日常言語学派とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 日常 > 日常言語学派の意味・解説 

にちじょうげんご‐がくは〔ニチジヤウゲンゴ‐〕【日常言語学派】


にちじょうげんご‐がくは ニチジャウ‥ 【日常言語学派】


日常言語学派

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/08 16:53 UTC 版)

日常言語学派(にちじょうげんごがくは、: ordinary language philosophy)は、伝統的な哲学的問題を、哲学者たちが言葉が日常的な用法では実際に何を意味していたのかを歪め、あるいは忘れることで増大させてきた勘違いに由来するものだとして取りかかる言語哲学の学派。


  1. ^ Wittgenstein, Oxford University Press, (Oxford), 1988, p. 114
  2. ^ Philosophical Investigations, §116, trans. G. E. M. Anscombe, (New York: MacMillan, 1953)





日常言語学派と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「日常言語学派」の関連用語

日常言語学派のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日常言語学派のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日常言語学派 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS