ミシシッピアカミミガメとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 爬虫類 > ガメ > ミシシッピアカミミガメの意味・解説 

ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ)

ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメ
ミシシッピアカミミガメ
名称
ミシシッピアカミミガメ(ミドリガメ
飼育園館
上野動物園井の頭自然文化園
生息地
アメリカ合衆国東部から中部にかけての川や池、沼
体の大きさ
甲ら長さ8~28cm
えさ
肉食性の強い種で、小魚水生昆虫エビザリガニカタツムリなどを食べていますが、水草などの植物食べます動物園では、アジアサリエビバナナ小松菜配合飼料などをあたえてます。
特徴
もともとは日本にはいないカメですが、ペット用輸入されたものが飼い主捨てられて大きくなり、繁殖して日本の池や沼でも増えてます。そのため、ニホンイシガメクサガメどの日本産のカメがすむ場所が少なくなってきています。日本に限らず世界各地同じようなことが起きていて、本来の生態系大きな影響をあたえつつあります野生では気の荒いものもいます。

アカミミガメ

(ミシシッピアカミミガメ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/20 05:27 UTC 版)

アカミミガメ (Trachemys scripta) は、爬虫綱カメ目ヌマガメ科アカミミガメ属に分類されるカメ。アカミミガメ属の模式種。別名ミドリガメ(幼体)。


  1. ^ a b c d e f g h i 海老沼剛 『爬虫・両生類ビジュアルガイド 水棲ガメ1 アメリカ大陸のミズガメ』、誠文堂新光社2005年、41-46頁。
  2. ^ a b c d e f g 千石正一監修 長坂拓也編著 『爬虫類・両生類800種図鑑 第3版』、ピーシーズ、2002年、213、311頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq 安川雄一郎 「アカミミガメ属(スライダーガメ属)の分類と自然史1」『クリーパー』No.36、クリーパー社、2007年、2-5、30-50頁。
  4. ^ a b Go!! Suzuki 「スライダー・クーター類のミューテーション(前編) ミシシッピアカミミガメのミューテーション」『クリーパー』No.37、クリーパー社、2007年、66-72頁。
  5. ^ a b c d e 安川雄一郎 「アカミミガメ属(スライダーガメ属)の分類と自然史2」『クリーパー』No.37、クリーパー社、2007年、28-36頁。
  6. ^ ミシシッピーアカミミガメのハス食害調査 (PDF) - 国立大学法人佐賀大学
  7. ^ ミドリガメ(ミシシッピアカミミガメ)の飼い方 - キッズイベントHP 2016年6月29日閲覧。
  1. ^ The IUCN Red List of Threatened Species
    • van Dijk, P.P., Harding, J. & Hammerson, G.A. 2011. Trachemys scripta. In: IUCN 2013. IUCN Red List of Threatened Species. Version 2013.2.
  2. ^ a b 環境省


「アカミミガメ」の続きの解説一覧



ミシシッピアカミミガメと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ミシシッピアカミミガメ」の関連用語

ミシシッピアカミミガメのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ミシシッピアカミミガメのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
東京ズーネット東京ズーネット
東京ズーネット」は財団法人東京動物園協会が運営する都立動物園の公式サイトです。
© 2001-2022 Tokyo Zoological Park Society. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアカミミガメ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS