法定実効税率とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 税金 > 税率 > 法定実効税率の意味・解説 

法定実効税率

法定実効税率の法定とは、各会社または連結子会社所在する国または地域法律定められている税率を意味し、実効税率とは現実納税者が負担する税額課税標準対す割合を意味します。税効果会計においては一時差異等に法定実効税率を乗じた額が繰延税金資産繰延税金負債計上額の基礎となります。
わが国においては、法定実効税率は次の算式により計算します。

法定実効税率 = 法人税率×(1+住民税率)+事業税率/(1+事業税率)

海外子会社個別財務諸表における税効果会計については、当該国税率基づいて実効税率算定することになりますその場合、累進税率適用されている場合には、標準税率の他に、当該子会社将来所得見込水準反映させた平均税率採用することも考えられます。


法定実効税率

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/18 06:08 UTC 版)

法定実効税率(ほうていじっこうぜいりつ、英:normal effective statutory tax rate)とは、課税所得に対する法人税住民税事業税の表面税率に基づく所定の算定式による総合的な税率をさす。税効果会計における繰延税金資産繰延税金負債は、一時差異に法定実効税率を乗じて算定される。




「法定実効税率」の続きの解説一覧



法定実効税率と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「法定実効税率」の関連用語

法定実効税率のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



法定実効税率のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
株式会社シクミカ株式会社シクミカ
Copyright (C) 2021 株式会社シクミカ. All Rights Reserved.
新日本有限責任監査法人新日本有限責任監査法人
2001-2021 Ernst & Young ShinNihon All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの法定実効税率 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS