狭めるとは?

せば・める【狭める】

[動マ下一][文]せば・む[マ下二

間隔詰める。せまくする。「前車との間隔を—・める」「範囲を—・める」

苦しめる。また、肩身のせまい思いをさせる。

世に—・められて苦しむ人は」〈読・雨月貧福論


せば‐める【狭】

〔他マ下一〕 [文]せば・む 〔他マ下二

広がりを狭くする。間隔をつめる。へだたり少なくする。

観智院唐大和上東征伝院政期点(1150頃)「紫緋、城邑満つ。居、側(かたはら)に逼(セハム)」

吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一「吾輩昼寝時間狭められた様な気がする

苦しめる。迫害する。また、肩身の狭いおもいをさせる。

曾我物語南北朝頃)八「先祖所領拝領の上は、祐経にせばめられ、おもひながらぞ候らん」

浄瑠璃博多小女郎波枕(1718)下「ひろいせかいにせばめられ、所の住居もならぬ様に身を持なし」




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「狭める」の関連用語

狭めるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



狭めるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS