対象地域とは? わかりやすく解説

対象地域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/26 23:48 UTC 版)

東日本大震災に伴う地上デジタル放送に係る電波法の特例に関する法律」の記事における「対象地域」の解説

総務省2011年4月20日岩手宮城福島の3県に関してアナログ放送停波延期検討し他の地域に関して予定通りアナログ放送終了する発表した。 この決定に先立ち総務省では震災によるテレビ関連被害デジタル化業務への影響について調査行った。これによると、関東地方1都6県被害大きかった茨城県千葉県を含む)及び青森秋田・山形の3県は地震等による送信所ケーブルテレビ等被害認められず、受信施設等被害確認されるとどまった。またデジサポ3月中にほぼ通常業務戻っている。

※この「対象地域」の解説は、「東日本大震災に伴う地上デジタル放送に係る電波法の特例に関する法律」の解説の一部です。
「対象地域」を含む「東日本大震災に伴う地上デジタル放送に係る電波法の特例に関する法律」の記事については、「東日本大震災に伴う地上デジタル放送に係る電波法の特例に関する法律」の概要を参照ください。


対象地域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/03 07:50 UTC 版)

運河ルネサンス」の記事における「対象地域」の解説

2019年8月現在、芝浦地区品川浦・天王洲地区朝潮地区勝島浜川鮫洲地区及び豊洲地区の5地区が対象地域となっている。

※この「対象地域」の解説は、「運河ルネサンス」の解説の一部です。
「対象地域」を含む「運河ルネサンス」の記事については、「運河ルネサンス」の概要を参照ください。


対象地域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 08:54 UTC 版)

大東亜戦争」の記事における「対象地域」の解説

松岡大東亜共栄圏を「従来東亜新秩序乃至は東亜安定圏と称せられてゐたものと同一」であるとし、日本満州中国に加えフランス領インドシナオランダ領東インドをも含めた範囲であると説明した1942年昭和17年2月28日大本営政府連絡会議では「帝国領導下ニ新秩序建設スヘキ大東亜地域」を決定し大東亜地域を「日満支及東経九十ヨリ東経百八十度迄ノ間ニ於ケル南緯十度以北南方諸地域、其他ノ諸地域ニ関シテハ情勢推移ニ応シ決定ス」と規定した大本営参謀務めた瀬島龍三は「大東亜地域とは、おおむね、南はビルマ以東、北はバイカル湖以東東アジア大陸並びにおおむね東経一八〇度以西すなわちマーシャル群島以西西太平洋海域を指すのでありますインド豪州含まれおりません」と記している

※この「対象地域」の解説は、「大東亜戦争」の解説の一部です。
「対象地域」を含む「大東亜戦争」の記事については、「大東亜戦争」の概要を参照ください。


対象地域

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 21:34 UTC 版)

毎日新聞」の記事における「対象地域」の解説

東京本社版 東北関東甲信越静岡県北海道支社 北海道 中部本社東海静岡県三重県伊賀熊野地方除く) 大阪本社版 近畿三重県伊賀熊野地方北陸中国山口県島根県石見地方除く)、四国 西部本社九州沖縄県含む)、山口県島根県石見地方 茨城県栃木県、群馬県、埼玉県千葉県東京都神奈川県静岡県愛知県岐阜県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県山口県福岡県沖縄県では一部地域除いて朝夕セットその他の県朝刊統合版2008年8月30日まで北海道札幌都市圏とその周辺(主に石狩振興局管内)を中心に夕刊発行していたが、同年9月1日より北海道支社では全域朝刊統合版移行した2016年3月31日山梨県夕刊廃止統合版移行。 なお、静岡県西部地区夕刊地域的な配慮中部本社中日新聞社委託する形で同社名古屋本部内の印刷所から発行する静岡県全域向けの朝刊、及び静岡県東部中部向けの夕刊については東京本社管轄海老名市にある「毎日首都圏センター工場内印刷所発行する統合版のみの佐賀県では、佐賀市中心部鳥栖市三養基郡基山町一部夕刊配達される地域存在する。またJR佐賀駅鳥栖駅新鳥栖駅キヨスクでは夕刊販売されている。

※この「対象地域」の解説は、「毎日新聞」の解説の一部です。
「対象地域」を含む「毎日新聞」の記事については、「毎日新聞」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「対象地域」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

対象地域のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



対象地域のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの東日本大震災に伴う地上デジタル放送に係る電波法の特例に関する法律 (改訂履歴)、運河ルネサンス (改訂履歴)、大東亜戦争 (改訂履歴)、毎日新聞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS