活動範囲とは? わかりやすく解説

活動範囲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 14:17 UTC 版)

海上保安庁」の記事における「活動範囲」の解説

海上保安庁法第1条規定では、「海上」とあるのみで、地理的な限界定められていない。しかし、主な活動海域は、日本の領海接続水域排他的経済水域EEZ)、日米SAR協定基づ捜索救助区域本土より南東1,200海里程度)である。このうち領海EEZ合わせた面積だけでも約447万平キロメートルあり、領土(約38万平キロメートル)の約11.8倍に相当する。これにSAR協定分担を合わせると、国土面積の約36倍という広大な水域担当していることになる。捜索救難任務で、海上保安庁巡視船航空機だけでは対処困難な場合には、各管区海上保安本部から海上自衛隊航空自衛隊災害派遣要請出される災害派遣要請受けた海上自衛隊では、護衛艦哨戒機救難飛行隊などを出動させて海上保安庁活動協力する態勢敷かれる同様に航空自衛隊の場合は、主に航空救難団救難隊1958年昭和33年)より数多く捜索救難などの活動海上保安庁協力してきている。 活動範囲は当初、「港、湾、海峡その他の日本国の沿岸水域において」(制定時海上保安庁法第1条第1項)と限定されていたが、後に改正されて単に「海上において」と規定され、活動範囲の限定が解除された。活動範囲は全世界及んでおり、一例として、専用船しきしま」によるヨーロッパ - 日本間プルトニウム輸送護衛任務マラッカ海峡おける海賊捜索任務などがある。内陸部大規模災害発生した場合は、自治体関係機関からの要請に基づき内陸部での救助活動にあたることもあり、活動範囲は幅広い海上保安庁任務は、「海上における犯罪の予防および鎮圧海上における犯人の捜査および逮捕」(海上保安庁法第2条第1項であることを根拠に海上保安官陸上おいても捜査情報収集活動を行うことが可能である海上保安庁陸上における業務の法的根拠としては、海上におけるの文言は「犯罪」「犯人」に掛かる修飾語であり、犯罪の予防鎮圧捜査逮捕海上限定するであれば犯罪海上における予防および鎮圧」となることから、この部分法的解釈根拠となっている。したがって、海上発生した犯罪の捜査犯人の逮捕のために海上保安官陸上にまで及んで活動することは、法律上可能であるアメリカ沿岸警備隊では海洋調査の一環として南極観測船運用担当しており、日本おいても1957年昭和32年)から1962年昭和37年)までの南極観測船(第1~6次)については海上保安庁運用していたが、1965年昭和40年以降の南極観測船海上自衛隊運用している。 その任務過程得たノウハウを各国水上警察沿岸警備隊提供することもある。マレーシア、インドネシアフィリピンなどの東南アジアには、海上保安庁職員退職者国際協力機構を通じて人員派遣している。

※この「活動範囲」の解説は、「海上保安庁」の解説の一部です。
「活動範囲」を含む「海上保安庁」の記事については、「海上保安庁」の概要を参照ください。


活動範囲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/09 02:04 UTC 版)

エゾモモンガ」の記事における「活動範囲」の解説

活動範囲は巣を中心とした領域で、その広さオスで約2ヘクタールha)・メスでは約1ヘクタールである。メス少なくとも繁殖期縄張り持ち互いに縄張り重なり合わないが、オス縄張り持たずメスより広い行動圏を持ちオス同士行動圏大きく重なる。 本種はほとんど樹上生活それに類する生活を送っており、地面降りることはほとんどなく、雪面地面足跡見ることほとんどないが、地面跳躍歩調する際にも飛膜広げるため揚力働き着地圧が軽減され手足着地痕が不鮮明になりやす一方で新雪上では雪面飛膜痕が残ることが多い。また爪が鋭いため垂直の樹木建造物などモルタル壁の表面を垂直・上下左右へ自由に移動できる

※この「活動範囲」の解説は、「エゾモモンガ」の解説の一部です。
「活動範囲」を含む「エゾモモンガ」の記事については、「エゾモモンガ」の概要を参照ください。


活動範囲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2009/02/13 08:19 UTC 版)

バラーナ族」の記事における「活動範囲」の解説

パキスタンボーラーン峠の名は、「バラーナ」に由来するとして、これを根拠にバラーナ族アフガニスタン存在したカーブリスターン東部にいたという説がある。

※この「活動範囲」の解説は、「バラーナ族」の解説の一部です。
「活動範囲」を含む「バラーナ族」の記事については、「バラーナ族」の概要を参照ください。


活動範囲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/24 07:06 UTC 版)

渡航医学」の記事における「活動範囲」の解説

渡航医学含まれる活動として、渡航前相談検診旅行中不慮の事故への備え旅行後の健康相談などが含まれる地域別健康情報飛行機旅行そのものによる危険についてなど、基礎となる情報世界保健機関旅行情報 (英語)として提供されている他にもアメリカ疾病予防管理センター(CDC)の旅行情報 (英語)や日本の厚生労働省検疫所から有用な情報得られるカバーすべき内容メインは、ワクチン予防接種だが、他に6つのI」として、次のようなアドバイス行われる虫刺され(Insects): 虫除け蚊帳マラリア予防薬 食中毒(Ingestions): 水質食べ物への注意旅行者下痢症対症療法など 分別のある行動(Indiscretion): HIV性感染症 外傷(Injuries): 事故避け工夫身の安全守り方、破傷風狂犬病 に触れる際の注意(Immersion): 住血吸虫症 旅行保険活用(Insurance): 担保内容確認や、具体的な治療の受け方指導

※この「活動範囲」の解説は、「渡航医学」の解説の一部です。
「活動範囲」を含む「渡航医学」の記事については、「渡航医学」の概要を参照ください。


活動範囲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/01 05:23 UTC 版)

重大不正捜査局」の記事における「活動範囲」の解説

SFO重大な経済犯罪捜査するための専門家集団であるので、捜査に取掛かるかどうか、以下のような基準判断する詐欺疑われる金額100万ポンド上である 国際的に意義がある 社会への関心広がる見込まれる 金融市場などへの高い専門知識要求される SFO与えられた強制権限必要である

※この「活動範囲」の解説は、「重大不正捜査局」の解説の一部です。
「活動範囲」を含む「重大不正捜査局」の記事については、「重大不正捜査局」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「活動範囲」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「活動範囲」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「活動範囲」の関連用語

活動範囲のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



活動範囲のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの海上保安庁 (改訂履歴)、エゾモモンガ (改訂履歴)、バラーナ族 (改訂履歴)、渡航医学 (改訂履歴)、重大不正捜査局 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS