豊見城市とは?

豊見城市

読み方とみぐすくし

沖縄本島南部にあり、東西約6.8km、南北約5.5kmの長方形をなしており、面積は19.45k?、人口は約51000人。2002年から一挙に市制施行された。那覇市の南に位置し、ベッドタウンとして人口増加している。昔から農業の盛んな地域で、戦前サトウキビ戦後葉野菜作りビニールハウス栽培などを中心に幅広い都市近郊型農業が行われている。

豊見城市

読み方:トミグスクシ(tomigusukushi)

所在 沖縄県

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

豊見城市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/26 00:38 UTC 版)

豊見城市(とみぐすくし、沖縄方言: ティミグシク、トゥミグシク[1])は、沖縄本島南部に位置するである。2002年島尻郡豊見城から町とならずに、市制を施行した。




  1. ^ 語彙詳細 -- 首里・那覇方言、琉球語音声データベース、琉球大学沖縄言語研究センター、2018年2月4日閲覧。
  2. ^ “金口木舌(2009年12月10日)”. 琉球新報. (2009年12月10日). http://ryukyushimpo.jp/column/prentry-153995.html 2015年11月13日閲覧。 
  3. ^ 豊見城村教育委員会文化課『豊見城市しまくとぅば読本 高学年・一般用』豊見城市教育委員会 2015年
  4. ^ 戦前の「市制」の下では、長野県岡谷市兵庫県芦屋市山口県宇部市長崎県佐世保市の4市が村から市に昇格し、また沖縄県では日本復帰前に旧真和志市(現那覇市)、旧コザ市(現沖縄市)、宜野湾市、旧具志川市(現うるま市)、浦添市の5市が村から市になっている。
  5. ^ 『平成27年 豊見城市勢要覧』(平成27年7月発行)
  6. ^ 『平成27年 豊見城市勢要覧』(平成27年7月発行)
  7. ^ 『豊見城の王様 わんおうそ ハーリー由来物語』豊見城市商工会
  8. ^ 『平成27年 豊見城市勢要覧』(平成27年7月発行)
  9. ^ 『平成27年 豊見城市勢要覧』(平成27年7月発行)
  10. ^ 豊見城市議会議員名簿”. 2019年2月27日閲覧。
  11. ^ 会派名簿”. 2019年2月27日閲覧。
  12. ^ 広報とみぐすく第124号(昭和51年4月15日)
  13. ^ 豊見城市例規集(第1編 総規 第1章 市制 〇豊見城市章)平成14年4月1日告示第22号
  14. ^ 豊見城市庁舎建設基本構想 (PDF)
  15. ^ 広報とみぐすく(2012年9月号 7頁)
  16. ^ 豊見城村教育委員会 2002 「口上覚」『豊見城村の文化財(増補)』
  17. ^ 豊見城村教育委員会 2002 「重修真玉橋碑」『豊見城村の文化財(増補)』
  18. ^ 豊見城村教育委員会 2002 「字与根大城家文書」『豊見城村の文化財(増補)』
  19. ^ 豊見城村教育委員会 2002 「真玉橋」『豊見城村の文化財(増補)』
  20. ^ 豊見城市教育委員会文化課『とみぐすく市の文化財巡り』豊見城市教育委員会 2012年
  21. ^ 豊見城市教育委員会文化課『豊見城市の「戦跡」』豊見城市教育委員会 2012年
  22. ^ 豊見城市ホームページ(市史編集)
  23. ^ 豊見城市ホームページ(豊見城市の文化財)
  24. ^ 豊見城市ホームページ(豊見城市のしまくとぅば てぃみぐすく くとぅば)





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「豊見城市」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

豊見城市のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



豊見城市のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウルマックスウルマックス
©2020 Local Information Agent Co,Ltd
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの豊見城市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS