琉球語とは? わかりやすく解説

りゅうきゅう‐ご〔リウキウ‐〕【×琉球語】

読み方:りゅうきゅうご

奄美群島沖縄諸島宮古諸島八重山諸島話されている諸方言の総称本土日本語方言関係にある。琉球方言


琉球諸語

(琉球語 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/27 23:38 UTC 版)

琉球諸語(りゅうきゅうしょご)あるいは琉球語派(りゅうきゅうごは)は、日本沖縄県鹿児島県奄美群島で用いられる諸言語の総称。日本本土の日本語とともに日琉語族に属し、琉球語(りゅうきゅうご)とも呼称される。


注釈

  1. ^ ただしフランス語とイタリア語はともにロマンス諸語であり共通点は多い。フェルディナン・ド・ソシュールの書物、『一般言語学講義』の中でフランス語とイタリア語は一つの方言連続体であり明確な境界線を引くのが難しいとも記している。

出典

  1. ^ Ryukyuan | Ethnologue Free” (英語). Ethnologue (Free All). 2023年6月11日閲覧。
  2. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典『琉球方言』 - コトバンク
  3. ^ a b c 飯豊・日野・佐藤編(1984)5頁。
  4. ^ a b c 大野・柴田編(1977)、212頁。
  5. ^ a b c 中本(1976)
  6. ^ a b c 林・衣畑・木部編(2021)、p.18(五十嵐陽介「分岐学的手法に基づいた日琉諸語の系統分類の試み」)
  7. ^ a b c Pellard (2015)
  8. ^ 豊見城村教育委員会文化課『豊見城市しまくとぅば読本 高学年・一般用』豊見城市教育委員会 2015年
  9. ^ 狩俣繁久(2000)「奄美沖縄方言群における沖永良部方言の位置づけ」『日本東洋文化論集』(6):43-69
  10. ^ 飯豊・日野・佐藤編(1984)、10-15頁。
  11. ^ a b 大野・柴田編(1977)216頁。
  12. ^ a b c d 大野・柴田編(1977)215-216頁。
  13. ^ 飯豊・日野・佐藤編(1984)、127、256-260頁。
  14. ^ 大野・柴田編(1977)、214-216頁。
  15. ^ 飯豊・日野・佐藤編(1984)、15頁。
  16. ^ 大野・柴田編(1977)、215-216頁。
  17. ^ 中本(1976)、379-381頁。
  18. ^ 飯豊・日野・佐藤編(1984)、10-13頁。
  19. ^ 中本(1976)、238頁。
  20. ^ a b 大野・柴田編(1977)217頁。
  21. ^ a b c ペラール(2012)。
  22. ^ a b c d 大野・柴田編(1977)218頁。
  23. ^ 大野・柴田編(1977)217-218頁。
  24. ^ 飯豊・日野・佐藤編(1984)、262、307-308、頁。
  25. ^ 中本(1976)、376頁。
  26. ^ Thorpe(1983), p.51.
  27. ^ 上野善道(2017)「徳之島浅間方言のアクセント資料(4)」『国立国語研究所論集』13号、pp.209-242.
  28. ^ 中本(1976)、384頁。
  29. ^ Thorpe(1983), p.98.
  30. ^ Thorpe(1983), p.106.
  31. ^ 飯豊毅一・日野資純・佐藤亮一編『講座方言学 10 沖縄・奄美の方言』国書刊行会、1984年、44頁。
  32. ^ 金田一春彦(1977)「アクセントの分布と変遷」大野晋・柴田武編『岩波講座日本語11 方言』岩波書店
  33. ^ 松森晶子(2009)「沖縄本島金武方言の体言のアクセント型とその系列:「琉球調査用系列別語彙」の開発に向けて」『日本女子大学紀要 文学部』58 NAID 110007097760
  34. ^ 服部四郎(1979)「日本祖語について」21-22、『月刊言語』
  35. ^ a b c 松森晶子(2000)「琉球の多型アクセントについての一考察:琉球祖語における類別語彙3拍語の合流の仕方」『国語学』51-1 NAID 110002533578
  36. ^ a b c 松森晶子(2012)「琉球語調査用「系列別語彙」の素案」『音声研究』16-1。
  37. ^ 田窪・ホイットマン・平子編(2016)、114頁(トマ・ペラール「日琉祖語の分岐年代」)。
  38. ^ a b 上野善道(2000), 「奄美方言アクセントの諸相(<特集>琉球方言の音声)」『音声研究』 4巻 1号 2000年 p.42-54, 日本音声学会, doi:10.24467/onseikenkyu.4.1_42
  39. ^ 松森晶子(2010)「多良間島の3型アクセントと「系列別語彙」」『日本語研究の12章』明治書院、pp.490-503。
  40. ^ a b c 松森晶子(2000)「琉球アクセント調査のための類別語彙の開発:沖永良部島の調査から」『音声研究』4-1
  41. ^ 五十嵐陽介・田窪行則・林由華・ペラール トマ・久保智之(2012)、「琉球宮古語池間方言のアクセント体系は三型であって二型ではない(<特集>N型アクセント研究の現在)」『音声研究』16-1。doi:10.24467/onseikenkyu.16.1_134
  42. ^ a b c d e f 飯豊・日野・佐藤編(1984)66-68頁。
  43. ^ a b 大野・柴田編(1977)219頁。
  44. ^ a b c 内間(1984)「動詞活用の通時的考察」
  45. ^ 大野・柴田編(1977)220頁。
  46. ^ 狩俣繁久「琉球語の動詞活用形の歴史的変化」国立国語研究所シンポジウム「フィールドと文献から見る日琉諸語の系統と歴史」2018年12月23日発表資料。
  47. ^ ここまで、内間(1984)「形容詞活用の通時的考察」による。
  48. ^ 野原三義(1985)琉球方言助詞瞥見
  49. ^ 内間(1984), pp.75-81.
  50. ^ 内間(1984), pp.87-100.
  51. ^ 内間(1984), pp.133-164.
  52. ^ 衣畑智秀「琉球諸語と上代日本語からみた祖語の指示体系試論」林由華・衣畑智秀・木部暢子編(2021)『フィールドと文献からみる日琉諸語の系統と歴史』(開拓社)、191頁。
  53. ^ おきなわ物語 沖縄観光情報WEBサイト 『沖縄観光ナビ 小禄墓』
  54. ^ 尚寧王時代の道路竣工記念碑”. うらそえナビ. 浦添市観光協会 (2013年1月9日). 2022年9月29日閲覧。
  55. ^ 高良倉吉 『琉球王国の構造』 ISBN 978-4642026536 [要ページ番号]
  56. ^ 申 叔舟『海東諸国紀 朝鮮人の見た中世の日本と琉球』田中健夫訳注 ,岩波書店(岩波文庫)1991年、375頁ほか,ISBN 4-00-334581-9
  57. ^ “しまくとぅば「カナ」でどう書く? 沖縄県が表記法まとめホームページで公開 普及・継承の一助に”. 琉球新報. (2022年5月31日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-1525912.html 2022年6月2日閲覧。 
  58. ^ a b 沖縄県における「しまくとぅば」の表記について”. 沖縄県文化観光スポーツ部. 2022年6月2日閲覧。
  59. ^ 大野・柴田編(1977)、194頁。
  60. ^ 大野・柴田編(1977)、191-193頁。
  61. ^ Pellard(2015)。
  62. ^ 大野・柴田編(1977)、202-206頁。
  63. ^ 梶村光郎「沖縄の標準語教育史研究 : 明治期の綴方教育を中心に」『琉球大学教育学部紀要』第68号、琉球大学教育学部、2006年3月、1-10頁、hdl:20.500.12000/1167ISSN 1345-3319NAID 120001371917 
  64. ^ “しまくとぅばの日可決 「9月18日」”. 琉球新報. (2006年3月29日). オリジナルの2016年3月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20160317142500/https://ryukyushimpo.jp/news/prentry-12349.html 
  65. ^ しまくとぅばの日に関する条例(沖縄県庁)
  66. ^ 大野・柴田編(1977)210頁。
  67. ^ Thomas Pellard「日本列島の言語の多様性:琉球諸語を中心に」田窪,行則. 琉球列島の言語と文化:その記録と継承[The languages and culture of the Ryūkyū archipelago: Their recording and transmission],くろしお出版, pp.81–92, 2013, ISBN 9784874245965. ⟨hal-01289782⟩
  68. ^ 外間守善『日本語の世界9沖縄の言葉』中央公論社
  69. ^ Ethnologue report for Japan, Ethnologue (2005)
  70. ^ 亀井孝河野六郎千野栄一 編著 『言語学大辞典セレクション 日本列島の言語』 三省堂 (1997)
  71. ^ Documentation for ISO 639 identifier: ryu,SIL international (2007)
  72. ^ “世界2500言語消滅危機、ユネスコ「日本は8語対象」”. 朝日新聞. (2009年2月20日). オリジナルの2009年2月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20090221232208/http://www.asahi.com/national/update/0220/TKY200902200176.html 
  73. ^ 沖縄の言語に関する質問主意書
  74. ^ 参議院議員糸数慶子君提出沖縄の言語に関する質問に対する答弁書



琉球語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/11 09:32 UTC 版)

日本の言語」の記事における「琉球語」の解説

@media screen{.mw-parser-output .fix-domain{border-bottom:dashed 1px}}琉球語については、中国から漢字が伝わるのが13世紀になってからであり、それ以前言語付いては詳しいことはわかっていない。また14世紀琉球から中国への贈呈物に記載してあった文字平仮名であり、当時から日本語との密接なつながりはある[要出典]。

※この「琉球語」の解説は、「日本の言語」の解説の一部です。
「琉球語」を含む「日本の言語」の記事については、「日本の言語」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「琉球語」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

琉球語

出典:『Wiktionary』 (2019/10/29 19:36 UTC 版)

名詞

琉球 りゅうきゅうご

  1. 琉球地方鹿児島県奄美群島および、大東諸島を除く沖縄県)で話される言語日本語とは共通の祖語から分岐したものであり、文法語彙体系ともに現在の日本語と強い相関性があるため、独立した言語ではなく日本語方言のひとつとする考え方もあり、その場合、琉球方言沖縄方言称される一方琉球地方でも地域による言語差が大きいため、それぞれ地域ごとに独立した言語とする考え方もあり、その場合、琉球地方各地言語総称として琉球語派琉球諸語称される

翻訳


「琉球語」の例文・使い方・用例・文例

  • 琉球語による歌
  • 琉球語という言語
Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



琉球語と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「琉球語」の関連用語

琉球語のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



琉球語のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの琉球諸語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本の言語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの琉球語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS