海馬とは? わかりやすく解説

セイウチ【(ロシア)sivuch】

読み方:せいうち

鰭脚(ききゃく)目セイウチ科哺乳類北極海にすみ、体長約3.8メートル体重約3トン達する。2本の牙(きば)が雌雄ともにあり、雄では1メートルにも達する。貝を主食とする。

[補説] 「海象」「海馬」とも書く。


うみ‐うま【海馬】

読み方:うみうま

タツノオトシゴの別名。


かい‐ば【海馬】


とど【海馬/胡獱】

読み方:とど

アシカ科哺乳類。雄は体長約4メートル体重1トン達する。体は黒褐色で、頭の幅が広くて後頭部低く、ひげがある。繁殖期には1頭の雄多数の雌を従える太平洋北部繁殖し、冬に北海道などでもみられる


海馬


タツノオトシゴ

同義/類義語:ウミウマ, 海馬,
英訳・(英)同義/類義語:sea horse

硬骨魚綱ヨウジウオ目に属する、独特な形をした魚類一種。磯の海藻間に棲息する

海馬

読み方:アシカ(ashika)

食肉目海獣

別名 葦鹿海驢


海馬

作者高山文彦

収載図書短篇ベストコレクション現代小説 2001
出版社徳間書店
刊行年月2001.5
シリーズ名徳間文庫


海馬

作者川上弘美

収載図書龍宮
出版社文藝春秋
刊行年月2002.6

収載図書龍宮
出版社文藝春秋
刊行年月2005.9
シリーズ名文春文庫


海馬

作者吉村昭

収載図書海馬
出版社新潮社
刊行年月1989.1

収載図書海馬
出版社新潮社
刊行年月1992.6
シリーズ名新潮文庫


海馬

読み方:アシカ(ashika)

アシカ科動物総称


海馬

読み方:ウミウマ(umiuma)

タツノオトシゴの別称。
ヨウジウオ科の海水魚

学名 Hippocampus coronatus


海馬


海馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/18 02:30 UTC 版)

海馬(かいば)




「海馬」の続きの解説一覧

海馬(かいば)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/18 16:19 UTC 版)

夢幻の軍艦大和」の記事における「海馬(かいば)」の解説

大和」に乗り組んでいる水兵階級一等水兵)。タイムスリップしたクルスの魂と出会うクルスの姿と声は海馬にしか分からない)。ひょんなことから山本五十六従兵選ばれ歴史知っている未来人クルス練った戦略山本伝え歴史改変重要な役割を果たす山本には「未来から来たお化け言うことには…」という形で話をしている)。

※この「海馬(かいば)」の解説は、「夢幻の軍艦大和」の解説の一部です。
「海馬(かいば)」を含む「夢幻の軍艦大和」の記事については、「夢幻の軍艦大和」の概要を参照ください。


海馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/22 15:33 UTC 版)

古着屋総兵衛影始末」の記事における「海馬」の解説

ツロンで見た小舟着想得た船大工箕之吉が、竹と皮で作った軽舟骨組みは竹で作られ、その骨組み周り大黒丸がツロンで買い求めてきた海豹の皮がぴーんと張られている。3人ほどが座って乗舟し、6尺ほどの左右に漕ぎ分けて進む形式で、両端には掌のような水掻き付けられている。総兵衛は、この舟で戦う戦隊組織し、それを海馬軽舟隊と名付ける

※この「海馬」の解説は、「古着屋総兵衛影始末」の解説の一部です。
「海馬」を含む「古着屋総兵衛影始末」の記事については、「古着屋総兵衛影始末」の概要を参照ください。


海馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 07:34 UTC 版)

中国第一汽車集団」の記事における「海馬」の解説

1990年代初期海南汽車Hainan Auto Works)とマツダ提携しマツダからのライセンス供与を受けて生産した車を海馬(Haimaブランド販売していた。1990年代後期第一汽車集団傘下に入り一汽海馬汽車有限公司となったその後マツダとの提携終了した詳細は「一汽海馬汽車を参照

※この「海馬」の解説は、「中国第一汽車集団」の解説の一部です。
「海馬」を含む「中国第一汽車集団」の記事については、「中国第一汽車集団」の概要を参照ください。


海馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/22 17:20 UTC 版)

アルベルト・アインシュタインの脳」の記事における「海馬」の解説

カリフォルニア大学ロサンゼルス校のダーリア・ザイデルは、2001年に海馬を含むアインシュタインの脳2枚スライス検査した。海馬は、学習記憶重要な役割を果たす皮質下の脳構造である。左側の海馬の神経細胞は、右側よりも有意に大きいことが判明した一般人の同じ部位正常な切片比較すると、この部位には最小限一貫性のない非対称性しか見られなかった。左の海馬の神経細胞大きかったということはアインシュタイン左脳右脳よりも海馬と大脳新皮質呼ばれるの別部分との間の神経細胞接続強かった可能性があるザイデル指摘している。新皮質は、「緻密で論理的分析的革新的な思考が行われる場所」であると、ザイデル用意した声明の中で述べている。

※この「海馬」の解説は、「アルベルト・アインシュタインの脳」の解説の一部です。
「海馬」を含む「アルベルト・アインシュタインの脳」の記事については、「アルベルト・アインシュタインの脳」の概要を参照ください。


海馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 14:46 UTC 版)

性差の神経科学」の記事における「海馬」の解説

海馬の萎縮は、女性の方有病率の高い様々な精神疾患関連している。さらに、男性と女性では記憶力に差があり、これは海馬体積(HCV)の違い示唆している可能性がある2016年行われた体積差のメタ分析では、脳の総面積補正しなくても男性の方海馬体積が大きいことがわかった。しかし、個人差と総脳体積補正した後、女性の方海馬体積が大きいのではないか予想されたにもかかわらず有意な性差認められなかった。

※この「海馬」の解説は、「性差の神経科学」の解説の一部です。
「海馬」を含む「性差の神経科学」の記事については、「性差の神経科学」の概要を参照ください。


海馬(カイマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/17 05:32 UTC 版)

魔砲使い黒姫」の記事における「海馬(カイマ)」の解説

人魚の長。胸に海馬の刺青がある。の形をした2本の刀を扱う。妹の楽や仲間達を守るために一真達の船を襲撃し不老不死信じて欲望眩んだ人間達絶滅しよう考えている魚鱗合弾で人魚化した黒姫たちのことを同族思い込みよそ者人魚には危害加えない海で漂流していた一真捕らえ殺そうとするが、黒姫制止かけられ今度黒姫達を殺そうとするが妹の楽に止められ一真一緒に閉じ込めたその後船を襲撃され生き残った人魚漁の船長らが人魚達報復し来た時は仲間率いれて船を撃沈しようとした攻撃した船が囮に気づき、妹とともに捕らわれる。のちに黒姫活躍により無事救出され最後一真約束信じて和解し握手交した。黒姫行為から人間に対す見方変わったようである

※この「海馬(カイマ)」の解説は、「魔砲使い黒姫」の解説の一部です。
「海馬(カイマ)」を含む「魔砲使い黒姫」の記事については、「魔砲使い黒姫」の概要を参照ください。


海馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 07:01 UTC 版)

FOREVER DAZE」の記事における「海馬」の解説

グラウンドゼロ」等を彷彿させるような、イントロオルガン印象的なアルバムエントランスともなる楽曲であり、RADWIMPSとしてのバンドサウンド高らかに感じさせる冒険譚のような一曲イントロ最後に完成したという。途轍もない物語始ま演出がしたくて制作至った去年一年上前コロナ禍スタジオ篭りツアー中止になっていく中、自分奮い立たせるものをと製作していた。歌詞については、一つ冒険をする、君という人との冒険描きたかったとのこと

※この「海馬」の解説は、「FOREVER DAZE」の解説の一部です。
「海馬」を含む「FOREVER DAZE」の記事については、「FOREVER DAZE」の概要を参照ください。


海馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 03:27 UTC 版)

海馬 (脳)」の記事における「海馬」の解説

主にCA1、CA2、CA3の各部位からなるCAアンモンの角を意味するフランス語Cornet d'Ammonの略である。CA3野の錐体細胞歯状回からのシナプス入力を受けている部位であり、CA2、CA1の錐体細胞層の内側に軸索伸ばす

※この「海馬」の解説は、「海馬 (脳)」の解説の一部です。
「海馬」を含む「海馬 (脳)」の記事については、「海馬 (脳)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「海馬」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「海馬」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「海馬」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



海馬のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの海馬 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの夢幻の軍艦大和 (改訂履歴)、古着屋総兵衛影始末 (改訂履歴)、中国第一汽車集団 (改訂履歴)、アルベルト・アインシュタインの脳 (改訂履歴)、性差の神経科学 (改訂履歴)、魔砲使い黒姫 (改訂履歴)、FOREVER DAZE (改訂履歴)、海馬 (脳) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS