ふくろうとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > ふくろうの意味・解説 

ふくろ 【梟

ふくろう(梟) 」に同じ。 〔伊京集

【きょう】[漢字]

【 凶 】 [音] キョウ
縁起がわるい。不吉。 「 凶音凶事凶変凶夢吉凶大凶
性質がわるい。おそろしい。 「 凶悪凶漢凶器凶行凶刃凶暴元凶
作物出来がわるい。 「 凶荒凶歳凶作凶年 」 〔「兇」の書き換え字としても用いられる〕
【 兄 】 きやう
⇒ けい〔兄〕 [漢]
【 兇[音] キョウ
おそろしい。わるい。 「 兇悪兇器兇行 」 〔「凶」とも書き換えられる〕
【 共 】 [音] キョウ
ともにする。 「 共栄共学共感共著 ・共通 ・共同共犯共鳴共有
共産主義」「共産党」の略。 「 反共防共容共
【 匡きやう [音] キョウ
ただす。改める。 「 匡正匡弼(きようひつ
【 叫 】 けう [音] キョウ
さけぶ。わめく。 「 叫喚叫号絶叫
【 夾けふ [音] キョウ
はさむ。 「 夾撃夾攻
まじる。 「 夾雑
(はさむように)わきに居て,助ける。 「 夾侍
きやう [音] キョウ ・アン
アンズ。 「 杏花杏仁(きようにんあんにん) ・杏林
イチョウ。 「 銀杏ぎんなん
【 狂 】 きやう [音] キョウ
心の働きが普通でなくなる。 「 狂気狂人狂態
程度が並はずれている。 「 狂喜狂騒狂暴狂奔狂瀾きようらん)熱狂
熱中する。マニア。 「 競馬狂 ・野球狂 」
おどけ。滑稽(こつけい)。 「 狂歌狂句狂言狂詩
【 享 】 きやう [音] キョウ
受け入れる。わがものとする。 「 享持享受享年享有享楽
【 京 】 きやう [音] キョウケイ
みやこ。 「 京都京師(けいし)帰京上京退京帝京東京入京離京
東京」の略。 「 《 ケイ京浜京葉
京都」の略。 「 京風京阪神けいはんしん
北京ペキン」の略。 「 京劇
【 供 】 [音] キョウ ・ク ・グ
さし出す。 「 供給供出供進供託供用供覧 ・提供 」
事情を述べる。供述口供自供
神仏にそなえる。 「 《 キョウ供花 」 「 《 ク 》 供米(くまい)供物(くもつ)供養
貴人のおともをする。 「 供奉(ぐぶ)
【 協 】 けふ [音] キョウ
力や心を合わせる。 「 協会協賛協心協同協力協和
利害意見調整する。 「 協議協商協定協約妥協
協会」「協同組合」「協議会」などの略。 「 生協体協農協
【 怯けふ [音] キョウ
おじけるおびえるいくじがない。臆病(おくびよう)である。 「 怯臆(きようおく怯者怯弱怯懦(きようだ) ・卑怯 ・勇怯
【 況 】 きやう [音] キョウ
ありさま。ようす。 「 概況近況実況状況情況
くらべる。たとえる。なぞらえる。 「 比況
【 俠 けふ [音] キョウ
おとこだておとこぎ。 「 俠客(きようかく俠気俠骨俠者俠婦義俠豪俠任俠遊俠
【 峡 ( 峽 ) 】 けふ [音] キョウ
谷間。はざま。 「 峡間峡江峡谷
細長くせばまった場所。 「 海峡地峡
【 挟 ( 挾 ) 】 けふ [音] キョウ
身につける所持する。 「 挟持挟書
はさむ。さしはさむ。 「 挟撃挟殺
【 拱[音] キョウ
腕をくむ。こまぬく。 「 拱手垂拱
両手抱えた形。アーチ形。 「 拱橋拱構拱門拱廊
【 狭 ( 狹 ) 】 けふ [音] キョウ
広さ間隔がせまい。 「 狭隘(きようあい)狭義狭窄(きようさく)狭小広狭
心がせまい度量小さい。 「 狭量偏狭
【 矜[音] キョウ ・キン
あわれむ。 「 矜育矜恤(きようじゆつ)
うやまう。 「 矜式(きようしよく)
ほこる。自尊心をもつ。 「 矜恃(きようじ)(きんじ)) ・矜持(きようじ)(きんじ)) ・驕矜(きようきよう)
【 香 】 きやう
⇒ こう〔香〕 [漢]
【 恭 】 [音] キョウ
つつしむ。うやうやしい。 「 恭賀恭敬恭倹恭謙恭順
【 恐 】 [音] キョウ
おそれる。 「 恐慌恐妻恐怖
つつしむ。かしこまる。 「 恐悦恐懼(きようく)恐惶(きようこう恐察恐縮
おびやかす。おどす。 「 恐喝
【 胸 】 [音] キョウ
むね。 「 胸囲胸郭胸像胸部気胸
こころ。 「 胸奥胸臆(きようおく胸懐胸襟胸中胸底胸裏
【 脅 】 けふ [音] キョウ
おびやかす。 「 脅威脅嚇(きようかく ・脅喝 ・脅迫
【 脇けふ [音] キョウ
わき。わきばら。 「 脇息
かたわら。そば。 「 脇士(きようじ)脇侍(きようじ)
【 強 】 きやう [音] キョウ ・ゴウ
勢いが盛んである。つよい。 「 強健強硬強剛強弱強壮強大強敵強風強暴 ・強力(きようりよく)ごうりき) ・強烈屈強
つよめる。つよくする。つよまる。 「 強化増強補強
むりに押しつける。しいる。 「 《 キョウ強制強迫強弁強要牽強(けんきよう)勉強 」 「 《 ゴウ 》 強引 ・強姦強訴強盗
こわい。こわばる。頑固。また,したたか。 「 強情(ごうじよう)
【 教 】 けう [音] キョウ
おしえ。おしえる。 「 教案教科教唆教師教示教室教程教導教鞭(きようべん教養文教
宗教宗旨。おしえ。 「 教会教条教祖教団教徒教理異教回教司教邪教新教政教布教仏教密教
【 梟けう [音] キョウ
〔「フクロウ」の意〕
さらし首にする。 「 梟首梟木
【 竟きやう [音] キョウ
ついに。つまるところ。 「 究竟(くつきよう)(くきよう)(きゆうきよう)) ・畢竟(ひつきよう)
おわる。最後。 「 竟宴
【 経 】 きやう
⇒ けい〔経〕 [漢]
【 郷 ( 鄕 ) 】 きやう [音] キョウ ・ゴウ
むらざと。 「 《 キョウ郷兵郷邑(きようゆう 」 「 《 ゴウ郷士郷社在郷
ふるさと。 「 郷関郷愁郷土郷党郷里懐郷帰郷故郷在郷(ざいきよう)ざいごう) ・同郷望郷
ところ。場所。 「 異郷水郷すいごう(すいきよう)) ・仙郷他郷桃源郷理想郷
【 卿きやう
⇒ けい〔卿〕 [漢]
【 喬けう [音] キョウ
たかくそびえる。 「 喬松喬木
【 跫[音] キョウ
あしおと。 「 跫音跫然
【 僑けう [音] キョウ
異郷外国に住んで暮らす。また,その人。 「 僑居印僑華僑
【 境 】 きやう [音] キョウケイ
さかい。 「 境界境内けいだい国境
地域。 「 異境仙境辺境魔境幽境
身の上。 「 境涯境遇境地環境逆境順境心境進境夢境老境
〘仏〙感覚意識対象。 「 声境(しようきよう)六境
【 嬌けう [音] キョウ
なまめかしいあでやか。 「 嬌艶(きようえん嬌姿嬌羞(きようしゆう)嬌声嬌態
かわいらしい。愛らしい。 「 愛嬌
【 鋏けふ [音] キョウ
はさみ。物を切る道具。 「 改鋏入鋏
けう [音] キョウ
はし。二つ地点結びつける構造物。 「 橋脚橋塔橋畔橋梁(きようりよう)架橋鉄橋陸橋
【 興 】 [音] キョウ ・コウ
おもしろいと感じる。 「 興趣興味感興座興酒興不興遊興余興
さかんになる。さかんにする。 「 《 コウ興起興行興業興国興敗興亡興隆再興振興中興復興勃興(ぼつこう)
【 頰 けふ [音] キョウ
ほお。 「 双頰豊頰
【 矯 】 けう [音] キョウ
曲がったものをまっすぐにする。わるいところを正す。ためる。 「 矯正矯風
いつわる。 「 奇矯
強い。勇ましい。激しい。 「 矯激
【 鏡 】 きやう [音] キョウケイ
かがみ。 「 鏡台鏡面鏡裏破鏡明鏡
レンズを用いた道具装置。 「 眼鏡顕微鏡双眼鏡天眼鏡望遠鏡
模範。 「 鏡鑑亀鏡(きけい)ききよう) 」
【 競 】 きやう [音] キョウケイ
きそう。せる。 「 競泳競技競争競走競漕(きようそう競売(きようばいけいばい) ・競馬(けいば)競輪けいりん
【 響 ( 響 ) 】 きやう [音] キョウ
ひびく。ひびき。 「 影響音響反響交響曲
【 饗きやう [音] キョウ
ごちそうをしてもてなす。 「 饗宴饗応饗膳(きようぜん
供物をささげて神を祀(まつ)る。 「 神饗
【 驕けう [音] キョウ
おごりたかぶる。わがままである。 「 驕気驕矜(きようきよう)驕傲(きようごう驕侈(きようし)驕恣(きようし)驕肆(きようし)驕児驕奢(きようしや)驕慢
【 驚 】 きやう [音] キョウ
おどろく。おどろかす。 「 驚異驚愕(きようがく驚喜驚嘆驚倒一驚喫驚驚天動地

ふくろう ふくろふ [2] [3] 【梟

フクロウ目フクロウ科属す鳥の総称全長1570センチメートル。体幅・顔面広く,眼が大きく,脚は太く短い。すべて肉食性で,多く夜行性世界に約130種が知られる。耳のように見え羽角(うかく)のない種をフクロウ羽角ある種ミミズクと呼ぶが,分類学上の区別はない。
一種全長60センチメートル全身灰褐色の地で黄白色や褐色斑がある夜間音もなく飛び小動物捕食する。森林にすみ,ゴロスケホッホと鳴く日本各地のほかユーラシア大陸広く分布する。 [季] 冬。 《 山の宿-啼いてめし遅し虚子
狂言の一。「梟山伏ふくろやまぶし」に同じ。

ふくろう 【梟】

フクロウ目フクロウ科。その生態から「夜の鳥」「死の」のイメージ強くギリシア神話では、告げ口したものフクロウ変身させられた話がある。西洋では早くから凶とされるが、女神アテナ信仰だけは、これを聖とする。

ふくろう

作者小出正吾

収載図書小出正吾児童文学全集 1
出版社審美
刊行年月2000.1


ふくろう

作者ヨシイドク,ヨシイミツ

収載図書ねむりばこ
出版社新風舎
刊行年月2004.7


ふくろう

作者河本克美

収載図書猟師と熊おじいさんが語ってくれたお話
出版社河本克美
刊行年月2007.4


フクロウ

(ふくろう から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/26 06:15 UTC 版)

フクロウ(梟、鴞、Strix uralensis)は、鳥綱フクロウ目フクロウ科フクロウ属に分類される鳥類。


  1. ^ Appendices I, II and III<https://cites.org/eng>(Accessed 26/11/2017)
  2. ^ a b UNEP (2017). Strix uralensis. The Species+ Website. Nairobi, Kenya. Compiled by UNEP-WCMC, Cambridge, UK. Available at: www.speciesplus.net. (Accessed 26/11/2017)
  3. ^ a b c BirdLife International. 2016. Strix uralensis. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T22689108A93218506. doi:10.2305/IUCN.UK.2016-3.RLTS.T22689108A93218506.en Downloaded on 26 November 2017.
  4. ^ a b c d Owls, Gill F & D Donsker (Eds). 2017. IOC World Bird List (v 7.3). doi:10.14344/IOC.ML.7.3 (Retrieved 22 November 2017)
  5. ^ a b c d 日本鳥学会「フクロウ」『日本鳥類目録 改訂第7版』日本鳥学会(目録編集委員会)編、日本鳥学会、2012年、211-2頁
  6. ^ a b Clements, J. F., T. S. Schulenberg, M. J. Iliff, D. Roberson, T. A. Fredericks, B. L. Sullivan, and C. L. Wood. 2016. The eBird/Clements checklist of birds of the world: v2016. Downloaded from http://www.birds.cornell.edu/clementschecklist/download/ (Retrieved 22 November 2017)
  7. ^ a b c d e f g h i j k 樋口 (2007)、22頁
  8. ^ 富士元 (1998)、70頁
  9. ^ a b c 樋口 (2007)、17頁
  10. ^ a b c d e f g h i 中川 (2010)、147頁
  11. ^ a b c d e f g h i 叶内 (2006)、358-359頁
  12. ^ a b c d e 小海途 (2011)、84頁
  13. ^ a b 福田 (1986)、44頁
  14. ^ 中川 (2010)、143頁
  15. ^ 叶内 (2006)、355頁
  16. ^ 中川 (2010)、230頁
  17. ^ a b c d e 高木 (2000)、24頁
  18. ^ a b c d e f g 国松 (1995)、104頁
  19. ^ 樋口 (2007)、21頁
  20. ^ a b c d e 真木 (2012)、150頁
  21. ^ a b c 福田 (1986)、46頁
  22. ^ 福田 (1986)、16頁
  23. ^ a b c d e 福田 (1986)、47頁
  24. ^ a b c 福田 (1986)、6頁
  25. ^ 富士元 (1998)、6頁
  26. ^ 福田 (1986)、17頁
  27. ^ a b 富士元 (1998)、9頁
  28. ^ 福田 (1986)、9頁
  29. ^ 福田 (1986)、2-4頁
  30. ^ 富士元 (1998)、7頁
  31. ^ a b c 小宮 (2011)、32頁
  32. ^ 富士元 (1998)、5頁
  33. ^ a b c d e f g h 樋口 (2007)、24頁
  34. ^ a b c Yoshihito Hongo, Hiroshi Kaneda, "Field Observations of Predation by the Ural Owl Strix uralensis upon the Japanese Horned Beetle Trypoxylus dichotomus septentrionalis," Journal of the Yamashina Institute for Ornithology, Yamashina Institute for Ornithology, 2009, Pages 90-95.
  35. ^ 只野慶子 「ペリットの内容物分析によるフクロウの食性(予報)」『森林野生動物研究会誌』第25・26巻、森林野生動物研究会、2000年、95-98頁。
  36. ^ 白石浩隆・北原正彦 「富士山北麓における人工巣を利用したフクロウの繁殖生態と給餌食物の調査」『富士山研究』第1巻、山梨県環境科学研究所、2007年、17-23頁。
  37. ^ 福田 (1986)、48頁
  38. ^ a b c d 樋口 (2007)、23頁
  39. ^ 滝沢 (2013)、86頁
  40. ^ 風間 (2004)、79頁
  41. ^ 福田 (1986)、28頁
  42. ^ 福田 (1986)、49頁
  43. ^ a b c d e 樋口 (2007)、25頁
  44. ^ 福田 (1986)、20頁
  45. ^ 富士元 (1998)、20頁
  46. ^ 富士元 (1998)、24-25頁
  47. ^ 富士元 (1998)、40頁
  48. ^ a b 樋口 (2007)、27頁
  49. ^ 福田 (1986)、11頁
  50. ^ 大庭 (2007)、22頁
  51. ^ a b 梓川鳥類生態研究会 (1993)、78頁
  52. ^ 要伝寺_親子観
  53. ^ 丸山健司・山田信光 「フクロウ」『岡山県版レッドデータブック2009 絶滅のおそれのある野生生物』、岡山県、2009年、79頁。
  54. ^ 「鳥類(本土部)」『東京都の保護上重要な野生生物種 (本土部) 東京都レッドリスト 2010年版』、東京都、2010年、45-51頁。
  55. ^ 「フクロウ」『埼玉県レッドデータブック2008 動物編』埼玉県環境部みどり自然課編、埼玉県、2011年、98頁。
  56. ^ 高木武・桑原和之 「フクロウ」『千葉県の保護上重要な野生生物種 千葉県レッドデータブック 動物編 2011年改訂版』、千葉県、2011年、89頁。
  57. ^ 前澤昭彦 「フクロウ」『三重県版レッドデータブック2015 三重県の絶滅のおそれのある野生生物』、三重県、2015年、75頁。
  58. ^ 小山信行 「フクロウ」『青森県の希少な野生生物 青森県レッドデータブック(2010年改訂版)』、青森県、2010年、207頁。
  59. ^ a b 風間 (2004)、74頁
  60. ^ a b 樋口 (2007)、22-23頁
  61. ^ 日本のレッドデータ検索システム「フクロウ」”. (エンビジョン環境保全事務局). 2014年2月13日閲覧。 - 「都道府県指定状況を一覧表で表示」をクリックすると、出典元の各都道府県のレッドデータブックのカテゴリー名が一覧表示される。[出典無効]
  62. ^ 東京都の保護上重要な野生生物種(本土部)2010年版 (PDF)”. 東京都. pp. 49 (2010年). 2013年12月21日閲覧。
  63. ^ 千葉県レッドデータブック動物編(2011年改訂版) (PDF)”. 千葉県. pp. 89 (2011年). 2013年12月21日閲覧。
  64. ^ 岡山県版レッドデータブック2009 (PDF)”. 岡山県. pp. 79 (2009年). 2013年12月21日閲覧。
  65. ^ レッドデータブックおおいた2011”. 大分県 (2011年). 2013年12月21日閲覧。
  66. ^ レッドデータブックとちぎ・フクロウ”. 栃木県 (2011年3月). 2013年12月21日閲覧。
  67. ^ 埼玉県レッドデータブック2008動物編 (PDF)”. 埼玉県. pp. 98 (2008年). 2013年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月21日閲覧。
  68. ^ 岐阜県レッドデータブック(初版)・フクロウ”. 岐阜県 (2002年). 2013年12月21日閲覧。
  69. ^ レッドデータブックあいち2009・フクロウ (PDF)”. 愛知県. pp. 167 (2009年). 2013年12月21日閲覧。
  70. ^ 三重県レッドデータブック2005・フクロウ”. 三重県 (2005年). 2013年12月21日閲覧。[リンク切れ]
  71. ^ 京都府レッドデータブック・フクロウ”. 京都府 (2002年). 2013年12月21日閲覧。
  72. ^ レッドデータブックとっとり(動物) (PDF)”. 鳥取県. pp. 61 (2012年). 2013年12月21日閲覧。
  73. ^ しまねレッドデータブック・フクロウ”. 島根県 (2004年). 2013年12月21日閲覧。
  74. ^ レッドデータブックやまぐち・フクロウ”. 山口県 (2002年). 2013年12月21日閲覧。
  75. ^ 青森県レッドデータブック(2010年改訂版) (PDF)”. 青森県. pp. 207 (2010年). 2013年12月21日閲覧。
  76. ^ 釧路町の概要”. 釧路町. 2013年12月22日閲覧。[リンク切れ]
  77. ^ 市の木・花・鳥・昆虫(平成17年4月27日指定)/青森市”. 青森市 (2005年4月27日). 2015年4月12日閲覧。
  78. ^ 花・鳥・木”. 花巻市. 2013年12月22日閲覧。[リンク切れ]
  79. ^ つくば市のプロフィール「市の花・鳥・木」”. つくば市 (2013年4月1日). 2013年12月22日閲覧。
  80. ^ 市の木・市の花・市の鳥をご紹介します”. 取手市 (2011年5月6日). 2013年12月22日閲覧。[リンク切れ]
  81. ^ 市の木・花・鳥”. 松戸市 (2013年11月25日). 2013年12月22日閲覧。
  82. ^ 市のシンボル(花・木・鳥・昆虫・小動物)”. 北杜市 (2011年6月24日). 2013年12月22日閲覧。[リンク切れ]
  83. ^ 市の木・花・鳥”. 袋井市 (2010年5月16日). 2013年12月22日閲覧。[リンク切れ]
  1. ^ フクロウ類は羽毛が非常に柔らかく初列風切羽の先が細かく裂けていることから羽音を立てずに飛行することができる。
  2. ^ 他の種類の鳥は視野は約340度と広いが、遠近感をつかめる範囲は約24度と狭い。
  3. ^ 雛へ給餌するために運ばれる鳥類として、アカゲラアリスイオオルリカッコウカワセミカワラバトカワラヒワカラ類キジバトクロジコマドリサシバスズメツグミ類ツツドリヒヨドリホオジロ類ムクドリモズなどが確認されている。
  4. ^ キジコジュケイヤマドリなどのかなり大きなものまで食べる。
  5. ^ 大きなものとしては、ノウサギを巣に運び込もこともある。
  6. ^ 鳥獣調査報告第12号(11月から翌年の2月までにフクロウが食べた物の調査結果、農林水産省
  7. ^ 20年もしくはそれ以上生きるフクロウの個体がいることが知られている。
  8. ^ 東京都の北多摩と南多摩では絶滅危惧IB類(EN)、西多摩では準絶滅危惧(NT)。[要検証]
  9. ^ 千葉県のカテゴリー「重要保護生物(B)」は、環境省の絶滅危惧IB類(EN)相当。
  10. ^ 青森県のカテゴリー「希少野生生物(Cランク)」は、環境省の準絶滅危惧(NT)相当。
  11. ^ 奈良県のカテゴリー「希少種」は、環境省の準絶滅危惧(NT)相当。


「フクロウ」の続きの解説一覧


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ふくろう」の関連用語

ふくろうのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ふくろうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフクロウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS