梟とは?

きょう【×梟】

[音]キョウケウ)(呉)(漢) [訓]ふくろう

フクロウ。「鴟梟(しきょう)」

たけだけしい。つよい。「梟悪梟将梟雄

さらし首にする。「梟首

難読梟帥(たける)


さけ【×梟】


ふくろう〔ふくろふ〕【×梟】

フクロウ科全長50センチ全身灰褐色。目が顔の前面並びくちばしは短く、鉤(かぎ)状。夜、羽音をさせずに飛び野ネズミウサギなどを捕食する。ユーラシア温帯寒帯広く分布日本でも平地林にすむ。《 冬》「—の来ぬ夜も長しの声/北枝

フクロウ目フクロウ科鳥のうち、頭に耳のような飾り羽をもつミミズクを除くものの総称。フクロウ・シロフクロウ・アオバズクなど。大部分夜行性

[補説] 作品別項。→梟

梟の画像

ふくろう〔ふくろふ〕【梟】

[一]狂言。弟のようすがおかしいので、兄が山伏加持を頼むが、祈るうちに弟に憑(つ)いていた梟が、兄や山伏にまで取り憑く。別名「梟山伏(ふくろやまぶし)」。

[二]伊藤永之介小説昭和11年(1936)発表東北農民の生活を描いた「鳥類もの」と称される作品一つ


きょう‐・す ケウ‥ 【梟】

〔他サ変〕 首を獄門にさらす。さらし首にする。

扶桑略記(12C初)康平六年二月一六日「梟俘囚安倍貞任、同重任散位藤井経清等三人

随筆折たく柴の記(1716頃)下「其屍の首をきりて紀伊殿に渡され、その郷土に梟(けう)せられ」


さけ【梟】

〔名〕 「ふくろう(梟)」の古名。〔二十巻本和名抄(934頃)〕


ふくろ【梟】

〔名〕 =ふくろう(梟)(一)

太平記14C後)一三「古きの梟(フクロ)の声」


ふくろう ふくろふ 【梟】

1 〔名〕

フクロウ科鳥のうち、頭上に耳状の突き出し羽毛を持たないものの総称ミミズク対する語。ふくろ。《季・冬

大智度論平安初期点(850頃か)一六(あり)・螻(けら)・鵂(フクロフ)」

フクロウ科全長約五〇センチメートル頭部きわめて大きく、顔はほぼ円形頭上に耳状の羽はない。くちばしは短くて太い。顔は灰白色背面腹面はともに灰白色の地に褐色の縦斑がある。額と背の上方は褐色帯びる。ユーラシア北部広く分布し、南は四国九州まで達する。昼は森林の木のこずえで眠り、夜活動してノネズミ・ウサギ・小鳥などを捕食

2 狂言。各流。弟が山からもどって以来様子がおかしいので、兄が山伏加持を頼む。ところが祈るうちに弟に取りついていた梟の精が兄に乗り移りついには山伏まで梟にとりつかれる和泉鷺流では「梟山伏(ふくろやまぶし)」という。


ふくろう 【梟】

フクロウ目フクロウ科。その生態から「夜の鳥」「死の」のイメージ強くギリシア神話では、告げ口したものフクロウ変身させられた話がある。西洋では早くから凶とされるが、女神アテナ信仰だけは、これを聖とする。

作者石川淳

収載図書石川淳全集 第3
出版社筑摩書房
刊行年月1989.7


作者伊藤永之介

収載図書伊藤永之介文学選集
出版社和泉書院
刊行年月1999.7


作者池田シマ

収載図書酒粕
出版社文芸社
刊行年月2000.9


作者尾文

収載図書犬とあひるのいる風景
出版社森啓
刊行年月2008.12
シリーズ名文学街」文庫


読み方:フクロウ(fukurou)

フクロウ科

学名 Strix uralensis


読み方:フクロ(fukuro)

フクロウ目捕食性ので、主に耳羽のないもの

季節

分類 動物


読み方:フクロウ(fukurou)

分野 狂言

年代 成立未詳

作者 作者未詳


読み方:フクロウ(fukurou)

作者 石川淳

初出 昭和25年

ジャンル 小説


読み方:フクロウ(fukurou)

作者 伊藤永之介

初出 昭和11年

ジャンル 小説


読み方:フクロウ(fukurou)

作者 志賀直哉

初出 大正14年

ジャンル 小説


読み方:フクロウ(fukurou)

作者 山崎俊夫

初出 大正8年

ジャンル 戯曲


フクロウ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/10 02:53 UTC 版)

フクロウ(梟、鴞、Strix uralensis)は、鳥綱フクロウ目フクロウ科フクロウ属に分類される鳥類である。別名ウラルフクロウ。


注釈

  1. ^ フクロウ類は羽毛が非常に柔らかく初列風切羽の先が細かく裂けていることから羽音を立てずに飛行することができる。
  2. ^ 他の種類の鳥は視野は約340度と広いが、遠近感をつかめる範囲は約24度と狭い。
  3. ^ 雛へ給餌するために運ばれる鳥類として、アカゲラアリスイオオルリカッコウカワセミカワラバトカワラヒワカラ類キジバトクロジコマドリサシバスズメツグミ類ツツドリヒヨドリホオジロ類ムクドリモズなどが確認されている。
  4. ^ キジコジュケイヤマドリなどのかなり大きなものまで食べる。
  5. ^ 大きなものとしては、ノウサギを巣に運び込もこともある。
  6. ^ 鳥獣調査報告第12号(11月から翌年の2月までにフクロウが食べた物の調査結果、農林水産省
  7. ^ 20年もしくはそれ以上生きるフクロウの個体がいることが知られている。
  8. ^ 東京都の北多摩と南多摩では絶滅危惧IB類(EN)、西多摩では準絶滅危惧(NT)。[要検証]
  9. ^ 千葉県のカテゴリー「重要保護生物(B)」は、環境省の絶滅危惧IB類(EN)相当。
  10. ^ 青森県のカテゴリー「希少野生生物(Cランク)」は、環境省の準絶滅危惧(NT)相当。
  11. ^ 奈良県のカテゴリー「希少種」は、環境省の準絶滅危惧(NT)相当。

出典

  1. ^ Appendices I, II and III<https://cites.org/eng>(Accessed 26/11/2017)
  2. ^ a b UNEP (2017). Strix uralensis. The Species+ Website. Nairobi, Kenya. Compiled by UNEP-WCMC, Cambridge, UK. Available at: www.speciesplus.net. (Accessed 26/11/2017)
  3. ^ a b c BirdLife International. 2016. Strix uralensis. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T22689108A93218506. doi:10.2305/IUCN.UK.2016-3.RLTS.T22689108A93218506.en Downloaded on 26 November 2017.
  4. ^ a b c d Owls, Gill F & D Donsker (Eds). 2017. IOC World Bird List (v 7.3). doi:10.14344/IOC.ML.7.3 (Retrieved 22 November 2017)
  5. ^ a b c d 日本鳥学会「フクロウ」『日本鳥類目録 改訂第7版』日本鳥学会(目録編集委員会)編、日本鳥学会、2012年、211-2頁
  6. ^ a b Clements, J. F., T. S. Schulenberg, M. J. Iliff, D. Roberson, T. A. Fredericks, B. L. Sullivan, and C. L. Wood. 2016. The eBird/Clements checklist of birds of the world: v2016. Downloaded from http://www.birds.cornell.edu/clementschecklist/download/ (Retrieved 22 November 2017)
  7. ^ a b c d e f g h i j k 樋口 (2007)、22頁 引用エラー: 無効な <ref> タグ; name "樋口 (2007)、22頁"が異なる内容で複数回定義されています
  8. ^ 富士元 (1998)、70頁
  9. ^ a b c 樋口 (2007)、17頁
  10. ^ a b c d e f g h i 中川 (2010)、147頁
  11. ^ a b c d e f g h i そのほか、トウホクフクロウという亜種も存在する。
  12. ^ a b c d e 小海途 (2011)、84頁
  13. ^ a b 福田 (1986)、44頁
  14. ^ 中川 (2010)、143頁
  15. ^ 叶内 (2006)、355頁
  16. ^ 中川 (2010)、230頁
  17. ^ a b c d e 高木 (2000)、24頁
  18. ^ a b c d e f g 国松 (1995)、104頁
  19. ^ 樋口 (2007)、21頁
  20. ^ a b c d e 真木 (2012)、150頁
  21. ^ a b c 福田 (1986)、46頁
  22. ^ 福田 (1986)、16頁
  23. ^ a b c d e 福田 (1986)、47頁
  24. ^ a b c 福田 (1986)、6頁
  25. ^ 富士元 (1998)、6頁
  26. ^ 福田 (1986)、17頁
  27. ^ a b 富士元 (1998)、9頁
  28. ^ 福田 (1986)、9頁
  29. ^ 福田 (1986)、2-4頁
  30. ^ 富士元 (1998)、7頁
  31. ^ a b c 小宮 (2011)、32頁
  32. ^ 富士元 (1998)、5頁
  33. ^ a b c d e f g h 樋口 (2007)、24頁
  34. ^ a b c Yoshihito Hongo, Hiroshi Kaneda, "Field Observations of Predation by the Ural Owl Strix uralensis upon the Japanese Horned Beetle Trypoxylus dichotomus septentrionalis," Journal of the Yamashina Institute for Ornithology, Yamashina Institute for Ornithology, 2009, Pages 90-95.
  35. ^ 只野慶子 「ペリットの内容物分析によるフクロウの食性(予報)」『森林野生動物研究会誌』第25・26巻、森林野生動物研究会、2000年、95-98頁。
  36. ^ 白石浩隆・北原正彦 「富士山北麓における人工巣を利用したフクロウの繁殖生態と給餌食物の調査」『富士山研究』第1巻、山梨県環境科学研究所、2007年、17-23頁。
  37. ^ 福田 (1986)、48頁
  38. ^ a b c d 樋口 (2007)、23頁
  39. ^ 滝沢 (2013)、86頁
  40. ^ 風間 (2004)、79頁
  41. ^ 福田 (1986)、28頁
  42. ^ 福田 (1986)、49頁
  43. ^ a b c d e 樋口 (2007)、25頁
  44. ^ 福田 (1986)、20頁
  45. ^ 富士元 (1998)、20頁
  46. ^ 富士元 (1998)、24-25頁
  47. ^ 富士元 (1998)、40頁
  48. ^ a b 樋口 (2007)、27頁
  49. ^ 福田 (1986)、11頁
  50. ^ 大庭 (2007)、22頁
  51. ^ a b 梓川鳥類生態研究会 (1993)、78頁
  52. ^ 要伝寺_親子観
  53. ^ 丸山健司・山田信光 「フクロウ」『岡山県版レッドデータブック2009 絶滅のおそれのある野生生物』、岡山県、2009年、79頁。
  54. ^ 「鳥類(本土部)」『東京都の保護上重要な野生生物種 (本土部) 東京都レッドリスト 2010年版』、東京都、2010年、45-51頁。
  55. ^ 「フクロウ」『埼玉県レッドデータブック2008 動物編』埼玉県環境部みどり自然課編、埼玉県、2011年、98頁。
  56. ^ 高木武・桑原和之 「フクロウ」『千葉県の保護上重要な野生生物種 千葉県レッドデータブック 動物編 2011年改訂版』、千葉県、2011年、89頁。
  57. ^ 前澤昭彦 「フクロウ」『三重県版レッドデータブック2015 三重県の絶滅のおそれのある野生生物』、三重県、2015年、75頁。
  58. ^ 小山信行 「フクロウ」『青森県の希少な野生生物 青森県レッドデータブック(2010年改訂版)』、青森県、2010年、207頁。
  59. ^ a b 風間 (2004)、74頁
  60. ^ 日本のレッドデータ検索システム「フクロウ」”. (エンビジョン環境保全事務局). 2014年2月13日閲覧。 - 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示される。[出典無効]
  61. ^ 東京都の保護上重要な野生生物種(本土部)2010年版 (PDF)”. 東京都. pp. 49 (2010年). 2013年12月21日閲覧。
  62. ^ 千葉県レッドデータブック動物編(2011年改訂版) (PDF)”. 千葉県. pp. 89 (2011年). 2013年12月21日閲覧。
  63. ^ 岡山県版レッドデータブック2009 (PDF)”. 岡山県. pp. 79 (2009年). 2013年12月21日閲覧。
  64. ^ レッドデータブックおおいた2011”. 大分県 (2011年). 2013年12月21日閲覧。
  65. ^ レッドデータブックとちぎ・フクロウ”. 栃木県 (2011年3月). 2013年12月21日閲覧。
  66. ^ 埼玉県レッドデータブック2008動物編 (PDF)”. 埼玉県. pp. 98 (2008年). 2013年7月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年12月21日閲覧。
  67. ^ 岐阜県レッドデータブック(初版)・フクロウ”. 岐阜県 (2002年). 2013年12月21日閲覧。
  68. ^ レッドデータブックあいち2009・フクロウ (PDF)”. 愛知県. pp. 167 (2009年). 2013年12月21日閲覧。
  69. ^ 三重県レッドデータブック2015・フクロウ”. 三重県 (2015年). 2020年9月24日閲覧。
  70. ^ 京都府レッドデータブック・フクロウ”. 京都府 (2002年). 2013年12月21日閲覧。
  71. ^ レッドデータブックとっとり(動物) (PDF)”. 鳥取県. pp. 61 (2012年). 2013年12月21日閲覧。
  72. ^ しまねレッドデータブック・フクロウ”. 島根県 (2004年). 2013年12月21日閲覧。
  73. ^ レッドデータブックやまぐち・フクロウ”. 山口県 (2002年). 2013年12月21日閲覧。
  74. ^ 青森県レッドデータブック(2010年改訂版) (PDF)”. 青森県. pp. 207 (2010年). 2013年12月21日閲覧。
  75. ^ a b 樋口 (2007)、22-23頁
  76. ^ 釧路町の概要”. 釧路町. 2020年9月24日閲覧。
  77. ^ 市の木・花・鳥・昆虫(平成17年4月27日指定)/青森市”. 青森市 (2005年4月27日). 2015年4月12日閲覧。
  78. ^ 花・鳥・木”. 花巻市 (2019年1月18日). 2020年9月24日閲覧。
  79. ^ つくば市のプロフィール「市の花・鳥・木」”. つくば市 (2013年4月1日). 2013年12月22日閲覧。
  80. ^ 市の木・市の花・市の鳥をご紹介します”. 取手市 (2011年5月6日). 2013年12月22日閲覧。[リンク切れ]
  81. ^ 市の木・花・鳥”. 松戸市 (2013年11月25日). 2013年12月22日閲覧。
  82. ^ 市のシンボル(花・木・鳥・昆虫・小動物)”. 北杜市 (2017年12月18日). 2020年9月24日閲覧。
  83. ^ 市の木・花・鳥”. 袋井市 (2010年5月16日). 2020年9月24日閲覧。


「フクロウ」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 01:26 UTC 版)

発音


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「梟」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



梟のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフクロウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS