大陸会議とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 機関 > 機関 > 大陸会議の意味・解説 

たいりく‐かいぎ〔‐クワイギ〕【大陸会議】


大陸会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/13 03:14 UTC 版)

大陸会議(たいりくかいぎ、: Continental Congress)は、イギリス本国の高圧的な植民地経営に対して北アメリカ13州の自治意識が高まり、1774年から開催された各植民地代表による会議である。第1次大陸会議と第2次大陸会議があり、アメリカ合衆国の独立承認後は連合会議(1781年 - 1789年)に発展するが、この連合会議を含めて大陸会議と総称することがある。


  1. ^ Ferling, John. (2003). A Leap in the Dark. Oxford University Press. p. 112 
  2. ^ Risjord, Norman K. (2002). Jefferson's America, 1760-1815. Rowman & Littlefield. p. 114 
  3. ^ a b Greene, Evarts Boutell (1922). The Foundations of American Nationality. American Book Company.. p. . 434 
  4. ^ Miller, Marion Mills (1913). Great Debates in American Hist: From the Debates in the British Parliament on the Colonial Stamp. Current Literature Pub. Butts. Co. p. 91 
  5. ^ a b Kramnick, Isaac (ed); Thomas Paine (1982). Common Sense. Penguin Classics. p. 21 
  6. ^ Ketchum, pg. 262
  7. ^ Launitz-Schurer pg. 144
  8. ^ Worthington C. Ford, et al. (ed.), ed. Journals of the Continental Congress, 1774–1789. pp. 2:192–193. http://memory.loc.gov/cgi-bin/query/r?ammem/hlaw:@field(DOCID+@lit(jc00266)) 
  9. ^ Cogliano, Revolutionary America, 1763-1815, 59.
  10. ^ Find Documents: Results
  11. ^ Bancroft, Ch. 34, p.353 (online)
  12. ^ Miller (1948) ch 22
  13. ^ Burnett, Continental Congress, 503.
  14. ^ Burnett, Continental Congress, 64–67.
  15. ^ Fowler, Baron of Beacon Hill, 189.
  16. ^ Worthington C. Ford, et al. (ed.), ed (1904–1939). Journals of the Continental Congress, 1774–1789. Washington, DC. pp. 2:44–48. http://memory.loc.gov/cgi-bin/query/r?ammem/hlaw:@field(DOCID+@lit(jc0028)) 
  17. ^ ibid.. pp. 2:192–193. http://memory.loc.gov/cgi-bin/query/r?ammem/hlaw:@field(DOCID+@lit(jc00266)) 


「大陸会議」の続きの解説一覧

大陸会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 14:41 UTC 版)

サミュエル・アダムズ」の記事における「大陸会議」の解説

1774年9月フィラデルフィア開催され第一次大陸会議の植民地表の一人にアダムズ選ばれた会議の席で、アダムズ独立主張する最初でしかも最も声の大きな者の一人となった1775年イギリス軍トマス・ゲイジマサチューセッツ反逆者に対して発した恩赦からはアダムズジョン・ハンコックのみ外されていたことは特筆値する)。アダムズ第二次大陸会議でもマサチューセッツ代表となり、1775年5月から1781年で会議かつ戦争委員会 などの推進者となったアダムズ経歴の中で頂点は、1776年アメリカ独立宣言署名したであったこの後アダムズは、強い中央政府警戒し連合規約体現される分権政府考え発展させ採択させる主導者となったアダムズ連合規約にも1777年署名したアダムズ見解同じくした他のと同様に、ジョージ・ワシントン将軍大陸軍それ自体疑い毛嫌いしていた。アダムズは、軍隊には「怠け者臆病者...酔っぱらい将軍」 ばかりだと言った。さらに「アメリカの罪は軍隊維持していることによって罰せられる」とも言ったアダムズ1781年まで大陸会議で活動しこの年マサチューセッツ議会議員選ばれたアダムズマサチューセッツ議会議長1年間務めた他、1788年まで議員であった

※この「大陸会議」の解説は、「サミュエル・アダムズ」の解説の一部です。
「大陸会議」を含む「サミュエル・アダムズ」の記事については、「サミュエル・アダムズ」の概要を参照ください。


大陸会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 04:41 UTC 版)

ロジャー・シャーマン」の記事における「大陸会議」の解説

1775年アメリカ独立戦争開始されたとき、コネチカット知事安全委員会委員指名され、またコネチカット軍の警視にも指名された。1774年に大陸会議代表に選ばれ戦争が続く間活動的に奉仕し仲間代議員目に高い尊敬勝ちとり、アメリカ独立宣言起草した五人委員会でも働いた

※この「大陸会議」の解説は、「ロジャー・シャーマン」の解説の一部です。
「大陸会議」を含む「ロジャー・シャーマン」の記事については、「ロジャー・シャーマン」の概要を参照ください。


大陸会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 07:47 UTC 版)

ジョン・アダムズ」の記事における「大陸会議」の解説

マサチューセッツ湾植民地1774年第一次大陸会議および1775年から1777年第二次大陸会議にアダムズ代議員として送った1775年6月植民地統合促進するという見解によって、バージニア植民地出身ジョージ・ワシントンボストン周辺集結していた軍隊司令長官指名した。大陸会議におけるアダムズ影響力大きく、ほぼその開始当初からイギリスとの恒久的な分離求めた1776年5月15日、大陸会議は13ヶ月前のレキシントン・コンコードの戦い始まった敵対関係激しくなったことに対応し植民地それぞれの憲法確立し独立した州の前身になることを奨励した独立した憲法起草する決議は、アダムズ言っているように「独立そのもの」だった。 その後10年間あらゆる邦から集まったアメリカ人新し統治のための文書考案した憲法書くこと急進的であると同様に(以前に行われた会議では、政府組織形態法制化する必要が無く単一文書書かれ構成法である必要も無いとされていた)、1776年夏が明けたときのアメリカ政治思想性格同じくらい急進的だった。

※この「大陸会議」の解説は、「ジョン・アダムズ」の解説の一部です。
「大陸会議」を含む「ジョン・アダムズ」の記事については、「ジョン・アダムズ」の概要を参照ください。


大陸会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/04 21:38 UTC 版)

ジョセフ・ヒューズ」の記事における「大陸会議」の解説

1773年までに、ノースカロライナ過半数独立賛成となったノースカロライナ1774年第一次大陸会議代表にヒューズ選んだノースカロライナ大衆は、アメリカの独立側に立つヒューズ行動力故に最良の代表と考えたし、そのこと他の植民地大衆にも訴えることになったアメリカ大衆独立望んでいたが、大陸会議では笑われた叱られたりすることなし意見表明することが大変難しいこと分かった独立に向かっている年でも、3分の2以上の大陸会議代議員依然イギリス国王ジョージ3世との結び付き信じており、植民地はまだそれまでの形を保っていけるものと信じていた。ヒューズは大陸会議で彼に同意しない者達によってよく妨害されたので、めったに演説することができなかった。それにも拘らず多くの委員会活動積極的に関わり、その大半は独立に賛成していた。そのような委員会一つ通信委員会であり、独立支持する概念提唱していた。ヒューズがこの委員会提案した概念一つとして、「一般に植民地権利言うならばこれらの権利破られ侵害されている幾つかの例と、それら権利取り戻すために追求すべき最も適当な手段述べよう。」と言った伝統的にクエーカー平和を愛する者である。皮肉なことにヒューズイギリスに対する戦争賛成する側の一人であるだけでなく、大陸会議でも数少ないクエーカー一人であった。クエーカー戦争に反対するだけでなく、戦争支持する委員会にも強く反対していた。ヒューズ相反する見解故にクエーカーとの絆を断ち、彼が昔から良く知っている唯一の家庭との絆も断たなければならなかった。

※この「大陸会議」の解説は、「ジョセフ・ヒューズ」の解説の一部です。
「大陸会議」を含む「ジョセフ・ヒューズ」の記事については、「ジョセフ・ヒューズ」の概要を参照ください。


大陸会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/06 07:07 UTC 版)

サミュエル・チェイス」の記事における「大陸会議」の解説

1774年から1776年にかけてメリーランド革命政府であるアナポリス会議一員であった。大陸会議ではメリーランド代表となり、1775年にも再選されアメリカ独立宣言署名した。 大陸会議には1778年まで代表を務めた。大陸会議の地位を通じてインサイダー情報使い小麦商品買占めしようという目論見関わりその結果大陸会議には戻れなくなり評判落とした

※この「大陸会議」の解説は、「サミュエル・チェイス」の解説の一部です。
「大陸会議」を含む「サミュエル・チェイス」の記事については、「サミュエル・チェイス」の概要を参照ください。


大陸会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/01 04:03 UTC 版)

ジョサイア・バートレット」の記事における「大陸会議」の解説

1775年バートレットは再び大陸会議代議員選ばれこの時1776年会期には出席した実のところ1775年遅く1776年初めにニューハンプシャーから出席した代議員バートレットけだった。大陸会議の仕事の多く委員会行われたその中で最も重要なものは各植民地からの代議員出ていたので、バートレットそれらの全てに参加することになった。安全、秘密軍需品海事および市民政府委員会があった。これら委員会では詳細まで理解し懸命に働いたので、大陸会議の中で最も影響力ある一員となった。ただし、代議員全員による議論ではあまり活発ではなかった。 ニューハンプシャー議会安全委員会には事情手紙報告し続けたので、ウィリアム・ホィップルマシュー・ソーントン代議員追加されフィラデルフィア到着した1776年イギリスからの独立という議論公式に取り上げられたとき、最北植民地代表としてバートレット一番に賛否問われバートレット賛成表明した1776年8月2日アメリカ独立宣言正本代議員署名するとき、バートレット順序議長ジョン・ハンコック続いて2人目だった1777年それまで活動による疲労訴えて代議員辞退した。しかし、イギリス軍脅威があった8月ベニントンの戦いではその医術使ってジョン・スターク部隊従軍した1778年にも代議員再選され連合規約起草する委員会働いた。しかし、規約採択され後で家事の都合でニューハンプシャー戻ったバートレットあまりに長く家族のことをほったらかしにしていたと感じたので、連邦政府に対する奉仕はこれが最後となった実際にバートレット1776年に大陸会議に務めている間、妻のメアリー農園運営し、家の再建最後まで監督し9人の子供面倒を見、さらにハンナ生んでいた。

※この「大陸会議」の解説は、「ジョサイア・バートレット」の解説の一部です。
「大陸会議」を含む「ジョサイア・バートレット」の記事については、「ジョサイア・バートレット」の概要を参照ください。


大陸会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/05 02:01 UTC 版)

ジョン・ディキンソン (政治家)」の記事における「大陸会議」の解説

1774年第1次大陸会議および1775年第2次大陸会議において、ディキンソンペンシルベニア邦代表の1人であったディキンソンイギリスとの和解望みいくつも宣言案や決議案起草した。特に有名なものは、トマス・ジェファーソンとともに起草した武力行使大義必要性に関する宣言』であり、「(我々アメリカ人は)奴隷として生きるよりも、自由民として死ぬことを決意した」という結びは、植民地からの独立に大きな影響与えたその一方で、あくまで圧政撤廃のみを要求しイギリスからの分離独立望まぬ声が高かったことからディキンソン国王への忠誠表明和解求める『オリーブの枝請願』も起草した。そして大陸会議での採択後にイギリス本国使者送り国王ジョージ3世直訴試みた。だがジョージ3世使者との面会拒否し、「植民地反乱状態にある」との布告発した1775年末にイギリス議会植民地武力鎮圧宣言すると、大陸会議は全面戦争の方針を固めアメリカ独立宣言採択へと動き出した。ディキンソンは大陸会議での論争敬遠し議場後方に退いて独立宣言決議投票棄権したディキンソンは「諸邦安定した政府確立しておらず、外国援助取り付けてはいなかった。そして正常に機能する連合結成されていなかった」と理由述べ投票拒否したことの意味について理解求めた独立宣言採択後、ディキンソンペンシルベニア市民軍准将となったディキンソンは約1万人の民兵率いてニュージャージー邦エリザベスに陣を敷きスタテン島からのイギリス軍の攻撃備えた。だがイギリス軍はまった別の方向から攻撃してきた。ディキンソン独立に対してあまり積極的な立場をとってこなかったことからペンシルベニア議会ディキンソンを大陸会議の代表から更迭した。ディキンソン1776年12月市民軍離れデラウェア邦ケント郡自宅「ポプラ・ホール」へと戻った。それから間もなくフィラデルフィアディキンソン暮らしていた自宅没収され病院へと改装された。だがこのような逆風の中でも、ディキンソン自身の感情に常に正直に動き続けることを主張した

※この「大陸会議」の解説は、「ジョン・ディキンソン (政治家)」の解説の一部です。
「大陸会議」を含む「ジョン・ディキンソン (政治家)」の記事については、「ジョン・ディキンソン (政治家)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「大陸会議」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「大陸会議」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



大陸会議と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

大陸会議のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大陸会議のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大陸会議 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのサミュエル・アダムズ (改訂履歴)、ロジャー・シャーマン (改訂履歴)、ジョン・アダムズ (改訂履歴)、ジョセフ・ヒューズ (改訂履歴)、サミュエル・チェイス (改訂履歴)、ジョサイア・バートレット (改訂履歴)、ジョン・ディキンソン (政治家) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS