方法論とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 哲学 > 方法論の意味・解説 

ほうほう‐ろん〔ハウハフ‐〕【方法論】

読み方:ほうほうろん

学問研究方法そのもの論理的に考察し真理を得るための妥当な方法探求する分野


方法論

作者芳賀檀

収載図書日本浪曼派」集
出版社新学社
刊行年月2007.1
シリーズ名新学社近代浪漫派文庫


方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/06 14:07 UTC 版)

方法論(ほうほうろん、英語: methodology)とは、以下のように定義される概念である[1]


  1. ^ Merriam–Webster
  2. ^ 「美学」「右傾化」「方法論」 誤用が多い日本語を作家解説”. NEWSポストセブン. 2021年12月31日閲覧。
  3. ^ 小谷野敦『頭の悪い日本語』新潮社、2014年。 


「方法論」の続きの解説一覧

方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 21:35 UTC 版)

劇団四季」の記事における「方法論」の解説

演技にあたり、常に背筋伸ばして腹式呼吸意識し母音をはっきり発音する独特の朗唱法(母音法)を「四季メソッド」として徹底させている。この発声方法舞台上から観客の耳へと台詞がはっきり届くよう生み出された。

※この「方法論」の解説は、「劇団四季」の解説の一部です。
「方法論」を含む「劇団四季」の記事については、「劇団四季」の概要を参照ください。


方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/12/04 07:52 UTC 版)

RACI図」の記事における「方法論」の解説

RACI図は、タスク4種類参加者責任型に分割するまた、プロジェクト工程毎に参加者には異な役割割り当てられる。この責任型の名称の頭字語RACI である。 Responsible実行責任者) - タスク達成のために働く責任者複数リソースについて責任を持つことがあるAccountable説明責任者) - タスク正し完了について外部からの問合せに対して責任持って対応する。各タスク窓口1つなければならない。 Consulted(協業先) - 意見求められる者。双方向対話Informed報告先) - 進捗を常に把握している者。一方向通信実行責任者説明責任者は同一人間割り当てられることが多い。それ以外では、一般にプロジェクトの各タスクについて、各参加者高々1つ役割割り当てられるのが推奨されている。しかし、企業や組織によっては、1人複数責任型を割り当てることもある。これは、役割計画時点決められないことを暗に示しており、各タスクにおける役割分担明確化するというRACI図価値減じることになる。 RACI図は、タスク参加者並べた2次元の表の形式であり、各マスタスク参加者組合せ表している。そして、各マスに R/A/C/I の責任型を割り当てていく。何も割り当てられないマスもあるし、1つタスク4つ責任型が揃わないこともある。

※この「方法論」の解説は、「RACI図」の解説の一部です。
「方法論」を含む「RACI図」の記事については、「RACI図」の概要を参照ください。


方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/27 14:06 UTC 版)

ソフトウェア工学」の記事における「方法論」の解説

ソフトウェアシステムより良くする様々な方法論(英: methodology)がソフトウェア工学として研究されている。ライフサイクルごとの方法論や、アーキテクチャ実現に関する方法論などがある。特定の設計採用しそれが開発プロセス強くリンクするような方法論も当然存在するオブジェクト指向開発方法論ドメイン駆動設計がその例である。

※この「方法論」の解説は、「ソフトウェア工学」の解説の一部です。
「方法論」を含む「ソフトウェア工学」の記事については、「ソフトウェア工学」の概要を参照ください。


方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/05 04:49 UTC 版)

核構造物理学」の記事における「方法論」の解説

現在では、中性子陽子という核子自由度と有効相互作用を基にして、有限量子多体系としての原子核性質理解しようとしている。例えば、自己無撞着平均場理論に基づく集団運動模型や、一つ核子波動関数ガウス波束近似した上で量子分子動力学方法用いたAMD模型FMD模型などによって、核子運動という視点から原子核静的及び動的性質調べている。

※この「方法論」の解説は、「核構造物理学」の解説の一部です。
「方法論」を含む「核構造物理学」の記事については、「核構造物理学」の概要を参照ください。


方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/09 02:50 UTC 版)

批判的言説分析」の記事における「方法論」の解説

時々、CDA言説分析代表的な方法」であると誤解されるが、一般的にCDA は、言説社会的政治的不平等権力乱用または支配再生産する(抵抗する方法への洞察適切に関連付けられて生産される限り言説研究人文科学・社会科学におけるいかなる明晰な方法CDA研究使われてもよいという点で合意なされている。つまり、CDAその分析をテクストまたはトークといった特定の構造制限するではなく体系的にそれらの構造社会的政治的コンテクスト構造関連づけるのである

※この「方法論」の解説は、「批判的言説分析」の解説の一部です。
「方法論」を含む「批判的言説分析」の記事については、「批判的言説分析」の概要を参照ください。


方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/06 07:04 UTC 版)

イーハーモニー」の記事における「方法論」の解説

イーハーモニー相性診断が同サービスの中核であると謳っている。グレッグ・ウォルドルフ(Greg Waldorf)前CEOは、「単に趣味が同じ人々マッチングする、ということではない。重要なのは相性だ。イーハーモニーサイトでは、自分何を求めているかを語るのではなく自分自身について語っていただくようになっている」と述べている。 また、同社が「科学的アプローチ」と呼ぶ性格感情深く踏み込んだ手法により、他社とのマッチングサービス差別化目指している。 イーハーモニー会員になるためには、性格信条価値観健全な情緒対人スキルなどを診断する同社独自の相性診断テスト回答するウォーレン博士とバックウォルター博士開発した同社マッチングシステム基礎となる診断アルゴリズムは、これらのテスト回答使用して相性良いユーザとのマッチングを行う。イーハーモニーは、このマッチングシステムにより、幸せカップル特徴である根本的な性質価値観が同じパートナー探すことができると考えている。 高度な最新ソフトウェアテクノロジにより、アンケート回答だけでなく、サイト平均滞在時間など、各ユーザ行動データ評価行っている。 同ソフトウェアマッチングさらなる最適化のため600変数分析、それによって過去1年ユーザ間のコミュニケーション34%も増加した。 バックウォルター博士は、同社相性診断システムが、お互い共通点重視したのである述べている。「初め自分と正反対の人に惹かれるが、いずれは争うことになる」というのが同社考えである。 同社研究方法相性診断システムは、評価発表目的として、査読のある学術雑誌提出されことはない。しかし2004年イーハーモニー研究ディレクタであるスティーブ・カーター博士Dr. Steve Carter)は、旧アメリカ心理学協会(現科学的心理会: APS)の第16回年次総会において、ある論文発表したカーター博士は同論文において、結婚満足度指標である「Dyadic Adjustment Scale結婚適応尺度DAS)」を用いイーハーモニー通じて知り合った結婚生活5年以上となる夫婦対照群比較研究行っている。 その結果、「イーハーモニー知り合ったカップルの9割以上の結婚満足度が、eHarmony以外の場所で知り合って結婚した夫婦平均値よりも高いこと」、「2倍以上のイーハーモニーカップルがその他の夫婦比べて幸せな結婚生活を送っていたこと」、さらに、「その他の夫婦比べ、イーハーモニーカップルは2人で過ごす時間楽しんでいると答える率が35%も高かっただけでなく、自分達の結婚が『非常に幸せ』、あるいは他の新婚夫婦比べて幸せであると回答する率が2倍近かったこと」が明らかになったという。 なお、イーハーモニーの方法論や成功率についての同社独自の研究が、これまで正式に発表されことはない。

※この「方法論」の解説は、「イーハーモニー」の解説の一部です。
「方法論」を含む「イーハーモニー」の記事については、「イーハーモニー」の概要を参照ください。


方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/02 16:25 UTC 版)

歴史上の推定都市人口」の記事における「方法論」の解説

都市都市域・都市圏の定義は様々であり、行政的に認知され区域城壁などによって囲まれ領域人工的建造物連続して存在する地域通勤圏初めとする経済地域など、定義次第対象となる地域変わってしまう。ましてや過去都市人口ともなると、文献上人統計センサス)が残っている方が稀である。残っている統計も、戸数世帯数成人男性数など様々な形態があり、単純に文献値を参考にするわけにはいかない

※この「方法論」の解説は、「歴史上の推定都市人口」の解説の一部です。
「方法論」を含む「歴史上の推定都市人口」の記事については、「歴史上の推定都市人口」の概要を参照ください。


方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/25 07:14 UTC 版)

CNDO/2」の記事における「方法論」の解説

量子力学は、原子とそれらの位置モデル化するために、ハートリー=フォック法ローターン方程式基づいた方程式提供する。これらの方程式は、2回の反復の間に結果大きく変化しないところまで反復的に解かれるCNDOには化学結合に関する知識含まれず、その代わり量子波動関数に関する知識使用するCNDOは、分子軌道上で電子が完全に対になっている閉殻分子と、対になっていない電子を持つラジカルである開殻分子両方使用することができる。また、固体状態ナノ構造計算にも使用されるCNDOは、部分原子電荷英語版)と分子双極子モーメントについて良い結果得られる考えられている。全エネルギー結合エネルギー計算される閉殻アプローチにより、最高被占分子軌道最低空分子軌道計算するための固有値報告される

※この「方法論」の解説は、「CNDO/2」の解説の一部です。
「方法論」を含む「CNDO/2」の記事については、「CNDO/2」の概要を参照ください。


方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 01:01 UTC 版)

太陽系外惑星」の記事における「方法論」の解説

主系列星公転する初めての太陽系外惑星1995年10月6日検出されペガスス座51番星b命名された。太陽系外惑星恒星面通過トランジット)が観測されると、惑星真の質量大きさを含む多く物理的要素求めることができ、ある程度内部構造推定できる。さらに恒星面通過の際に分光分析を行うことによって、惑星大気動態大気組成調べることができる。 統計学的調査個々惑星の特徴付けは、太陽系外惑星学における基本的な問題を解く手がかりとなっている。2022年7月初頭時点発見されている5,100個以上の太陽系外惑星発見するために、様々な観測技術用いられてきた。様々な年齢主星公転する膨大な惑星サンプル文書化することは、惑星系の形成地質進化軌道移動、そしてそれらの潜在的な居住性への理解を深めることに繋がる。また、太陽系外惑星大気特徴付けることは、太陽系外惑星学の新たなフロンティアとなっている。

※この「方法論」の解説は、「太陽系外惑星」の解説の一部です。
「方法論」を含む「太陽系外惑星」の記事については、「太陽系外惑星」の概要を参照ください。


方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 05:21 UTC 版)

慣性閉じ込め方式」の記事における「方法論」の解説

核融合起こすためのエネルギーどのように発生させるかによっていくらか違い存在するレーザー核融合は現在最も研究進んでいる有力な方法であり、レーザー技術の進歩とともに歩み進めている。また、レーザー荷電粒子ビーム変えたものも存在する重イオン慣性核融合)。フューザー核融合以前盛んに研究されていたが、現在では多く技術的な難点が見つかっており、研究進んでいるとはいえない。そのほかではバブル核融合提案されているが、理論的なものにとどまっている。 また、磁場標的核融合磁気絶縁方式慣性核融合呼ばれる磁場閉じ込め方式との混交による方法考案されている。

※この「方法論」の解説は、「慣性閉じ込め方式」の解説の一部です。
「方法論」を含む「慣性閉じ込め方式」の記事については、「慣性閉じ込め方式」の概要を参照ください。


方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/09 03:56 UTC 版)

ブランド・エクイティ」の記事における「方法論」の解説

ブランド・エクイティ・テン(アーカー) マーケティング教授兼ブランドコンサルタントであるデイヴィッド・アーカーは、ブランド強さ評価するために使用できるブランド10属性強調してます。これらには、差別化満足度または忠誠心知覚される品質リーダーシップまたは人気知覚される価値ブランド個性組織関連性ブランド認知度市場シェア、および市場価格流通範囲含まれます。 Aakerは、属性重み付けたり全体的なスコアでそれらを組み合わせたりすることはありません。重み任意であり、ブランドカテゴリによって異なると考えているためです。むしろ、各属性個別追跡することをお勧めます。 ブランド・エクイティ・インデックス(モラン) マーケティングエグゼクティブのBillMoranは、次の3つの要素結果としてブランド・エクイティインデックス導き出しました実効市場シェア加重平均です。これは、競合するすべてのセグメントにおけるブランド市場シェア合計表し、そのブランド総売上高対する各セグメント割合重み付けされています。 相対価格比率です。これは、特定のブランド販売され商品価格を、市場での同等商品平均価格割ったものです。 耐久性は、顧客維持またはロイヤルティ尺度です。これは、翌年もそのブランド商品購入し続けブランド顧客割合表します。 BrandAsset Valuator(Young&Rubicam) マーケティングコミュニケーションエージェンシーであるYoung&Rubicamは、ブランドの力と価値診断するツールであるBrandAsset Valuator(BAV)を開発しました。それを使用する際に、代理店4つ次元沿って消費者視点調査します差別化ブランド明確な特徴競合他社との比較におけるその独自性関連性特定の消費者対すブランドの適切性とつながり尊敬消費者ブランドへの敬意魅力知識ブランド対す消費者認識とそれが表すものの理解ブランド評価モデルブランド間およびブランドファイナンス) ブランド戦略エージェンシーであるインターブランドは、ブランド評価のための独自のモデル財務結果予測利用してます。企業財務諸表レビューし、市場ダイナミクス収益創出におけるブランド役割分析し有形資産資本製品パッケージなど)に起因する収益を、ブランド帰することができる残余から分離します。次に将来収益予測しブランド力リスク基づいてこれらを割り引きます。代理店はこれに基づいてブランド価値推定し100の最も価値のあるグローバルブランド年間リスト集計します。 独立したブランド評価コンサルタント会社であるブランドファイナンスのロイヤルティ救済アプローチは、企業利用する商標所有してない場合代わりにサードパーティブランド所有者からライセンス取得する必要があるという想定基づいてます。たがって所有権は、サードパーティ商標使用に対して会社ライセンス料ロイヤルティ)を支払うことから「解放されますロイヤルティ救済方法では、将来売上可能性見積もり適切なロイヤルティ率を適用してから、見積もった将来税引き後のロイヤルティ割り引いて正味現在価値NPV)を算出します。これは、ブランド価値を表すために開催されます。 独立したコンサルタント会社は、業界セクターおよび地理的地域ごとの年間リストと、上位500のグローバルリストを公開してます。 時価総額法へのブランド貢献(CoreBrand) ブランドに関する調査戦略立案コミュニケーション設計を行う会社であるCoreBrandは、システム定量的基礎として、親しみやすさと好意度データ構成されるコーポレートブランディングインデックス®データベース使用して時価総額へのブランド貢献方法利用します親しみやすさと好意度スコアは、時価総額収益における企業規模コンテキスト分析されブランド価値ゼロになるための親しみやすさと好意度基本的な期待レベル決定されます。キャッシュフロー倍数ひいては株価を動かす要因統計的回帰分析利用して基本的な期待レベルより上または下の親しみやすさと好意度分散分析します。ポイントインタイム分析として、この方法は、現在の親しみやすさと好感度収益時価総額基づいた企業ブランド・エクイティ評価使用されます。分析出力は、エンドユーザー2つデータ提供します。 コーポレートブランドに直接起因する時価総額割合(つまり、ブランド企業価値創造するためにどれだけ懸命に取り組んでいるか)。 ある時点でのブランドドル価値。これは、会社市場評価構成要素としてのブランド資産価値です。 この分析によると、企業ブランド平均して株価パフォーマンスの5〜7%を占めてます。 コンジョイント分析 マーケターは、コンジョイント分析使用して機能デザイン価格、場所など、製品サービス、またはプロバイダーさまざまな属性対す消費者好み測定します検討中属性2つとしてブランド価格含めることにより、消費者ブランド評価、つまり、ブランドプレミアム支払意欲についての洞察を得ることができます。 注:これらの顧客満足度の方法論は、 MMAPMarketing Metric Audit Protocolに従ってMarketing Accountability Standards BoardMASB)によって個別検証されていません。 時系列データによるブランド・エクイティイベント調査イベント調査ブランド・エクイティ財務実績プラスの影響与えるという証拠提供しますが、多く調査はこの関係を提供するために顧客考え方指標焦点当てています(Berger、Eechambadi、George、Lehmann、Rizley&Venkatesan、2006; Buil、Martinezde Chernatony、2013)。 イベントメソッドは、イベントの前、最中、または後にブランド評価され利害関係者関心または価値決定するために適用されます。 Agrawal&Kamakura1995)の著書有名人支持者経済的価値例示されているように、著者は、製品有名人ブランド協会発表どのように株価の動き生み出すかを示してます。これにより、時系列データから明らかなように、株主関心裏書影響受けます

※この「方法論」の解説は、「ブランド・エクイティ」の解説の一部です。
「方法論」を含む「ブランド・エクイティ」の記事については、「ブランド・エクイティ」の概要を参照ください。


方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 07:22 UTC 版)

QS世界大学ランキング」の記事における「方法論」の解説

QS世界大学ランキングの方法論指標割合詳細学術査読 40% 社内グローバル学術調査に基づく 教員・学生比率 20% 教育取り組み測定 論文被引用数 20% 研究インパクト測定 雇用者の評判 10% 新卒採用者へのアンケート調査に基づく 留学生比率 5% 学生コミュニティ多様性測定 外国人教員比率 5% 教員多様性測定 QSは、ランキング結果世界メディアで発表しており、イギリスガーディアン大韓民国朝鮮日報など、多くメディア提携している。QSタイムズ・ハイアー・エデュケーション(THE)から独立し一貫した独自の方法論を用いて作成した第1回目ランキング2010年9月8日発表され第2回目2011年9月6日発表された。 QSは、大学の使命である教育・研究雇用機会育成国際化側面沿って大学パフォーマンス評価することを目的としたランキング作成した

※この「方法論」の解説は、「QS世界大学ランキング」の解説の一部です。
「方法論」を含む「QS世界大学ランキング」の記事については、「QS世界大学ランキング」の概要を参照ください。


方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/10 16:46 UTC 版)

スケジュール (プロジェクト管理)」の記事における「方法論」の解説

プロジェクトスケジュールを作成する前にスケジュール担当者は、作業分解図WBS)、各タスク作業量の見積もり、および各リソース利用可能性添えたリソースリストを用意する。これらの情報ない場合は、ワイドバンドデルファイのようなコンセンサス主導見積もり方法作成するともできる。これは、スケジュール自体概算であり、スケジュール内の各日付は見積もりにすぎず、実際に作業を行うメンバー賛同ない場合スケジュール不正確にまる。 プロジェクトスケジュールを作成するには、以下を完了する必要があるプロジェクト範囲 一連の活動 5つのプロジェクトフェーズ(構想、定義と計画立ち上げパフォーマンス終結)にグループ化されたタスク タスク依存関係マップ クリティカルパス分析 プロジェクトマイルストーン プロジェクトスケジュール健全にするには、次の基準満たす必要があるスケジュールは常に(できれば毎週更新する必要がある。 EAC(Estimation at Completion)値は、ベースライン値と等し必要がある残り作業は、チームメンバー間で(休暇考慮入れて適切に分散する必要があるスケジュール構造には、WBS定義され成果物作成するために必要な活動説明する分解またはテンプレート使用して作業分解図または成果物インデックスへの引用厳密に追跡し含めることができる。 スケジュール開発品質スケジュール管理品質について評価する方法もある 。

※この「方法論」の解説は、「スケジュール (プロジェクト管理)」の解説の一部です。
「方法論」を含む「スケジュール (プロジェクト管理)」の記事については、「スケジュール (プロジェクト管理)」の概要を参照ください。


方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/20 04:43 UTC 版)

回帰不連続デザイン」の記事における「方法論」の解説

回帰不連続デザイン用いた推定には、二つ一般的なアプローチがあり、それはノンパラメトリック方法パラメトリック方法通常多項式回帰である。)である。

※この「方法論」の解説は、「回帰不連続デザイン」の解説の一部です。
「方法論」を含む「回帰不連続デザイン」の記事については、「回帰不連続デザイン」の概要を参照ください。


方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/17 01:38 UTC 版)

ディスタンクシオン(本)」の記事における「方法論」の解説

構造主義影響受けたブルデューは、現代社会学における回帰分析への伝統的な依存超えて、より厳密な量的アプローチ実現しようとした。ブルデューは、複数独立変数相関関係に頼るのではなく、「そのような相関関係中に記録され効果固有の力と形態真の原理構成する関係の完全なシステム」を見ることができるような枠組み開発することに関心持っていた。La Distinction』の分析のために、ブルデューは、統計技術者であるサラ・ブーヘジャと共同で、1963 年の「コダック調査」と 1967 年の「味覚調査」という 2 つ調査から得られデータ用いて複数回の対応関係分析行ったこの分析に加えてブルデューは、ブルデューが「支配階級」と「小ブルジョワジー」と呼んだデータサブセット、すなわち「支配階級」と「小ブルジョワジー」の回答にも対応関係分析適用した。この種の研究は、幾何学的データ分析、特に多重分析初期の試み代表するものであり、これはブルデューの後の研究において重要な方法論的枠組みとなった

※この「方法論」の解説は、「ディスタンクシオン(本)」の解説の一部です。
「方法論」を含む「ディスタンクシオン(本)」の記事については、「ディスタンクシオン(本)」の概要を参照ください。


方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/18 07:56 UTC 版)

ビジネス業績管理」の記事における「方法論」の解説

BPM実施する方法論はさまざまである。それは企業トップダウンフレームワーク与え、それによって計画と実施戦略と戦術事業部門企業全体目的整合図られる。方法論には、シックス・シグマバランスト・スコアカードABC分析TQM経済的付加価値 (EVA)、統合戦略的計測などがある。特に業績管理手法としてはバランスト・スコアカード広く採用されている。これらは企業BPM単独支えることはできない。それらはBPMプロセスとは基本的に統合されていないため、単にそのような方法論を1つ採用しても、BPMとしての成果期待できない

※この「方法論」の解説は、「ビジネス業績管理」の解説の一部です。
「方法論」を含む「ビジネス業績管理」の記事については、「ビジネス業績管理」の概要を参照ください。


方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/11 10:28 UTC 版)

ソリッド圧縮」の記事における「方法論」の解説

圧縮ファイルフォーマットは、多く場合圧縮小さなスペースデータ保存する)とアーカイブ単一ファイル複数ファイルメタデータ保存する)の両方機能備えている。この2つ機能適用する順番は以下の二通りある。 個々ファイル圧縮してから、単一ファイルアーカイブする。 単一データブロックアーカイブしてから、圧縮を行う。 順序は重要であり (これらの操作交換可能ではない)、後者ソリッド圧縮と呼ぶ。 UNIXでは、伝統的に圧縮アーカイブは別々の操作として取り扱っており、UNIXでの例から順番違い理解できる個々ファイル圧縮してからアーカイブすると、 gzip圧縮されファイルtar作られる。つまり.gz.tarとなる。(通常はこれは行わない) tar使い様々な非圧縮ファイルアーカイブして、その生成物圧縮することで、圧縮アーカイブである.tar.gz形式ファイルができる。これはソリッド圧縮である。

※この「方法論」の解説は、「ソリッド圧縮」の解説の一部です。
「方法論」を含む「ソリッド圧縮」の記事については、「ソリッド圧縮」の概要を参照ください。


方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/18 14:04 UTC 版)

バリア分析」の記事における「方法論」の解説

バリア分析目的は、特定の対象者行動変化決定要因特定することにある。最も一般的に見られる4つ決定要因は、 認知され自己効力感 認知され社会的規範 認知され肯定的な結果 認知され否定的な結果 である。他の決定要因として、認知され重症度認知され感受性リスク認知され行動有効性ポリシー文化などが含まれる通常研究者45人の「実行者(成功者)」(すでに行動実践している人)と45人の「非実行者(失敗者)」(行動実践していない人)に質問し回答比較する。この45/45サンプル使用する場合質問対し実行者と非実行者間間15%以上の差があれば、通常統計的に有意性があり特別なものとなる。バリア分析集計表は、統計的有意性見出すために使用される

※この「方法論」の解説は、「バリア分析」の解説の一部です。
「方法論」を含む「バリア分析」の記事については、「バリア分析」の概要を参照ください。


方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/01 17:16 UTC 版)

臨床教育学」の記事における「方法論」の解説

ここではランゲフェルトの流れを汲む臨床教育学の方法論について明らかにしたい。方法論としては主に解釈学言語哲学用いられる従来教育学教育者のある「べき」姿や、教員養成のための学として成長してきたが、教育現象意味づける学として観る未熟であるという側面持っているそのような従来教育学弱点である「教育現象解釈し意味づけ」を行うのが臨床教育学役割一つである。臨床教育学では特に教育世界における「問題」(不登校など)が手掛かりにされることが多い。「問題」とは、それを「問題化」している教育観によって語られるのであるが、そのような語りコンテクスト差異与え、「教育」に新たな意味を付与していくのが臨床教育学立場である。臨床教育学は「問題」の予防解決目的したものではない。

※この「方法論」の解説は、「臨床教育学」の解説の一部です。
「方法論」を含む「臨床教育学」の記事については、「臨床教育学」の概要を参照ください。


方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 04:30 UTC 版)

スクラム (ソフトウェア開発)」の記事における「方法論」の解説

スクラム経験主義透明性検査適応)を実現するために、以下の作成物とイベント定義する。これらのフレームワーク則ることでチームプロダクト透明性向上し正し検査定期的におこなわれ、素早い適応がおき、良いプロダクト生み出される。 表. 検査適応機会イベント/頻度頻度検査対象確約/検査基準適応反映先デイリースクラム 日次 日次進捗 Spゴール Spバックログ Spレビュー n週次 Sp成果(インクリメンツ) Pdゴール Pdバックログ スクラム作成物は1つ確約(英: commitment)をもつ。目標たる確約明示することで進捗測定すなわち検査可能になるプロダクトバックログにおけるプロダクトゴールスプリントバックログにおけるスプリントゴールインクリメントにおける完成の定義それぞれ検査基準となる確約である。確約プロダクト理想状態を示しており、開発者にこの達成求める(ゆえに検査される)。プロダクトそのもの状態を明示され検査対象とすることで、逆説的にスクラム開発過程大きな自由度開発者もたらしている(「この状態が目標だ、完成度検査する作り方君に任せる」という方式ミッション・コマンド)。

※この「方法論」の解説は、「スクラム (ソフトウェア開発)」の解説の一部です。
「方法論」を含む「スクラム (ソフトウェア開発)」の記事については、「スクラム (ソフトウェア開発)」の概要を参照ください。


方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/01 15:22 UTC 版)

新しい種類の科学」の記事における「方法論」の解説

NKS」の批判としてよく挙がるのが、これまでの科学的方法に従っていないということである。「NKS」は厳密な数学的定義設定することも、定理証明するともない。殆どの公式と方程式は、標準表記ではなくマセマティカ書かれている同様に、「NKS」は、殆どの情報はっきりした意味のない絵によって伝えられ視覚頼っていることについても批判受けている。また、複雑性分野における新しい研究使っていないこと、特に厳密な数学的な局面から複雑性研究していないことについても批判されている。カオス理論正しく表していないという意見もある。

※この「方法論」の解説は、「新しい種類の科学」の解説の一部です。
「方法論」を含む「新しい種類の科学」の記事については、「新しい種類の科学」の概要を参照ください。


方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/10 14:02 UTC 版)

未来学」の記事における「方法論」の解説

未来研究実践者は、テクノロジー経済社会などの現在の傾向から外挿したり、未来傾向予言しようとすることがほとんどだった。しかし、最近では社会システム社会不確かさ検討し何らかのシナリオ構築することが増えてきた。外挿シナリオ以外にも、様々な手法技法未来研究使われている。 一部作家フューチャリストとして認識されている。彼らは(主に技術的な傾向調べ、そこから自らが導き出した結論作品反映させる。従って、フューチャリスト呼ばれる作家同時にサイエンス・フィクション作家としての面を持つことが多い。実際アーサー・C・クラークといったSF作家フューチャリストとしてもそれなりの評価得ている。もちろん、SF作家中には技術的あるいは社会的な未来予測テーマとせず、単に物語背景利用する者も多い。例えば、アーシュラ・K・ル=グウィンは『闇の左手』で予言者予知能力者、フューチャリスト仕事として予言する世界描き、「作家仕事嘘をつくことだ」とした。

※この「方法論」の解説は、「未来学」の解説の一部です。
「方法論」を含む「未来学」の記事については、「未来学」の概要を参照ください。


方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/01 15:22 UTC 版)

ミメーシス (アウエルバッハ)」の記事における「方法論」の解説

アウエルバッハは、主に3つの観念もとづいて分析行なった19世紀フランスリアリズムが、古典古代から続いてきた文芸的描写様式水準高低常識から訣別した。 16-17世紀において、ロマン主義者とリアリスト隔てる壁が築かれた。この壁は、古典古代文芸厳格な模倣目指す人々によって築かれた。 古典古代末期中世キリスト教的な作品現実感は、近代リアリズムとは全く異質である。これを比喩形象的と呼ぶ。

※この「方法論」の解説は、「ミメーシス (アウエルバッハ)」の解説の一部です。
「方法論」を含む「ミメーシス (アウエルバッハ)」の記事については、「ミメーシス (アウエルバッハ)」の概要を参照ください。


方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 04:51 UTC 版)

ECU-TEST」の記事における「方法論」の解説

ECU-TESTは、テスト環境全体制御自動化し幅広いテストツールをサポートします測定量のさまざまな抽象化レイヤーにより、MILコンテキストSILHIL実際システムループ内の車両ドライバー)など、さまざまなテストレベルでのアプリケーション可能になりますECU-TEST使用したテストケース作成グラフィカル行われ、プログラミングスキルは必要ありません。 テストケース説明には一般的な形式があり、広範なパラメーター化と構成オプションにより、すべてのテストツールに均一にアクセスできるため、複数開発フェーズ既存テスト簡単に再利用できます

※この「方法論」の解説は、「ECU-TEST」の解説の一部です。
「方法論」を含む「ECU-TEST」の記事については、「ECU-TEST」の概要を参照ください。


方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 17:06 UTC 版)

カルダノ (ブロックチェーン)」の記事における「方法論」の解説

IOG(IOHK)はカルダノ開発において特に重視する方法論として、下記挙げている。 学術研究 カルダノは他の多くブロックチェーンとは異なりビットコインはじめとする他の暗号資産プロジェクト開発した技術的基盤依存しないその代わりIOG(IOHK)は研究者と共に基礎研究行い、そのほとんどが最高レベル国際カンファレンスにおける発表学術的に査読を受ける。主要コンポーネント機能性に関する作業は、このような研究により何が可能でどの方法最適かを見定めることから始まる。 プロトタイピング 研究チーム連携しながら、技術プロトタイピングチームが研究説明されている通り機能性アプローチ具現化する実験を行う(概念実証)。この目的は、「論理的に可能」を「実際に可能」にすることである。またこの間現実世界での実装から技術的および機能的課題について学びながら、実際の製品構築する技術仕様作成可能にしていく。 技術仕様 研究プロトタイピング連携し想定される機能性動作定め技術仕様作成される。これにより最終的に実装するコード確実に研究目指すビジョン反映し必要な機能性が組み込まれ技術的に適したものになる形式手法による開発 IOG(IOHK)のエンジニア開発を行う際、ソフトウェア想定した通り正確に作動するテストするために数学的な形式手法駆使している。カルダノ開発では航空産業ソフトウェア宇宙飛行システム大規模なバンキングソフトウェアといったミッションクリティカルプログラム同レベル厳密さを、ブロックチェーン開発初め採用している。 関数型プログラミング IOG(IOHK)では関数型プログラミング言語、特にHaskell愛用している。関数型プログラミング言語は、他の言語比べてあいまいさ人的エラー抑えられるばかりでなく、数学的見地からテスト検証が行いやすいことから、保証性に優れた形式手法採用という開発方針補強する

※この「方法論」の解説は、「カルダノ (ブロックチェーン)」の解説の一部です。
「方法論」を含む「カルダノ (ブロックチェーン)」の記事については、「カルダノ (ブロックチェーン)」の概要を参照ください。


方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/12 06:12 UTC 版)

龍生派」の記事における「方法論」の解説

三代目家元吉村華泉の代に、「ひと、ひと植物持っている個性捉えて活かしていく」という考えを「植物の貌(かお)」と名付け積極的に提唱。その考え方は、龍生派いけばな根底を成すものとして現在も引き継がれている。

※この「方法論」の解説は、「龍生派」の解説の一部です。
「方法論」を含む「龍生派」の記事については、「龍生派」の概要を参照ください。


方法論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/21 16:10 UTC 版)

ディスタンクシオン」の記事における「方法論」の解説

構造主義影響受けたブルデューは、現代社会学における回帰分析への伝統的な依存超えて、より厳密な量的アプローチ実現しようとした。ブルデューは、複数独立変数相関関係に頼るのではなく、「そのような相関関係中に記録され効果固有の力と形態真の原理構成する関係の完全なシステム」を見ることができるような枠組み開発することに関心持っていた。『La Distinction』の分析のために、ブルデューは、統計技術者であるサラ・ブーヘジャと共同で、1963 年の「コダック調査」と 1967 年の「味覚調査」という 2 つ調査から得られデータ用いて複数回の対応関係分析行ったこの分析に加えてブルデューは、ブルデューが「支配階級」と「小ブルジョワジー」と呼んだデータサブセット、すなわち「支配階級」と「小ブルジョワジー」の回答にも対応関係分析適用した。この種の研究は、幾何学的データ分析、特に多重分析初期の試み代表するものであり、これはブルデューの後の研究において重要な方法論的枠組みとなった

※この「方法論」の解説は、「ディスタンクシオン」の解説の一部です。
「方法論」を含む「ディスタンクシオン」の記事については、「ディスタンクシオン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「方法論」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

方法論

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 00:25 UTC 版)

名詞

方法 ほうほうろん

  1. 哲学用語学問研究方法に関する論理的反省をいう。現代哲学は、ほぼ例外なく一定程度、方法論(殊に哲学の方法自体対象とする)の側面有する
  2. 方法についての批判的もしくは体系的な論考論述。たとえば、教育学校教育に関しての「教育方法学」、経営管理に関しての「経営工学」など。
  3. 方法手法、または技術のこと。準日常語として用語の意味について無自覚的、無反省的にこの語が用いられることが多くその場の意味は「方法」に同じ、また、ときに「技術」(適用される一定範囲技術技法)に同じ。(誤用といってよいこの現象用法)は学術書などにおいても散見される。)

発音(?)

ホ↗ーホ↘ーロン

関連語


「方法論」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



方法論と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「方法論」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



方法論のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2024 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの方法論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの劇団四季 (改訂履歴)、RACI図 (改訂履歴)、ソフトウェア工学 (改訂履歴)、核構造物理学 (改訂履歴)、批判的言説分析 (改訂履歴)、イーハーモニー (改訂履歴)、歴史上の推定都市人口 (改訂履歴)、CNDO/2 (改訂履歴)、太陽系外惑星 (改訂履歴)、慣性閉じ込め方式 (改訂履歴)、ブランド・エクイティ (改訂履歴)、QS世界大学ランキング (改訂履歴)、スケジュール (プロジェクト管理) (改訂履歴)、回帰不連続デザイン (改訂履歴)、ディスタンクシオン(本) (改訂履歴)、ビジネス業績管理 (改訂履歴)、ソリッド圧縮 (改訂履歴)、バリア分析 (改訂履歴)、臨床教育学 (改訂履歴)、スクラム (ソフトウェア開発) (改訂履歴)、新しい種類の科学 (改訂履歴)、未来学 (改訂履歴)、ミメーシス (アウエルバッハ) (改訂履歴)、ECU-TEST (改訂履歴)、カルダノ (ブロックチェーン) (改訂履歴)、龍生派 (改訂履歴)、ディスタンクシオン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの方法論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS