死産とは?

し ざん [1][0] 【死産】

( 名 ) スル
〔「しさん」とも〕
胎児が死んだ状態で分娩されること。法律上妊娠か月一三週)以後についていう。


死産

読み方:しざん

胎児子宮外で生存できる時期達してから、死んだ胎児娩出された場合のこと。

 子宮外で生存できる時期達し胎児が、死んで娩出された場合のことを指しています。
 厚生労働省は、妊娠12以降死亡した胎児出産することを死産と定義し、市区町村への届け出義務付けています。
 死産を引き起こす原因赤ちゃん自身先天性異常母体側の要因などさまざまです。


死産

【英】Stillbirth
読み方:しざん

子宮内で死亡した胎児娩出すること。

死産

【英】Stillbirth
読み方:しざん

子宮内で既に死亡した胎児娩出するっこと。

死産

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/24 05:40 UTC 版)

死産(しざん、: Stillbirth、fetal death)は、胎児が子宮外での生活能力を獲得する時期に達してから、死んだ胎児が娩出される場合を示す。分娩直前あるいは分娩中において胎児が死亡した場合も死産に含まれる。




「死産」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「死産」の関連用語

死産のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



死産のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
厚生労働省厚生労働省
(C)2020 Ministry of Health, Labour and Welfare, All Right reserved.
e-ヘルスネット
国立医薬品食品衛生研究所国立医薬品食品衛生研究所
COPYRIGHT (C) 2020 National Institute of Health Sciences ALL RIGHTS RESERVED.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの死産 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS