標準誤差とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 統計学用語 > 標準誤差の意味・解説 

標準誤差 standard error

 標本平均値,標本分散などのような標本から得られる標本統計量散らばりを持つ。これら標本統計量標準偏差を,特に標準誤差と呼ぶ。例えば,母平均 μ,母分散 σ^2 の正規母集団から n ケース取り出したときの標本平均 Xbar は,平均が μ,標本分散が σ^2/n,標準誤差が S.E.=σ / sqrt(n) の正規分布に従う。これから,|Xbar-μ| / S.E. ≧ 1.96 となる標本が得られる確率は 5%,母平均が [Xbar-1.96 S.E. ,Xbar+1.96 S.E.] の区間含まれる確率95 % などがわかる。前者統計的検定後者統計的推測の例である。

標準誤差

母集団母数パラメーター) 1母集団特徴づける数値である。統計的推定 2とはそのような母数標本から推定する手続をいう。このような推定値標本誤差 3影響を受け、標本誤差大きさ程度一般的に標準誤差 4によって与えられる時に信頼区間 5という用語が用いられ、あらかじめ定められた確率の下で推定値がその中に落ちると期待される範囲を示す。二つ数値の差が偶然によって生ず確率が、有意水準 7呼ばれる所与数値より小さ場合、その差は有意差 6呼ばれる。たとえば、偶然によって生じる確率が0.05未満場合、その差は5%水準有意であるという。標本誤差加えて観測誤差 8あるいは回答誤差 8推定値影響与える。これらの誤差には通常面接誤差 9含まれるが、それは基礎データ収集される際に面接調査員によってもたらされる系統的誤差である。


標準誤差

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/07 15:51 UTC 版)

標準誤差(ひょうじゅんごさ、: standard error; SE)は、母集団からある数の標本を選ぶとき、選ぶ組み合わせに依って統計量がどの程度ばらつくかを、全ての組み合わせについての標準偏差で表したものをいう。




  1. ^ JIS Z 8101-1 : 1999, 2.37 標準誤差.


「標準誤差」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「標準誤差」の関連用語

標準誤差のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



標準誤差のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
統計学用語辞典統計学用語辞典
Copyright (C) 2020 統計学用語辞典 All rights reserved.
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの標準誤差 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS