標準偏差とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 計測 > 偏差 > 標準偏差の意味・解説 

ひょう じゅんへんさ へう- [5] 【標準偏差】 〔standard deviation〕

資料散らばり度合を表す数値平均値と各資料の値の差(偏差)を2乗し、それを算術平均した値の平方根として求める。標準偏差が小さいことは、平均値のまわり散らばり度合小さいことを示す。 SD

標準偏差

分散の正の平方根

標準偏差(S.D.)


 分散 V あるいは不偏分散 U の平方根である。平均値と同じ次元を持つ。
標準偏差(S.D.)
標準偏差(S.D.)


 正規分布においては平均値と標準偏差は以下のような意味を持つ(正規分布の上確率計算正規分布パーセント点計算正規分布表を参照のこと)。
標準偏差(S.D.)
図 1.正規分布における標準偏差の意味---1

 平均値 ± 1 標準偏差の範囲内には全データの 68.27% が含まれる
標準偏差(S.D.)
図 2.正規分布における標準偏差の意味---2

 平均値 ± 2 標準偏差の範囲内には全データの 95.45% が含まれる


標準偏差

一組観測値散らばり 1散布 1変動 1ばらつき 1はその要素間の差異 2ないし偏差 2によって定まる。ここでは、もっとも普通の散布度 3のみが論じられる。範囲レンジ) 4一組要素最大値最小値の差である。四分位範囲 5第一第三四分位数142-2)の差で、一組観測数の半分占める。四分位偏差 6とも呼ばれる半四分位範囲 6四分位範囲半分であるが、しばしば散布度として扱われている。平均偏差 7平均からの個別項目の偏差正数算術平均(140-2)したものであり、分散 8はこれらの偏差2乗算術平均であり、標準偏差 9分散平方根である。


標準偏差

同じ測定繰り返し、そのデータ分布プロットすると、多く場合正規分布曲線に従う。この分布曲線は、中心となる中心分布大きさカーブ幅広さ)の2つのパラメータで定義される。 この分布幅広ければ値のばらつき大きく、狭ければばらつき小さい。このバラつきの程度数値したもの標準偏差(standard deviation)呼ばれる

定義

ばらつき程度数値化するためは、測定値平均値の差をとっていけばいいが、単純算術平均そのままとると、正負の符号で値がキャンセルされてしまう。そこで、測定値平均値の差の二乗(偏差平方和)をもとめ、その総和を得る。この総和データ数で割ることによって、分散が得られる。

分散 (m:平均値)

<m>sigma^2~=~sum{}{n}{(x_i-m)^2}/n</m>

この分散平方根をとることによって、数値単位元に戻したものが標準偏差

標準偏差 (m:平均値)

<m>sigma~=~sqrt{sum{}{n}{(x_i-m)^2}/n}</m>

A
1 109
2 98
3 140
4 192

<m 12>SD~=~sqrt{(109-134.75)^2+(98-134.75)^2+(140-134.75)^2+(192-134.75)^2}/4~=~36.46</m>

Excel計算するには、データ母集団とみなす場合STDEVPデータ確率標本とみなす場合STDEV関数使います。

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


標準偏差

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/13 03:41 UTC 版)

標準偏差(ひょうじゅんへんさ、: standard deviation, SD)は、日本工業規格では、分散の正の平方根と定義している[1]。データや確率変数の散らばり具合(ばらつき)を表す数値の一つ。物理学[2]、経済学、社会学などでも使う。例えば、ある試験でクラス全員が同じ点数、すなわち全員が平均値の場合、データにはばらつきがないので、標準偏差は 0 になる。




  1. ^ JIS Z 8101-1:1999, 1.13 分散.
  2. ^ 伏見, p. 364, 第 VII 章 確率と統計 63節 算術平均、標準偏差.
  3. ^ a b 栗原 2011, p. 47
  4. ^ 稲垣 1990, p. 21.
  5. ^ 例えば、標本サイズが 1 の場合、ばらつきがないので標本の分散は必ず 0 となるが、母集団のばらつきは通常 0 ではない。
  6. ^ 吉澤 1989, pp. 78–79.
  7. ^ Brugger 1969, p. 32.
  8. ^ 例:(東京大学教養学部統計学教室編 1991)。
  9. ^ 分散または標準偏差の図による解説と具体例は、(村瀬, 高田 & 廣瀬 2007, pp. 52–53)などを参照。
  10. ^ Earliest Known Uses of Some of the Words of Mathematics (S)”. 2016年1月30日閲覧。
  11. ^ Estimating Parameters Web Page
  12. ^ 健康統計学-散布度
  13. ^ 高崎経済大学非常勤講義 第4回「記述統計(2):代表値」
  14. ^ 標準偏差の不偏性





標準偏差と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「標準偏差」に関係したコラム

  • FXやCFDの標準偏差チャネルとは

    FXやCFDの標準偏差チャネルとは、線形回帰線から一定の標準偏差分を乖離した直線のことです。標準偏差チャネルは、線形回帰線からプラスに乖離した直線と、マイナスに乖離した直線の2本の線を描画します。下の...

  • FXのボリンジャーバンドとは

    FX(外国為替証拠金取引)のボリンジャーバンド(略称、ボリバン)とは、現在の為替レートが高値圏にあるか安値圏にあるかを判断するためのテクニカル指標です。また、ボリンジャーバンドはトレンドの転換点を見つ...

  • 株式分析のヒストリカル・ボラティリティとは

    株式分析のヒストリカル・ボラティリティ(Historical Volatility)とは、過去の株価のデータから、将来の株価の変動率を求めるテクニカル指標のことです。ヒストリカル・ボラティリティは、H...

  • FXのチャート分析ソフトMT4のStandard Deviationの見方

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)のStandard Deviationの見方について解説します。Standard Deviationは、過去の為替レー...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「標準偏差」の関連用語

標準偏差のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



標準偏差のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
住友大阪セメント住友大阪セメント
Copyright (C) 2019 住友大阪セメント All rights reserved.
統計学用語辞典統計学用語辞典
Copyright (C) 2019 統計学用語辞典 All rights reserved.
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの標準偏差 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS