取り憑くとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 取り憑くの意味・解説 

とり‐つ・く【取(り)付く】

読み方:とりつく

【一】[動カ五(四)

しっかりとつかまる。すがりつくとりすがる。「救命ブイに―・く」

しっかりと組みつく組みかかる。「岩場に―・く」「一人に五、六人が―・く」

新しく物事を始める。着手するとりかかる。「家の普請に―・く」

きっかけをつかむ。手がかりを得る。「―・きようのない難問

(「取り憑く」とも書く)心霊魔物乗り移るつきものがつく。「怨霊が―・く」

(「取り憑く」とも書く)ある感情などが根付いて離れなくなる。「強迫観念に―・かれる」

【二】[動カ下二とりつける」の文語形


取り憑く

作者多島斗志之

収載図書もの静かな女たち
出版社実業之日本社
刊行年月1996.11


取り憑く

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 03:42 UTC 版)

和語の漢字表記

憑くとりつく

  1. とりつくを参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「取り憑く」の関連用語

取り憑くのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



取り憑くのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの取り憑く (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS