ヘンとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 歴史民俗用語 > ヘンの意味・解説 

へん【遍】

接尾助数詞動作作用回数数えるのに用いる。上にくる語によっては「べん」「ぺん」となる。「二遍も当番がまわってきた」


へん【偏】

漢字構成部位の名称の一。左右組み合わせからなる漢字左側部分字形によって「亻(にんべん)」「氵(さんずい)」などと呼ぶ。⇔旁(つくり)。

かたよっていること。公正でないこと。

用捨無し弛張(ちちゃう)時あり、明王の士を撰ぶ徳なり」〈太平記一九


へん【偏】

常用漢字] [音]ヘン(呉)(漢) [訓]かたよる ひとえに

本筋中心からそれている。かたよる。「偏屈偏見偏向偏差偏在偏食偏重偏頗(へんぱ)/不偏

(「褊(へん)」と通用土地度量が狭い。「偏狭

漢字組み立てで、左側部分。「偏旁(へんぼう)/人偏(にんべん)」

名のり]つら・とも・ゆき


へん【×扁】

[音]ヘン(呉)(漢)

薄くて平たい。「扁額扁形扁平側扁

小さい。「扁舟


へん【編/×篇】

[名]

首尾の整っている詩文

書物文章演劇などの部分け。「後の―で言及する」「青春―」

いくつかの文章集めて1冊の本にすること。編纂(へんさん)。「国語学会―」

接尾助数詞。上に来る語によっては「ぺん」となる。

詩歌文章、また書物などを数えるのに用いる。「詩二―」

書物内容からいくつか部分けしたとき、その部分の数、あるいは順序を示すのに用いる。「浮雲第二―」


へん【×騙】

[音]ヘン(呉)(漢) [訓]だます かたる

だます。「騙詐騙取


へん【返】

[音]ヘン(慣) [訓]かえす かえる

学習漢字3年

もとの方に戻る。かえる。「返路/往返

もとに戻す。かえす。「返還返却返金返済返事返信返品返礼不返

はねかえる反射する。「返景・返照

名のり]のぶ


へん【片】

[音]ヘン(呉)(漢) [訓]かた ひら ペンス

学習漢字6年

〈ヘン〉

二つのうちの一方。「片務片麻痺(へんまひ)」

薄く小さな切れ端。「片雲花片砕片紙片切片雪片断片肉片破片薄片木片

わずか。少し。「片時片言隻句

〈かた〉「片側片言(かたこと)・片隅片方


へん【×篇】

人名用漢字] [音]ヘン(呉)(漢)

まとまり詩歌文章。「篇什(へんじゅう)・篇章詩篇短篇長篇

書物部分け。「篇次篇目前篇後篇続篇

詩文数える語。「千篇一律

[補説] 「編」を代用字とすることがある


へん【変〔變〕】

[音]ヘン(呉)(漢) [訓]かわる かえる

学習漢字4年

それまでとは別の状態になる。かわる。かえる。「変化変革変形変更変色変身変遷変動一変応変激変神変千変転変豹変(ひょうへん)・不変

突然起こる異常な出来事。「変乱異変凶変事変政変・大変・天変地異

普通でない。「変死変人

音楽で、本位音より半音低い音。「変音変記号


へん

[感]相手を見下したり、勝ち誇ったりする気持ち発する声。「へん、どうだ、まいったか」


へん【版】

朝廷儀式のとき、参列者の位置を示すため、目印として置かれた木の板。


へん【辺】

漠然と、それに近い場所や位置。あたり。付近。「その辺散歩する」

漠然とした事柄。「その辺事情わからない

およその程度。くらい。「その辺勘弁しろ」

はて。限り。「一望、辺なし」

数学で、等号不等号両側にある項。

幾何学で、角・多角形多面体などをつくっている各線分または半直線

囲碁で、隅を除いた、5~4線あたりより外側部分。「上辺」「左辺


へん【×貶】

[音]ヘン(呉)(漢) [訓]けなす おとしめる

相手悪く言う。けなす。「毀誉褒貶(きよほうへん)」

身分地位を落とす。「貶斥貶謫(へんたく)・貶黜(へんちゅつ)」


へん【編】

[音]ヘン(呉)(漢) [訓]あむ

学習漢字5年

糸でとじて書物作る文章集め書物仕立てる。「編纂(へんさん)・編者編集編著共編新編

組み合わせまとまった形に仕立てる。「編曲編成編制編隊編入改編再編

書物のとじ糸。「韋編(いへん)」

(「篇」の代用字)一まとまり文章書物また、書物部分け。「佳編詩編前編続編短編長編雄編

(「篇」の代用字詩文数える語。「千編一律

名のり]つら・よし


へん【片】

接尾助数詞物の切れはし、花びらなどを数えるのに用いる。上に来る語によっては「ぺん」となる。「二、三片の花びら


へん【遍】

常用漢字] [音]ヘン(呉)(漢) [訓]あまねし

全体行き渡るあまねく。「遍在遍満遍歴遍路普遍満遍(まんべん)」

回数を示す語。「百万遍

難読遍羅(べら)


へん【変】

[名]

事態移り変わること。変化すること。

不意に風雨の―に出逢うことも」〈鉄腸雪中梅

急に異常な事態の起こること。また、その事態。「承久(じょうきゅう)の変」「万一変に備える」

音楽で、本来の音より半音低いことを示す語。フラット。⇔嬰(えい)。

形動[文]ナリ

普通と違っているさま。ようすがおかしいさま。「変な服装」「車の調子が変だ」

思いがけないさま。「事件変な方向発展した」


へん【×翩】

[音]ヘン(呉)(漢)

ひらひらひるがえる。「翩翩(へんぺん)・翩翻(へんぽん)」


へん【辺〔邊〕】

[音]ヘン(呉)(漢) [訓]あたり べ へ ほとり

学習漢字4年

〈ヘン〉

中央から隔たった所。国境果て。「辺境辺塞(へんさい)・辺地広大無辺

ある物を中心としてその付近。あたり。「縁辺海辺机辺近辺口辺周辺身辺水辺那辺(なへん)・炉辺

幾何学で、多角形一つ線分。「斜辺底辺等辺四辺形

数学で、等号不等号左右にある数・式。「右辺左辺

〈べ〉「海辺(うみべ)・上辺(うわべ)・岸辺野辺浜辺


読み方:ヘン(hen

浄土もしくは地獄の相状を描いた図。

別名 変相図(へんそうず)


Bian

ヘン

編の音「鞭」《漢書注》。

県令

県人


ヘン

名前 HengHennChenHenHén

  • 画数:4
  • 音読み:ヘン


  • 画数:12
  • 音読み:ヘン







骿

骿
※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヘン」の関連用語

ヘンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヘンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
むじん書院むじん書院
Copyright (C) 2020 mujin. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS