対象外とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 対象外の意味・解説 

対象外


対象外

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/03 02:44 UTC 版)

マイライン」の記事における「対象外」の解説

110警察)、118海上保安庁)、119消防)、117時報)、0120フリーダイヤル)、0570ナビダイヤル)、0990ダイヤルQ2)、0180テレゴングテレドームデータドーム)、0170(伝言ダイヤル)などの特殊な番号への通話携帯電話へ通話公衆電話からの通話は対象外である。特殊番号への通話については、常にNTTグループ利用される携帯電話へ通話については通常通りダイヤルする携帯電話オペレータ設定した通話料金がかかるが、一部固定電話キャリア割安な中継サービス開始した。ただし、携帯電話へ通話については「マイライン」や「マイラインプラス」の登録対象となっていないので中継サービス利用する際は00xx(事業者識別番号)-090-yyyy-zzzz00xx(事業者識別番号)-080-yyyy-zzzz00xx(事業者識別番号)-070-yyyy-zzzzとダイヤルする必要がある携帯電話であってもひかり電話回線の場合はこの事業者識別番号をつけた通話不可だが、NTT東日本地域ひかり電話から掛けた場合通話料は、加入電話で0036をつけた場合同額設定されている。 2013年11月1日より、070から始ま携帯電話対象となった。同じ070でもPHSについては、事業者により対応が分かれていた(詳細マイライン参加企業と事業者識別番号参照)。 LCR機能しているとマイラインの場合はマイライン登録通信事業者よりもLCR選択した通信事業者優先されるマイラインプラスの場合はLCR解除特番122付加しないためLCR影響はないが、マイラインプラス登録通信事業者LCR装置選択した通信事業者違っている場合電話をかけるたびに毎回○○○○登録した通信事業者名)でおつなぎしております」といった内容音声ガイダンス流れてから相手先につながる。この音声ガイダンス流さないようにするにはマイラインプラス登録通信事業者LCR装置選択する通信事業者同じにするか、あるいはLCROFFにするかどちらかの対応が必要となる。

※この「対象外」の解説は、「マイライン」の解説の一部です。
「対象外」を含む「マイライン」の記事については、「マイライン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「対象外」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「対象外」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「対象外」に関係したコラム

  • 日本国内のFX業者の法人向けレバレッジ比較

    2012年5月現在、日本国内のFX業者の法人向けレバレッジの比較一覧です。レバレッジの倍率は個人の場合、「金融商品取引業等に関する内閣府令」により、2011年8月から最大25倍までに規制されています。

  • 株式の投資判断とは

    株式の投資判断とは、証券会社などの証券アナリストが銘柄を分析して投資判断を下すことです。投資判断では、「1、2、3」のような数字で表現したり、「売り、買い、中立」、「Underweight、Overw...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

対象外のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



対象外のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマイライン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS