者階級頂点におり、その下に相対的に力の弱い階級段階的な層を末広がりに構成する、という形をなす

ヒエラルキーの語源と「hierarchy」の読み方

日本語の「ヒエラルキー」はドイツ語の「Hierarchie」に由来する外来語とされている英語ではhierarchy」と綴り発音は「ハイアラーキ」に近い。とはいえドイツ語Hierarchie発音は「ヒエラルヒー」に近く、「ヒエラルキー」は厳密にドイツ語忠実な音写ともいいにくいちなみにフランス語では「hiérarchie」と綴り仏語発音規則のっとり「イェラシ」のような発音になる。古代ギリシア語まで遡ると「ἱεραρχία」(hierarkhía)、これは「ヒエラルキア」のような発音であり「ヒエラルキー」に近い。

ヒエラルキーの用法

ヒエラルキーという言葉は、主に社会企業など組織における上下関係(の構造)を指す語として用いられるが、必ずしも人間社会に限って適用されるとは限らない。たとえば自然界食物連鎖構造などはヒエラルキーを形成している典型例といえる食物連鎖見られる弱者には個々の力はないが個体数多さによって強者からの搾取耐える」という構図は、他のヒエラルキー構造でも見られる人間社会事柄について「ヒエラルキー」という語を用い場合も、「少数強者弱者屈している」という関係を念頭において(主に弱者視点立脚して言及されることが多い。

ヒエラルキーの用例

ヒエラルキーの類語

「ヒエラルキー」と似たような意味・用法表現としてカースト」などが挙げられる場合があるが、カーストインド社会根ざした厳格な身分制度を指す語、あるいはそのような多分に差別意識含んだ身分差意識を指す語である。

ヒエラルキー【hierarchy】

読み方:ひえらるきー

ヒエラルヒー


ヒエラルキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/09 09:22 UTC 版)

ヒエラルキードイツ語: Hierarchie、ヒエラルヒー、英語: hierarchy、ハイァラーキ)とは、階層制や階級制のことであり、主にピラミッド型の段階的組織構造のことを指す。元々は、聖職者の支配構造であった。かつてのカトリック教会正教会などが、この言葉の現代的意味において「階層的な」組織を持っていたことに起源がある。




「ヒエラルキー」の続きの解説一覧

ヒエラルキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/22 19:01 UTC 版)

UCIコンチネンタルサーキット」の記事における「ヒエラルキー」の解説

レースカテゴリはランクの高い順番にHC (Hors classe)、1、23つ分かれるまた、レース形態を示すため、ワンデイレースは1、ステージレースは2を用いる。例えば、ワンデイレースHCカテゴリレースという場合には、「1.HC」。同様にステージレースの場合は、「2.HC」となる。 また、23歳下のレースのカテゴリNC(またはNcup)、各大陸選手権のレースカテゴリはCCとなる。

※この「ヒエラルキー」の解説は、「UCIコンチネンタルサーキット」の解説の一部です。
「ヒエラルキー」を含む「UCIコンチネンタルサーキット」の記事については、「UCIコンチネンタルサーキット」の概要を参照ください。


ヒエラルキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/03 06:36 UTC 版)

ヴァイスプレジデント」の記事における「ヒエラルキー」の解説

順位米国における執行役英国における執行役投資銀行における執行役アジア圏における執行役1 President Managing Director President President 2 Deputy President or FEVP or SEVP or EVP Deputy Managing Director Deputy President or SEVP or EVP Deputy President 3 Executive VP, Group VP Executive Director Senior Managing Director Executive VP 4 Senior VP Director Managing Director Senior VP 5 Corporate VP or Vice President Deputy Director Executive Director Corporate VP バイスプレジデントVP)には、コーポレート・バイスプレジデント(CVP)、シニア・バイスプレジデントSVP)、エグゼクティブ・バイスプレジデントEVP)やシニア・エグゼクティブ・バイスプレジデント(SEVP)などの名称を付与することがある。SEVPは、デピュティ・プレジデント (deputy president) や英国デピュティ・マネージング・ディレクター (deputy managing director; DMD) や日本の副社長相当するといわれるEVPも、英国DMD日本の副社長相当する場合があるが、SEVPに次ぐ職位とされるまた、SVPは、通常EVPに次ぐ職位を指す。CVP若しくはVPはこれに次ぐ職位とされるが、これらSEVP、EVPSVPCVP、およびVPなどを総称してバイスプレジデント (VP) という場合もある。 米国EVP又はSVP英国のエグゼクティブ・ディレクター (executive director; ED) に相当し米国SVP又はCVP英国ディレクター (director) に、米国CVP又はVP英国のデピュティ・ディレクター (deputy director) に相当する米国の株式会社SVPCVPに次ぐ地位バイスプレジデント (VP) は、大きな会社の場合は日本企業でいえば部長本部長、又は平取締役程度職位であるとされ、本店支店などの責任者務めバイスプレジデント (VP) は支配人相当するが、投資銀行経営コンサルタントでは、さらに下位職位として用いられる小さな会社の場合には、バイスプレジデント (VP) が営業課長を兼務する場合がある。さらに極端な場合は、一般企業主任銀行における支店長代理のような最初の肩書きといった場合もある。 業界によって地位の高さが異なるのは、外資系証券会社経営コンサルタント事業会社経営幹部対等に話をする必要があるため、「底上げした」肩書用いたのが発祥考えられている。

※この「ヒエラルキー」の解説は、「ヴァイスプレジデント」の解説の一部です。
「ヒエラルキー」を含む「ヴァイスプレジデント」の記事については、「ヴァイスプレジデント」の概要を参照ください。


ヒエラルキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 03:35 UTC 版)

商人」の記事における「ヒエラルキー」の解説

武家階級ほど明確・統一的なものではないが、近世日本商家にも上下関係形成され大別すると、「主人」と「奉公人丁稚手代番頭)」になる(『詳説日本史図録 第5版山川出版社 2011年(1版2008年) p.150)。武家階級違い勤めた年数による昇進である(後述)。 丁稚江戸では「小僧」、後述書)は、112歳で、開店2時間前の暁七ツ(午前4時頃)に起床し、夜まで雑用従事、夜はそろばんなど商売の基本先輩から教わるため、睡眠不足になった後述書 p.200)。加えて無給であったため、耐え切れず闇に紛れて出奔するものが後を絶たなかった(後述書 p.200)。商家丁稚下女には年に2回の休日である藪入り存在したため、無給ではあっても無休ではなかった。 例としては、丁稚5年勤めると「若衆」(15 - 18歳で元服)となり、さらに5年勤めて手代」(給料発生)となり、手代10年勤めて小頭」(役職与えられる)となり、さらに5年勤めて組頭」(仕入れ責任者)となり、その後5年勤め番頭となった後、5年後、「暖簾分け」(独立開業)が許される後述書 p.201)。 呉服白木屋を例にすると、丁稚奉公4年ほどで「子供頭」という丁稚リーダーにつき(後述書)、8年目には「手代」へと昇進後述書)。この手代を10年勤めると「番頭」へと昇格し屋敷構え妻帯許される後述書)。この番頭になることができたのは丁稚100人1人とされる後述書 p.200)。「暖簾分け」=支店出店認められるのは一部商才秀でたもののみであり、30年月日要した(『図説!江戸時代三笠書房 2015年 p.201)。 三井家では、さらに細かく子供丁稚)・平役・上座・連役・役頭・組頭・支配連勤支配後見名代勘定名代元方名代加判名代元締大元締となる(山口博日本人給与明細 古典読み解く物価事情角川ソフィア文庫 2015年 p.219)。 江戸幕府10年を超える雇用関係を結ぶことを禁止したため、入店8 - 9年目に一度退職し国元である本店向かい店主挨拶初登)し、この間辞めるものもいた(法的な分岐点)。 中世ヨーロッパの場合、中世都市において商工業者ギルド作られ、「商人組合」と手工業者による「同職組合ドイツ語ではツンフト)」に分かれ後述書 p.89)、特に手工業職人は、徒弟制度からなり親方職人徒弟三者から成り親方のみが同職組合構成する兼岩正夫封建制社会 新書西洋史3』 講談社現代新書 1973年 p.91)。

※この「ヒエラルキー」の解説は、「商人」の解説の一部です。
「ヒエラルキー」を含む「商人」の記事については、「商人」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ヒエラルキー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ヒエラルキー

出典:『Wiktionary』 (2021/07/15 14:29 UTC 版)

名詞

ヒエラルキー表記のゆれ:ヒエラルヒー

  1. ピラミッド型の階層構造

語源

ドイツ語:Hierarchie音写ドイツ観念論等の流入に伴って知識人中心に用いられるようになったもの。「ヒエラルヒー」が音としては近いが、英語の同意語"hierarchy"と混合おこったもの。

関連語


「ヒエラルキー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヒエラルキー」の関連用語











ヒエラルキーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヒエラルキーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒエラルキー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのUCIコンチネンタルサーキット (改訂履歴)、ヴァイスプレジデント (改訂履歴)、商人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのヒエラルキー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS