ミヤマカミキリとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 昆虫類 > カミキリ > ミヤマカミキリの意味・解説 

ミヤマカミキリ

和名 ミヤマカミキリ
学名 Neocerambyx raddei Blessig,1872
名称由来
分布 北海道本州佐渡隠岐四国九州壱岐対馬アジア極東地域
寄生植物 スダジイクリコナラクヌギケヤキクワ
標本処理 亜硫酸? 酢酸エチル○ 
体長 32-57mm



2002年7月18日 埼玉県寄居町 撮影: びおすけさん(匿名
ミヤマカミキリ


2004年7月屋久島生体写真
ミヤマカミキリ


旧学名Massicus raddei (Blessig, 1872)


ミヤマカミキリ

和名:ミヤマカミキリ
学名Massicus raddei Blessig
    コウチュウ目カミキリムシ科
分布北海道本州佐渡島淡路島隠岐四国九州対馬壱岐下甑島平戸島天草島屋久島東アジア
 
写真(上):ミヤマカミキリ成虫
説明
成虫体長40〜53mmの大型カミキリ体色褐色黒褐色で,黄色短毛が体全体生える。卵から成虫まで3年かかる。成虫6月下旬7月下旬羽化し,樹皮のくぼみや割れ目産卵する。幼虫最初樹皮下を食うが,次第に材内へ食い入って大きな孔道を作るクリカシクヌギシイなどを加害する。
ミヤマカミキリ成虫


深山天牛

読み方:ミヤマカミキリ(miyamakamikiri)

カミキリムシ科昆虫

学名 Massicus raddei


ミヤマカミキリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/22 05:01 UTC 版)

ミヤマカミキリ(深山髪切、Massicus raddei)は、昆虫綱鞘翅目カミキリムシ科に分類されるカミキリムシ。






「ミヤマカミキリ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ミヤマカミキリ」の関連用語

ミヤマカミキリのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ミヤマカミキリのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
カミキリ情報館カミキリ情報館
この記事は「カミキリ情報館」の中の「カミキリムシ図鑑21世紀」の記事・画像を転載しております。
森林総合研究所森林総合研究所
(C) Copyright 2019 Forestry and Forest Products Research Institute, All right reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのミヤマカミキリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS