ホットスポットとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > ホットスポットの意味・解説 

ホットスポット [5] 【hot spot】

地球内部からマントル上部高温物質が絶えず上昇してくる地点
革命武力衝突が今にも起きそうな危険な場所紛争地帯
流行の店や最新施設など,注目されている場所。
コンピューターディスプレー上でマウスによって指定される位置あるいは領域のこと。

ホットスポット

別表記:hot spot

(1)温点皮膚感覚として熱さを感じ器官
(2)政治的軍事的に紛争が起こってい地域
(3)原発事故などの影響により、局地的放射線量が高くなっている地域
(4)無線LANが提供されている場所。無線LANホットスポット。
(5)デジタル画像の中でリンクが設置されている箇所
(6)盛んな場所。例えば夜の歓楽街など。

放射線ホットスポット

読み方:ホットスポット

局地的放射線量高い場所。「ホットスポット」は、局所的に何かが活性化している、活発となっている場所のことである。

東京電力福島第一原子力発電所発生した原発事故を受けて、周辺各地域では放射線量計測を行っているが、その中で局地的線量の高い地点ができることがある。これは、飛散した放射性物質が風やなどで流され、集まることによると考えられている。

政府2011年6月16日1年間放射線量積算で20mSvを超える推測される地域については「特定避難勧奨地点」に指定し、避難勧告を行うことを発表している。

ホット・スポット(ほっと・すぽっと)

無線LANインターネット接続できる場所

ノートパソコンなどの端末持ち込むと、無線LANインターネット接続できるようになる場所を指す。あらかじめ利用登録をしておけば、所定の場所でいつでも利用できる。

ホット・スポットは、コンビニファーストフード店、駅の構内などビジネスパーソン気軽に立ち寄れるところが中心となりそうだ。現在、携帯電話PHSを使ってプロバイダ電話回線接続する方法はあるが、ホット・スポットでは無線電波)で直接やりとりする点が大きな特徴。いつどこにいてもノートパソコンPDAなどを持ち歩いてインターネット接続する環境が整いつつある。

もともと無線LANは、家庭会社オフィスなどでケーブル混線解決する手段として普及していたが、最近では、街中でも使えるようになってきた。

モバイルインターネットサービス社は、この4月から、無線によるインターネット接続商用サービス開始した。利用者は、東京都内設置されたホット・スポットにおいて、ノートパソコンなどでインターネット環境利用できるようになる。

このほか、NTTコミュニケーションズなど他社商用サービスの提供に向けた実験を進めている。これらのことから、近い将来都市部中心に本格的普及していくことが予想されている。

(2002.04.19更新


ホットスポット


ホットスポット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/14 23:51 UTC 版)

ホットスポット: Hotspot)とは、局地的に何らかの値が高かったり、局地的に(何らかの活動が)活発であったりする地点・場所・地域のことを指さすための用語で、具体的には以下のような場所を指す。

原義に近いもの

  • ホットスポット (犯罪) - 犯罪が多発する地区、犯罪率が高い地区。
  • ホットスポット (汚染物質) - 汚染物質が大気や海洋などに流出したときに、気象や海流の状態によって生じるとりわけ汚染物質の残留が多くなる地帯のこと。汚染物質の種類や流出理由は問わない。
  • ホットスポット (地学) - 地球内部のマントル対流の上昇部にあたるマグマを発生させていて、その上で火山が活動している地点[1][2]
  • ホットスポット (光) - 非等方な光の反射モデルにおいて、反射率が最大になる箇所もしくは角度。
  • ホットスポット (水循環) - 水循環システム中で自然浄化機能を有する場所。干潟湿地など。
  • ホットスポット (火薬学) - 火薬類の内部で外部エネルギーが局所的に集中して温度が他の部分よりも高くなった場所。
  • ホットスポット (生物多様性) - 生物学者ノーマン・マイヤーズが提唱した生物多様性にかかわる生物学上の概念

そうでもないもの

出典・脚注

  1. ^ デジタル大辞泉
  2. ^ goo辞書【ホットスポット】

ホット・スポット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/12 03:12 UTC 版)

ホット・スポット
The Hot Spot
監督 デニス・ホッパー
脚本 チャールズ・ウィリアムズ英語版
ノナ・タイソン
原作 チャールズ・ウィリアムズ
製作 ポール・ルイス
製作総指揮 ビル・ギャヴィン
デレク・パワー
スティーヴン・ウージュレイキ
出演者 ドン・ジョンソン
ヴァージニア・マドセン
ジェニファー・コネリー
音楽 ジャック・ニッチェ
撮影 ウエリ・スタイガー
製作会社 オライオン・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗 オライオン・ピクチャーズ
日本の旗 オライオン=ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1990年10月12日
日本の旗 1991年6月8日
上映時間 130分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $1,293,976[1]
テンプレートを表示

ホット・スポット』(原題:The Hot Spot)は、1990年制作のアメリカ映画デニス・ホッパー監督。

あらすじ

テキサス州のとある田舎町にハリーという1人の男がやってきた。ハリーは中古車店の看板娘グロリアに一目惚れ、店長ジョージに頼み込んで、そこのセールスマンにおさまる。

ハリーはグロリアと恋におちるが、ある日、彼の前にジョージの妻ドリーが現れ、ハリーを誘惑、2人は関係を持ち、ハリーはグロリアも含めた三角関係に陥ってしまう。

そんなある日、町の銀行の警備が手薄である事を知ったハリーは、その銀行を襲撃し、金を強奪する計画を立て、実行に移すが…。

キャスト

役名 俳優 日本語吹替
VHS テレビ東京
ハリー ドン・ジョンソン 小川真司 磯部勉
ドリー ヴァージニア・マドセン 弥永和子 小山茉美
グロリア ジェニファー・コネリー 松井菜桜子 井上喜久子
フランク ウィリアム・サドラー 千田光男 大塚芳忠
ジョージ ジェリー・ハーディン 池田勝 阪脩
ロン チャールズ・マーティン・スミス 緒方賢一 牛山茂
その他 小室正幸
辻つとむ
小島敏彦
宮沢元
島美弥子
磯辺万沙子
伊藤和晃
成田剣
後藤久美
塚田正昭
宝亀克寿
藤本譲
仲野裕
秋元羊介
寺内よりえ
長島雄一
演出 松川陸 高橋剛
翻訳 古田由紀子 岩本令
調整 兼子芳博 栗林秀年
効果 リレーション
プロデューサー 吉岡美恵子
岩見純一
制作 ACクリエイト 東北新社
初回放送 1996年8月22日
木曜洋画劇場

脚注

  1. ^ The Hot Spot at Box Office Mojo”. 2015年6月10日閲覧。

外部リンク






ホットスポットと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ホットスポット」の関連用語

ホットスポットのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ホットスポットのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2018 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2018 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2018 時事用語のABC All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2018 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホットスポット (改訂履歴)、ホット・スポット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS