ウンピョウとは?

ウンピョウ

ウンピョウ
ウンピョウ
ウンピョウ
ウンピョウ
名称
ウンピョウ
飼育園館
都立動物園では飼育していません
生息地
インド中国南部ネパールインドシナからジャワボルネオシッキム台湾にかけての森林地帯
体の大きさ
体長60~100cm、尾長55~90cm、体重16~23kg
えさ
小動物シカイノシシヘビなどを捕らえて食べています。動物園では、馬肉鶏頭などをあたえています。
特徴
体形ヒョウに似ていて、のかたちのもようがあることから、この名前がつきました。ネコ科なかでも特に木登りがじょうずで、1日のほとんどを木の上ですごします。木の上で待ち伏せて、地上サルリスにとびかかって捕らえることができ、また垂直な木の幹を頭からかけ下りることもできます
 
“ウンピョウ”に関連するニュース・催し物はこちら(2件)

雲豹

読み方:ウンピョウ(unpyou)

ネコ科哺乳動物

学名 Neofelis nebulosa


ウンピョウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/09 15:03 UTC 版)

ウンピョウ(雲豹、Neofelis nebulosa)は、ネコ科ウンピョウ属に分類される食肉類。本種のみでウンピョウ属を構成する。別名タカサゴヒョウ(高砂豹)[1]タイワントラ(台湾虎)[2]


[ヘルプ]
  1. ^ 『科学の台湾』台覧品の解説、台湾博物館協会、1937年、23頁。
  2. ^ Yahoo! 辞書 - たいわんとら【台湾虎】
  3. ^ a b c d e f g h i 今泉吉典、松井孝爾監修 『原色ワイド図鑑3 動物』、学習研究社1984年、76、186頁。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 今泉吉典監修 『世界の動物 分類と飼育2 (食肉目)』、東京動物園協会、1991年、167-168頁。
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v 小原秀雄・浦本昌紀・太田英利・松井正文編著 『動物世界遺産 レッド・データ・アニマルズ4 インド、インドシナ』、講談社2000年、20、142頁。
  6. ^ a b c 『小学館の図鑑NEO 動物』、小学館2002年、61頁。


「ウンピョウ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ウンピョウ」の関連用語

ウンピョウのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ウンピョウのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
東京ズーネット東京ズーネット
東京ズーネット」は財団法人東京動物園協会が運営する都立動物園の公式サイトです。
© 2001-2020 Tokyo Zoological Park Society. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウンピョウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS