キープとは? わかりやすく解説

キープ【keep】

読み方:きーぷ

[名](スル)

確保すること。また、保持すること。「よい席を―する」

バーなどの飲食店で、酒を瓶ごと買って店に預けておくこと。「ボトルを―する」

ラグビーで、スクラム中にボール保持したまま前進すること。

サッカーバスケットボールなどで、ボール相手渡さず保持すること。

テニスで、サービスゲームを取ること。


キープ【(ラオ)kip】

読み方:きーぷ

ラオスの通貨単位。1キープは100アットキップ


キープ

作者乃南アサ

収載図書最後の恋
出版社新潮社
刊行年月2005.12

収載図書最後の恋―つまり、自分史最高の恋。
出版社新潮社
刊行年月2008.12
シリーズ名新潮文庫


キープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/08 03:51 UTC 版)

キープ

一覧

欧米の人名

  • アルバート・キープ(Albert Keep、1826年-1907年)
  • アンジェラ・キープ(Angela Keep、1981年-)
  • ヘンリー・キープ(Henry Keep、1863年–1905年)
  • ジェイソン・キープ(Jason Keep、1978年-)
  • ジュディス・キープ(Judith Keep、1944年–2004年)
  • ジョン・キープ(John Keep、1781-1870)
  • ネーザン・キープ(Nathan Cooley Keep、1800年–1875年)
  • ロバート・キープ(Robert Porter Keep、1844年–1904年)

関連項目



キープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 17:11 UTC 版)

「城」の記事における「キープ」の解説

キープ(Keep)とは中世ヨーロッパの城で中心となる建造物モット頂上に建てられ当初は木造の塔が、後に石造りの塔が造られた。日本語主塔大塔天守塔、またはフランス語読みドンジョンフランス語: Donjon)と表記されることもある。初期のモット・アンド・ベーリー式の城郭であってもモット頂上少なくとも木造矢来囲まれており、時には塔や他の構築物囲まれていることもあった。これらの木造構造物11世紀から12世紀頃にはキープと呼ばれる石造り建築物となった多角形石造り外壁囲った包囲建築物であるシェル・キープ(shell keep)が初期に多く見られ後に2〜3階建ての低い建物ホール・キープ(hall keep)、さらには3階以上の高い塔タワー・キープ(tower keep)と発展した。キープの平面形状は、初期四角形であったが、11世紀後期頃からは円形円筒形)やそれに小塔付けたもの、12世紀中頃には四つ葉型、12世紀後期以降は多角形のものが建てられるようになった。また15世紀以降、タワー・ハウス(Tower house)と呼ばれる居住空間をも包含した小型の城のような形態現れた。 Saint-Sylvain-d'Anjou城(木造キープ) ヨーク城(シェル・キープ) コニスボロー城(円筒形小塔付加したタワー・キープ) エタンプ城(四つ葉型のタワー・キープ) ワークワース城(大型のタワー・キープ) シュチェチンの城 (小さな中庭と塔), ポーランド

※この「キープ」の解説は、「城」の解説の一部です。
「キープ」を含む「城」の記事については、「城」の概要を参照ください。


キープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 07:01 UTC 版)

DEATH STRANDING」の記事における「キープ」の解説

結び目」を意味する装飾品少年期サムビーチ大切な人贈った首飾り

※この「キープ」の解説は、「DEATH STRANDING」の解説の一部です。
「キープ」を含む「DEATH STRANDING」の記事については、「DEATH STRANDING」の概要を参照ください。


キープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/30 21:10 UTC 版)

ペンブルック城」の記事における「キープ」の解説

最初に内郭構築され、そこに丸屋根備えた巨大な円筒形のキープ(天守)がある。この13世紀初頭円形キープは、高さ24.6メートル (81 ft) (23-25m) の4階建てであり、外径は約 16メートル (52 ft)(15.8m)、内径約 7.7メートル (25 ft)、基部の壁の厚さは 5.8メートル (19 ft)(最大6m)となる。その当初2階主室には装飾され2つの窓があり、入口は、吹き抜け外部階段より通じていた。3階にも2つの窓があって、内部は、螺旋階段各階層をつないでいた。キープの石造丸屋根には、木造テラス (fighting-platform) を支えいくつかの腕木足場組み穴 (putlog holes) が見られる最上部周囲胸壁備えられそこから攻撃できた。また、1階前方には跳ね橋初期の形)もあった。

※この「キープ」の解説は、「ペンブルック城」の解説の一部です。
「キープ」を含む「ペンブルック城」の記事については、「ペンブルック城」の概要を参照ください。


キープ (keep)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 05:42 UTC 版)

テニス」の記事における「キープ (keep)」の解説

サーバー側がゲーム取得すること。この競技では一般的にサーバー側が有利であるしたがっ試合勝利するためには自分のサービスゲーム確実に保守し(keep)、いかに相手サービスゲームブレークするかが鍵となる。ただしキープは和製英語英語圏ではholdという。

※この「キープ (keep)」の解説は、「テニス」の解説の一部です。
「キープ (keep)」を含む「テニス」の記事については、「テニス」の概要を参照ください。


キープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/28 18:29 UTC 版)

メディーバル ローズ 〜中世都市建国〜」の記事における「キープ」の解説

ゲーム開始すると、まず「キープ」(Keep)を配置する。キープは兵士配備して周辺領民に「安全」効果与え食料備蓄し配給する役割を持つ中心施設であると同時にとりわけゲーム上に1つだけ王冠付される「メインキープ」は、敵に占拠もしくは破壊される即座にゲームオーバーとなる最重要施設でもある。メインキープは最初に設置されたキープに設定されるが、必要に応じて新たなキープに移すこともできる。キープは最初木造小屋だが、ゲーム進んでテクノロジーレベル上がる木の塔から石造りの塔へと変貌する。

※この「キープ」の解説は、「メディーバル ローズ 〜中世都市建国〜」の解説の一部です。
「キープ」を含む「メディーバル ローズ 〜中世都市建国〜」の記事については、「メディーバル ローズ 〜中世都市建国〜」の概要を参照ください。


キープ(通称:キプ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 15:16 UTC 版)

ファンタジーアース ゼロ」の記事における「キープ(通称:キプ)」の解説

攻撃側本陣。キープが戦場建設される事で戦争開始となる。キープの建設クリスタル不要だが、同フィールド内にいる自軍プレイヤー四人(ただし建築者を除く)の承認要する建設位置によって、攻撃戦略変化するため、位置見極め大切になっている。通常戦争では戦場で倒れた攻撃軍兵士再出現ポイントとなる。召喚内容についてキャッスル同上

※この「キープ(通称:キプ)」の解説は、「ファンタジーアース ゼロ」の解説の一部です。
「キープ(通称:キプ)」を含む「ファンタジーアース ゼロ」の記事については、「ファンタジーアース ゼロ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「キープ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「キープ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キープ」の関連用語

キープのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



キープのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキープ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの城 (改訂履歴)、DEATH STRANDING (改訂履歴)、ペンブルック城 (改訂履歴)、テニス (改訂履歴)、メディーバル ローズ 〜中世都市建国〜 (改訂履歴)、ファンタジーアース ゼロ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS