会とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > の意味・解説 

え〔ヱ〕【会】

多くの人が集まること。また、その集まり多く仏事、または祭事をいう。

「—を設け供養しき」〈霊異記・下〉


かい〔クワイ〕【会】

催し事のために多くの人が集まること。集まり。「会を開く」

目的好み同じくした人々作る組織。「原生林を守る会」

出あうこと。めぐりあうこと。「鴻門(こうもん)の会」

ちょうどその時。折。「風雲の会


え【会/回/×廻/絵/壊】

〈会〉⇒かい

〈回〉⇒かい

〈廻〉⇒かい

〈絵〉⇒かい

〈壊〉⇒かい


かい【会〔會〕】

[音]カイクヮイ)(漢) (ヱ)(呉) [訓]あう

学習漢字2年

[一]カイ

ある目的のために多く人々が集まること。集まり寄りあい。「会員会議会合会社会場会同宴会開会学会議会協会散会司会集会盛会大会茶会入会来会委員会園遊会博覧会

多く人々が集まる所。「社会都会

その場出会う。「会見会戦会談会話再会際会密会面会

何かにめぐりあう時。チャンス。「機会

かなう。さとる。「会心理会

合わせる。「会意照会付会

計算する。「会計

[二]〈エ〉

出会う。集まる。集まり。「会式会者定離(えしゃじょうり)/講会斎会節会(せちえ)・法会

悟る。「会釈会得

絵などを集めたもの。「図会

名のり]あい・かず・さだ・はる・もち

難読会津(あいづ)・直会(なおらい)


たま‐たま【偶/適/会】

[副]

時おり。時たま。たまに。「春とはいえ寒い日がある」

偶然に。ちょうどその時。「—駅で旧友にあった」


【会】

〔名〕 (「え」は「会」の呉音二人上の人が集まること。また、その集まり。おもに神仏に関係のある集まりをいう。法会

霊異記810‐824)下「会を設け供養しき」

栄花(1028‐92頃)もとのしづく「めでたき御堂のゑとののしれども」


かい クヮイ 【会】

〔名〕

催し事のために人々が集まること。また、その集まり集会会合。→会する

菅家文草900頃)二・暮春、見南亜相山尚歯会「毎吾老誰勝涙、此会当為少年

目的好み同じくしたもの集団結社

福音道志流部(1885)〈植村正久〉四「妄りに天物を害はんがためには人々喜びて社を立て会を結び」〔晉書阮籍等伝論〕

相談審議などのための集まり会議会盟など。〔春秋左伝閔公一三年〕

めぐりあうこと。出会うこと。際会出会い

(5) ちょうどその時機会。折。「風雲の会」 〔陳琳‐為袁紹予州文〕

(6) 茶の湯に人を招くこと。〔日葡辞書(1603‐04)〕

(7) 元会運世天地始終説で、時間表わす単位一つ一会一万八百年。→一会(いっかい)


え‐・す ヱ‥ 【会】

〔他サ変〕 (「え」は「会」の呉音理解する。会得する。

正法眼蔵123153弁道話「祖師のいはく、仏法会すること、男女貴賤をえらぶべからずときこゆ」


かい‐・す クヮイ‥ 【会】

自他サ変〕 ⇒かいする(会)


かい‐・する クヮイ‥ 【会】

1⃣ 〔自サ変〕 [文]くゎい・す 〔自サ変

人々がある場所に寄り合う。集まって顔を合わせるまた、公の席で相手と会う。

太平記14C後)七「漢・鴻門に会(クヮイ)せし時、項伯項荘とが、剣を抜いて舞しに」

文明論之概略1875)〈福沢諭吉〉二「此人政府に会して事を為す当て其処置必ずしも智ならず」

② ある物事出来事出会う遭遇する。

西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一三「同じき遭際に会し、同じき命運受く

物事が一か所で出会う。集まって一つになる

史記抄(1477)三「辰は十二月日月の会する処ぞ」

2⃣ 〔他サ変〕 [文]くゎい・す 〔他サ変

① ある場所に人を集める。

花間鶯(1887‐88)〈末広鉄腸〉上「国野基が新婚披露の為め旧友を会(クヮイ)する祝宴なり」

物事理解する。会得する。さとる。

西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉五「かくの如き人は、機会を知ることを会せざるが故に


たま‐たま【偶・適・会】

〔副〕 (「に」を伴って用いることもある)

その場合とか機会とかがまれではあるが何度かあるさまをいう。時おり。ときたま

宇津保(970‐999頃)内侍督「たまたま『まゐらせ給ふ』とものせしかど」

俳諧十八番発句合(1678)跋「其かたはらに筆をけがして、上・中・下の品をわかち侍るをたまたまにもうなづく人有(あれ)かしとこそ」

その場合とか機会とかが偶然であるさまをいう。偶然に。ふと。

廬山寺文書天祿三年972五月三日天台座主良源遺告「但本覚文書年来散失無有其遺、適所有者、是山城読師所進也」

源氏100114頃)胡蝶知らぬ世にまとひ侍りしをたまたまおほやけに数まへられたてまつりては」

③ ごくまれではあるが、ひょっとしてそうなるとか、そうなるかもしれないとかいう気持表わすひょっとしてどうかしてもしかして

文鏡秘府論保延四年点(1138)「若、偶(タマタマ)音響に中らば、十九首の流なり」

方丈記1212)「念じわびつつ、さまざまの財物かたはしより捨つるがごとくすれども、更に目見立つる人なし。たまたま換ふるものは金を軽くし、粟を重くす

予期したことが実現するとか、実現してよかったとかいう気持表わす。折よく。折があって。運よく。

大慈恩寺三蔵法師伝承徳三年点(1099)一〇「属(タマタマ)有道に逢ふ。時惟(ときこれ)我が皇なり」

[語誌]和文資料では、「宇津保物語」「枕草子」「和泉式部日記」「栄花物語」などに散見するが、「蜻蛉日記」「更級日記」「紫式部日記」などには見えないまた、方丈記」や「徒然草」では「たまたま」があって「たまさか」がないこと、「源氏物語」では他はすべて「たまさか」が用いられているが、光源氏のことば一例のみが「たまたま」であることなどから、男性語であると考えられる。→「たまさか(偶)」の語誌


あい あひ 【合・会・相】

1⃣ 〔名〕 (動詞「あう(合)」の連用形名詞化) あうこと。また、動作を共にしたり、相互に関係をもったりする意を表わす

[一] あうこと。会合対面

万葉(8C後)四・七四一「夢(いめ)の相(あひ)は苦しかりけり覚(おどろ)きてかきさぐれども手にも触れねば」

[二] 人と行動を共にしたり、相手をしたりすること。

二人で向かい合って、互いに声をかけながら(つち)で物を打つこと。あいづち

*十巻本和名抄(934頃)五「撃 纂文云斉人以大槌。〈漢語抄云阿比〉」

共謀すること。また、その仲間同類。ぐる。

浄瑠璃吉野都女楠(1710頃か)四「ムム、扨(さて)はあいじゃの」

相手また、相手をすること。

歌舞伎韓人漢文手管始唐人殺し)(1789)四「ハテ、あいには愚僧が行かいでたまる物か」

④ あいこ。あいうち

2⃣ 〔接頭〕

[一] 動詞の上に付く。

① ともに関係することを表わす

(イ) ともに。ともどもに。いっしょに。

古事記(712)中・歌謡「道の後(しり)古波陀嬢子(こはだをとめ)を神の如(ごと)聞えしかども阿比(アヒ)枕まく

米沢沙石集(1283)四「今すこし若くおはす時(とき)人をも相語らひ給へ

(ロ) 向かい合った関係にあるさま。互いに

古事記(712)下・歌謡「肝(きも)向かふ 心をだにか 阿比(アヒ)思はずあらむ」

語調整えたり、語勢添えたりする。改まった言い方として、近代では手紙などに用いる。

源氏100114頃)手習小野侍りつる尼どもあひ訪(と)ひ侍らんとてまかり寄りたりしに」

当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉三「脚気症に相(アイ)罹(かか)り、起臥共に、頗(すこぶる)困難を覚候故」

[二] 名詞の上に付く。

① 同じ関係にある間柄。「相弟子」「相番」など。

互いに向かい合った関係。「相対」「相たがい」「相四つ」など。

3⃣ 〔語素〕 (名詞に付いて接尾語的に) 前後事情関連における、もののありかた。「意味合い」「色合い」「頃合い」など。

[補注]接頭語として動詞接す場合次のように間に助詞を伴うことがある。「正月たつ春のはじめにかくしつ安比(アヒ)し笑みてば時じけめやも」〔万葉‐四一三七〕、「大和なる耳無山山彦は呼べどもさらにあひも答へず」〔多武峰少将物語〕。


あ・う あふ 【合・会・逢・遭】

1⃣ 〔自ワ五(ハ四)〕

[一] (合) 物と物とが一つに重なる。また、物と物とがつり合う

① 物と物とが寄りついて一つになる

(イ) 一方他方にうまく重なる。また、すきまなく寄りつく。合する

万葉(8C後)一四・三四八二「からころも裾のうち交(か)へ安波(アハ)ねども異(け)しき心をあが思はなくに」

日葡辞書(1603‐04)「カイノ クチガ v&ocaron;ta(ワウタ)」

(ロ) ある物事に他の物事が加わる。いっしょになる

(10C終)一四二「声あはせて舞ふほどもいとをかしきに、水の流るる音、笛の声などあひたるは」

(ハ) 夢・占い主張などが事実一致する。

源氏100114頃)若紫「この夢あふまで又人にまねぶなとの給ひて」

(ニ) 両者心・性質・数量運動などがうまく一致する。

日葡辞書(1603‐04)「シュビガ v&ocaron;(ワウ)〈訳〉初め終わりとが符合する」

② 状態や程度互いによくつり合う

(イ) ある状態や時期程度などにふさわしくなる。似合う。適合する。

土左(935頃)承平五年一月二一日「人のほどにあはねば、とがむるなり」

(10C終)一〇六「すこし春あるここちこそすれとあるは、げにけふのけしきにいとようあひたるも」

(ロ) 二つ上の音や色、味覚などがうまく調和する。

蜻蛉(974頃)上「薄色なるうすものの裳(も)をひきかくれば、腰などちりゐて、こがれたる朽葉にあひたる心ちもいとをかしうおぼゆ」

(ハ) 力などが互いに同程度である。張り合う

今昔1120頃か)二九兵具を調へ馬に乗せて、郎等二三十人具したる者にてぞ下(くだり)ければ、会ふ敵无き者にてぞ有ける」

(ニ) 道理にかなう

曾我物語南北朝頃)三「あはざる訴訟なりとも一度は、などや御免なからん」

(ホ) 費やしたものと、その結果得たものとがつり合う割に合う

俳諧炭俵(1694)下「よいやうに我手に占(さん)を置てみる〈利牛〉 しゃうじんたればあはぬ商ひ〈隣〉」

多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「それくらゐの事を言はなくて償(ア)ふものぢゃない」

③ (刃と石とが適合する意か) 研いだ刃物などが鋭くなる。よく切れる。

七十一番職人歌合1500頃か)三番いつまでになる小刀のあふべきことのかなはざるらむ」

[二] (会・逢・遭) 顔が合う。男女が合う。また、力と力とがぶつかる。

① 顔を互いに向かい合わせる

(イ) 対面する。会見する。

古事記(712)下・歌謡「吾が愛(は)し妻に い及(し)き阿波(アハ)むかも」

*竹取(9C末‐10C初)「竹取の家にかしこまりて請(しゃう)じ入れてあへり」

(ロ) (相手主語にして) やって来て偶然出会う来合わせる

万葉(8C後)一三三三〇三「汝(な)が恋ふる 愛(うつく)し夫(づま)は〈略〉黒馬乗りて 川の瀬を 七瀬渡りて うらぶれて 夫(つま)は会(あひき)と 人そ告げつる」

(ハ) (そちらに)顔を向ける。対する。

大鏡(12C前)一「あきらけき鏡にあへば過ぎにしもいまゆくすゑの事も見えけり」

② ある物事時期に偶然ぶつかる。

(イ) ある現象事件などに出合う

万葉(8C後)一四・三一三利根川川瀬知らずただ渡り波に安布(アフ)のす逢へる君かも」

徒然草1331頃)一七五「かくからき目にあひたらん人」

(ロ) ある時に巡り合うまた、よい時機にぶつかって栄える。

万葉(8C後)一五・三七五沖つ波高く立つ日に安敝(アヘ)りきと都の人は聞きてけむかも」

古今(905‐914)仮名序「つらゆきが、この世おなじく生まれて、この事の時にあへるをなむよろこびぬる」

男女が関係を結ぶ。結婚する。

*竹取(9C末‐10C初)「此世の人は男は女にあふ事をす。女は男にあふことをす」

滑稽本東海道中膝栗毛発端(1814)「きた八さまに口説(くどか)れまして、ツイ逢(アヒ)まして、かうした身になりましたゆへ」

相手立ち向かう戦い争う。

書紀720神功摂政元年歌謡槻弓(つくゆみ)に まり矢をたぐへ 貴人(うまひと)は 貴人どちや 親友(いとこ)はも 親友どち いざ阿波(アハ)なわれは」

[三] (合) (動詞連用形に付けて補助動詞として用いる) 二つ上のものが同じ動作をすることを表わす

(イ) ともに…する。一同が…する。

万葉(8C後)一八・四一〇六「紐の緒の いつがり安比(アヒ)て にほ鳥の ふたりならびゐ」

*竹取(9C末‐10C初)「ことゆかぬ物ゆゑ大納言をそしりあひたり」

(ロ) 互いに…する。

徒然草1331頃)一一五「二人河原へ出であひて、心行くばかりつらぬきあひて、共に死ににけり」

2⃣ 〔自他下二〕 ⇒あえる(合・和・韲)


あわ・す あはす 【合・会・逢・遭】

1⃣ 〔他サ下二〕 ⇒あわせる(合)

2⃣ 〔他サ五(四)

一つ重ねる。寄せてくっつける。一致させる。いっしょにする

歌舞伎熊野山開帳(1696)上「是はとよと心をあはし今日かたきをうたんと

人情本仮名文章娘節用(1831‐34)前「夜の目もあはさで案じ事

一と踊(1921)〈宇野浩二〉四「一年のあひだに二度も、さうして今度とあはして三度も」

などを調合する。

鳥追海上新話(1878)〈久保田彦作〉初「調合(アハ)して帰り去れば」

③ ある状態や程度ふさわしくする。また、相手言動に応じてうまくあしらう

洒落本夜色かたまり(1832)「女郎も〈略〉ただそうざますなどといいかげんにあわしている」

④ 音、声、動き等を調和させる調子整える。

人情本清談若緑(19C中)一「(ぢ)を掛けて調子合(アハ)して弾き出す

(5) 釣りで、が餌にかかる時に、針をの口にうまくひっかける。

*都の友へ、B生より(1907)〈国木田独歩〉「浮木(うき)がグイと沈んだから合(アハ)すと、餌釣としては、中々大(おほき)いのが上った」

(6) (顔を)互いに向ける。また、対面面会させる。

浄瑠璃源平布引滝(1749)二「折平に逢(アハ)しくれよ」

浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉三「昼飯の時、顔を合はしたが」

(7) 結婚させる。

夜の雪(1898)〈幸田露伴〉上「平太に婚(アハ)すつもりだったお清は居ず」

(8) 物と物とを比較する。ある条件照らし考え比べる

滑稽本浮世風呂(1809‐13)三「親だまのあたじけねへに合(アハ)しては不思義に買てやるよ」

社会百面相(1902)〈内田魯庵電影「齢に較(ア)はしては若やいだ隠居老婆さん」


あわせ あはせ 【合・会】

〔名〕 (動詞「あわせる(合)」の連用形名詞化

① 物と物とを一つ重ねること。寄せてくっつけること。いっしょにすること。

日葡辞書(1603‐04)「ニマイ auaxeni(アワセニ) カミヲ コシラユル」

男女性行為男女交合

書紀720神代上(水戸本訓)「遂に合交(みアハセ)せむとす。而も其の術(はけ)を知らず

夫婦にすること。結婚

浮世草子西鶴諸国はなし(1685)四「あはせの事ありて、同し里より、年かまへなる女房持しに」

④ 戦わせること。対抗させること。また、比べ優劣を争うこと。物合わせ。「歌合わせ」「絵合わせ」「貝合わせ」などと熟し用いることが多い。〔十巻本和名抄(934頃)〕

玖波集(1356)雑体鳥の二つぞ羽をかさねたる のあはせの声はこまかなれ〈二条良基〉」

(5) (飯にとり合わせる食物の意。合子に盛ることから(花鳥余情)とも、合わせ混じえて調理するから(日本語源)ともいう) 副食物。おかず。あわせのみ。あわせもの

宇津保(970‐999頃)国譲下「粥(かゆ)のれう、あはせ、いときよらに調じて」

志不可起1727)「あはせ 田舎にて膳(ぜん)の調菜(てうさい)を云」

(6) 音、声、動きなどを、他のものの進行に調和させること。

邪宗門(1909)〈北原白秋外光印象・青き光「幻燈伴奏(アハセ)の進行曲(マアチ)」

(7) 釣りで、が餌にかかる瞬間に、針を口にうまくひっかけること。

(8)手札場札とを合わせる意) 天正カルタなどで行なうばくち、または遊戯。めくって場の合わせ同種のものがあれば取り数を多く取ったものを勝ちとする。

雍州府志(1684)七「賀留多〈略〉互所得之其紋之同者紋無相同負是謂合(アハセ)」

談義本百談(1748)四「よみの、あはせのとて、二月三月毎夜遊び

(9)あわせやき合焼)」の略。

雑俳柳多留一一六(1832)「腸をぬくさより合せにする積り

(10) 四〇文をいう、魚屋符丁

洒落本卯地臭意(1783)「夕岸(ゆふかし)で、こら程な(あぢ)が、あわせ(四十)程あった」


あわ・せる あはせる 【合・会・逢・遭】

〔他サ下一〕 [文]あは・す 〔他サ下二

[一] (合) 物と物とを一つ重ねる。また、物と物とをつり合うようにする。

① 物と物とを寄せ一つにする食い違ないようにする。

(イ) 一方を他にうまく重ねる。また、すきまなくくっつける。

(10C終)一四二「いとうるはしう袖をあはせて、二人ばかり出で来て」

(ロ) (心、力、声、数量などを)うまく一致させる。

古今(905‐914)仮名序「これは、きみもひとも、身をあはせたりといふなるべし

能因本(10C終)一四五「声あはせて舞ふほどもいとをかしきに」

*雁(1911‐13)〈森鴎外〉一「時計号砲(どん)に合(アハ)せることを忘れ時には

(ハ) ある事に応じて行なう。ある事がなされる時に一致するように行なう

*竹取(9C末‐10C初)「つばくらめ尾をさげていたくめぐるにあはせて」

(10C終)一八四「御いらへに、いかがは啓するにあはせて」

(ニ) つけ加えるまた、いっしょにする一つにまとめる。合計する。

*竹取(9C末‐10C初)「もち月のあかさを十合せたるばかりにて」

大鏡(12C前)四「法師原、大中童子などあはせて七八十人ばかり」

三国伝記(1407‐46頃か)六「越王、呉を并するのみならず、晉斉秦を平げて」

(ホ) (薫香食品などを)うまく混ぜる調合する。

源氏100114頃)梅枝おほやけ、わたくしのどやかなるころほひにたき物あはせ給ふ

日本読本(1887)〈新保磐次〉四「願はくは是れを読み合せ給へ

(ヘ) (占い事実とを一致させる意) 夢で、吉凶判断する。うらなう。

伊勢物語(10C前)六三「よき御男ぞいでこむとあはするに」

源氏100114頃)若紫様異なる夢を見給ひてあはする者を召して問はせ給へば」

(ト) 釣りで、あたりに合わせて竿などを上げ、針を引っかける

落語佃島1900)〈初代三遊亭金馬〉「其処ら合せないと可(いけ)ませんよ、ソウーラ…餌を奪られましたらう」

茶話(1915‐30)〈薄田泣菫片腕「鉤(はり)を合(ア)はせてぐっと引揚げた」

② 状態や程度適合させる。

(イ) ある状態や時期程度などにふさわしいようにする。また、相手言動に応じてうまくあしらう

(10C終)八「家のほど、身の程にあはせて侍るなりといらふ」

滑稽本古朽木(1780)三「こいつはようござりませう〈略〉と、調子合せけるを」

(ロ) 二つ上の音、声、動きなどを調和させる調子ととのえる。

宇津保(970‐999頃)内侍督「かのひめ君、琵琶あはせてあそばしし」

(10C終)一四二「足踏み拍子(はうし)にあはせて」

③ (刃と石とを適合させる意か) といで刃を鋭くする。

天理本狂言忠喜室町末‐近世初)「髪そりを、よふあわせい」

[二] (会・逢・遭) 顔をあわせる男女をあわせる。力と力とをぶつからせる。

対面させる。面会させる。また、(顔を)互いに向ける。

落窪(10C後)一「われにかれみそかにあはせよ

吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一「主人は滅多に吾輩と顔を合せる事がない」

② ある現象事件などにぶつかるようにする。経験させる。

万葉(8C後)一九・四二四五住吉(すみのえ)の あが大御神 船の舳(へ)に うしはきいまし〈略〉荒き風 波安波世(アハセ)ず 平けく 率(ゐ)て帰りませ もとの国家(みかど)に」

太平記14C後)一二四海の民を一人無く飢渇(けかち)に合せんと思て」

夫婦にする。結婚させる。めあわす

書紀720安康元年二月図書寮本訓)「願はくは幡(はたひの)皇女得て以て大泊瀬(はつせの)皇子に配(アハセ)欲(む)」

*竹取(9C末‐10C初)「さりともつひに男あはせざらんやはと思ひて」

武器互いに打ちあわせる。立ち向かわせる。戦わせる。

書紀720垂仁七年七月熱田本訓)「試に是の人召して蹶速に当(アハセ)んと欲ふ」

平家13C前)一二「ちゃうどあはせてをどりのく」〔日葡辞書(1603‐04)〕

(5) 鷹狩りで、をねらって放つ

長秋詠藻(1178)上「狩り暮らしあはするのみねこえに行末しらぬほどぞかなしき

(6) 物と物、あるいは人と人とを比べる比較する。また、物の優劣比べる遊びをする。

宇津保(970‐999頃)嵯峨院「かぎりなくめでたく見えし君だち、このいまみゆるにあはすればこよなくみゆ」

源氏100114頃)絵合「竹取のおきなに宇津保のとしかげをあはせて争ふ」


え 【会】

仏教では会をカイ漢音)と読むよりは、エ(呉音)と読むことが多い。法会成道会会者定離など。

読み方
あい
かい

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/11 06:29 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「会」を含むページの一覧/「会」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「」が役に立つかも知れません。


( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/04 04:09 UTC 版)

(會、檜、かい)は、西周時代の諸侯国。現在の河南省鄭州市新鄭市北西・新密市南東に位置する。平王東遷中国語版後、鄶はに併呑された。




  1. ^ 『漢書』地理志・臣瓚注:「鄭桓公寄帑与賄于虢・會之間。幽王既敗,二年而滅會,四年而滅虢」。転引自楊伯峻《春秋左伝注》隠公元年,中華書局1990年5月第2版,第11頁。


「鄶」の続きの解説一覧


出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 00:11 UTC 版)

発音



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「会」に関係したコラム

  • ETFのセミナーの一覧

    ETFを取り扱う証券社の中には、ETFのセミナーを開催していることがあります。また、インターネットを介した「Webセミナー」を開催しているところもあります。次の表はセミナーを開催している証券社と過...

  • 株式取引に関する証券会社のセミナーの一覧

    証券社では、株式に関するさまざまなセミナーを開催しています。セミナーの内容は、株式取引をこれから始める人を対象にした入門セミナーや、チャートの見方、取引方法など、主に初心者向けのセミナーが多いようで...

  • 日本国内のFX業者のレバレッジ比較

    2012年5月現在、日本国内のFX業者のレバレッジの比較一覧です。レバレッジの倍率は「金融商品取引業等に関する内閣府令」により、2011年8月から最大25倍まで(個人の場合)に規制されています。なお、...

  • 株主優待銘柄とは

    株主優待銘柄とは、株主に対する還元策の1つとして商品券や割引券など配布している銘柄のことです。企業は、株主還元のため、また、株主の獲得のためにさまざまな株主優待を用意しています。株主優待は、1単元でも...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「会」の関連用語

会のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの会 (改訂履歴)、鄶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS