手詰まりとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 手詰 > 手詰まりの意味・解説 

て‐づまり【手詰(ま)り】

施すべき手段方法がなくて困ること。特に、金銭工面に困ること。「交渉が手詰まりの状態になる」

囲碁・将棋で、局面を有利に進める望みのない状態。てづめ。


手詰まり

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

手詰まり

市場人気だけに便乗して次々物色した結果ひとわたり買い尽くして買うものがないこと。
市場人気上げ基調にあるため、それに便乗しようと次から次へ物色してはみたものの、とくに支援材料がないため、買うがなくなった状態を指します。証券会社などが人気盛り上げたい時、次々に手がけても笛吹けど踊らずで、手詰まり状態になることは少なくありません。手詰まりと似た表現に「買いもたれ」があります。これは、どの層の投資家手持ちが増え、買い過ぎた状態のため、新たな買い意慾が薄れることを指します。



手詰まりと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「手詰まり」の関連用語

手詰まりのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



手詰まりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2020 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS