エアーポンプとは?

Weblio 辞書 > スポーツ > 自転車用語 > エアーポンプの意味・解説 

エア‐ポンプ【air pump】

空気を吸出または注入するためのポンプ容器内の空気吸出し排除する真空ポンプと、注入して圧縮する圧縮ポンプとがある。空気ポンプ


エアーポンプ

空気入れ携帯用小さいものをインフレーター大きいものをフロアポンプという。
エアーポンプ

ポンプ

(エアーポンプ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/22 00:18 UTC 版)

ポンプ喞筒、オランダ語: pomp)は圧力の作用によって液体気体を吸い上げたり送ったりするための機械[1]。機械的なエネルギーで圧力差を発生させ液体や気体の運動エネルギーに変換させる流体機械である。喞筒(そくとう)ともいう。




  1. ^ ディーゼルエンジンの噴射ポンプも当初は空気噴射式であった[4]


「ポンプ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エアーポンプ」の関連用語

エアーポンプのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



エアーポンプのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Be.BIKEBe.BIKE
Copyright(C) 2001- 2021 CAR MATE MFG.CO.,LTD. All Rights Reserved.
Be.BIKE自転車用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポンプ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS