会とは? わかりやすく解説

え【会/回/×廻/絵/壊】

読み方:え

〈会〉⇒かい

〈回〉⇒かい

〈廻〉⇒かい

〈絵〉⇒かい

〈壊〉⇒かい


え〔ヱ〕【会】

読み方:え

多くの人集まること。また、その集まり多く仏事、または祭事をいう。

「—を設けて供養しき」〈霊異記・下〉


かい【会〔會〕】

読み方:かい

[音]カイクヮイ)(漢) (ヱ)(呉) [訓]あう

学習漢字2年

[一]カイ

ある目的のために多くの人々集まること。集まり寄りあい。「会員会議会合会社会場会同宴会開会学会議会協会散会司会集会盛会大会茶会入会来会委員会園遊会博覧会

多くの人々集まる所。「社会都会

その場出会う。「会見会戦会談会話再会際会密会面会

何かにめぐりあう時。チャンス。「機会

かなう。さとる。「会心理会

合わせる。「会意照会付会

計算する。「会計

[二]〈エ〉

出会う集まる。集まり。「会式会者定離(えしゃじょうり)/講会斎会節会(せちえ)・法会

悟る。「会釈会得

絵などを集めたもの。「図会

名のり]あい・かず・さだ・はる・もち

難読会津(あいづ)・直会(なおらい)


かい〔クワイ〕【会】

読み方:かい

催し事のために多くの人集まること。集まり。「—を開く」

目的好み同じくした人々作る組織。「原生林を守る—」

出あうこと。めぐりあうこと。「鴻門(こうもん)の—」

ちょうどその時。折。「風雲の—」


たま‐たま【偶/適/会】

読み方:たまたま

[副]

時おり時たま。たまに。「春とはいえ寒い日がある」

偶然にちょうどその時。「—駅で旧友にあった


え 【会】

仏教では会をカイ漢音)と読むよりは、エ(呉音)と読むことが多い。法会成道会会者定離など。

読み方
あい
かい

会合

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 08:04 UTC 版)

会合(かいごう)




「会合」の続きの解説一覧

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/25 16:06 UTC 版)

(會、檜、かい)は、西周時代の諸侯国。現在の河南省鄭州市新鄭市北西・新密市南東に位置する。平王東遷後、鄶はに併呑された。


  1. ^ 『漢書』地理志・臣瓚注:「鄭桓公寄帑与賄于虢・會之間。幽王既敗,二年而滅會,四年而滅虢」。転引自楊伯峻《春秋左伝注》隠公元年,中華書局1990年5月第2版,第11頁。


「鄶」の続きの解説一覧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 08:25 UTC 版)

宝塚歌劇団」の記事における「会」の解説

団員個人に対する私設ファンクラブ劇団非公認)を指す呼称揃いの服・小物を身につけ整列して楽屋入り出待ちを行う(ガード)、生徒招いたトークイベントお茶会)の主催などの活動をしている。

※この「会」の解説は、「宝塚歌劇団」の解説の一部です。
「会」を含む「宝塚歌劇団」の記事については、「宝塚歌劇団」の概要を参照ください。


会(かい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/28 00:45 UTC 版)

弓道」の記事における「会(かい)」の解説

会はの上では引分け完成され弓を引き切り)、矢が的を狙っている状態をいうが、射手心理からいえばむしろ無限の引分け」である。 矢は右頬に軽く添え(頬付け)、小鼻下部から上下唇の間(口割り)の高さ以内収める見た目上は静止して見えるが身体的には「会」に入った後も力を掛け続け次の離れへと繋げる。

※この「会(かい)」の解説は、「弓道」の解説の一部です。
「会(かい)」を含む「弓道」の記事については、「弓道」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「会」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「会」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「会」に関係したコラム

  • ETFのセミナーの一覧

    ETFを取り扱う証券社の中には、ETFのセミナーを開催していることがあります。また、インターネットを介した「Webセミナー」を開催しているところもあります。次の表はセミナーを開催している証券社と過...

  • 株式取引に関する証券会社のセミナーの一覧

    証券社では、株式に関するさまざまなセミナーを開催しています。セミナーの内容は、株式取引をこれから始める人を対象にした入門セミナーや、チャートの見方、取引方法など、主に初心者向けのセミナーが多いようで...

  • 日本国内のFX業者のレバレッジ比較

    2012年5月現在、日本国内のFX業者のレバレッジの比較一覧です。レバレッジの倍率は「金融商品取引業等に関する内閣府令」により、2011年8月から最大25倍まで(個人の場合)に規制されています。なお、...

  • 株主優待銘柄とは

    株主優待銘柄とは、株主に対する還元策の1つとして商品券や割引券など配布している銘柄のことです。企業は、株主還元のため、また、株主の獲得のためにさまざまな株主優待を用意しています。株主優待は、1単元でも...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

会のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの会合 (改訂履歴)、鄶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの宝塚歌劇団 (改訂履歴)、弓道 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS