標準税率とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 税金 > 税率 > 標準税率の意味・解説 

ひょうじゅん‐ぜいりつ〔ヘウジユン‐〕【標準税率】

地方公共団体地方税課税する際に、通常用いることとされる税率総務大臣地方交付税の額を定める際に基準財政収入額算定基礎として用いる。


標準税率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/24 00:51 UTC 版)

標準税率(ひょうじゅんぜいりつ)とは、地方自治体及び市町村)が課税する場合に通常よるべき税率でその財政上その他の必要があると認める場合においては、これによることを要しない税率をいい、総務大臣地方交付税の額を定める際に基準財政収入額の算定の基礎として用いる税率(地方税法(昭和25年法律第226号)第1条第1項第5項)のことである。




「標準税率」の続きの解説一覧



標準税率と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「標準税率」の関連用語

標準税率のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



標準税率のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの標準税率 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS