鶉とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > の意味・解説 

うずら うづら [0] 【鶉

キジ目キジ科小鳥体長15センチメートルほど。地味な黄褐色一面に縦斑があるユーラシア分布し、日本では北海道本州草原繁殖冬期暖地に渡る。飼いウズラは肉・卵用に飼育・繁殖させたもの。 [季] 秋。
鶉籠の形に似ているので〕 昔の芝居小屋で、上下二段ある桟敷の下の段の称。
鶉豆」の略。

作者ロルフ・イングヴィ

収載図書SUDDEN FICTION超短編小説70
出版社文芸春秋
刊行年月1994.1
シリーズ名文春文庫


読み方:ウズラ(uzura)

キジ科

学名 Coturnix coturnix


読み方:うずら

  1. ノコトヲ云フ。〔第三類 飲食物之部・大分県
  2. 粟飯。〔第六類 器具食物
  3. 粟飯を云ふ。
  4. 粟飯のこと。

分類 大分県


読み方:うずら

  1. 芝居の下桟敷
  2. 芝居の下桟敷のことをいふ。屋根が低く鶉篭如くであるから。〔役者語〕
  3. 芝居の下桟敷のこと。屋根が低く鶉篭(うづらかご)のやうであるから。〔歌舞伎
  4. 劇場で高土間の後のマス
  5. 東西二階桟敷の下、従つて花道仮花道東西両壁の間のこと。昔は此処に格子がはまる構造になつてゐたので、此の名称が残る。多く俳優身内や、縁故関係者等が、席をとる。
  6. 芝居の下桟敷を云ふ。屋根が低く、鵜篭に似たるより。
  7. 芝居の下桟敷のこと、屋根が低く鶉篭のようであるから
  8. 芝居の下桟敷のこと。屋根が低く鶉篭のようだからである。〔芸能俳優)〕

分類 俳優役者役者語、東京芸能歌舞伎演劇

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:ウズラ(uzura)

鶉鶏目キジ科ウズラ属ずんぐりした特殊の形で、尾羽はごく短く、嘴も太く短く、後趾が非常に小さ

季節

分類 動物


読み方:ウズラ(uzura)

作者 真船豊

初出 昭和17年

ジャンル 戯曲


読み方:ウズラ(uzura)

所在 北海道砂川市


読み方:ウズラ(uzura)

所在 北海道檜山郡厚沢部町


読み方:ウズラ(uzura)

所在 北海道空知郡上砂川町


読み方:ウズラ(uzura)

所在 群馬県邑楽郡邑楽町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

ウズラ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/02 05:13 UTC 版)

ウズラ(鶉[6]Coturnix japonica)は、鳥綱キジ目キジ科ウズラ属に分類される鳥類。


  1. ^ a b c d BirdLife International. 2016. Coturnix japonica. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e.T22678949A95209097. doi:10.2305/IUCN.UK.2016-3.RLTS.T22678949A95209097.en. Downloaded on 18 June 2018.
  2. ^ a b c d e f g h i j k 藤巻裕蔵 「ウズラ」『レッドデータブック2014 -日本の絶滅のおそれのある野生動物-2 鳥類』環境省自然環境局野生生物課希少種保全推進室編、株式会社ぎょうせい2014年、160-161頁。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x 奥山正樹 「狩猟鳥ウズラ Coturnix japonica の現状」『山階鳥類学雑誌』第35巻 2号、山階鳥類研究所2004年、189-202頁。
  4. ^ a b c d e f g h i 竹下信雄 「ウズラ」『動物大百科 7 鳥類I』黒田長久監修 C.M.ペリンズ、A.L.A.ミドルトン編、平凡社1986年、184頁。
  5. ^ a b c d e f g h 都筑政起 「生物材料インデックス ウズラ(Japanese quail, Coturnix japonica」『生物工学』第91巻 2号、日本生物工学会、2013年、110-113頁。
  6. ^ a b 安部直哉 『山溪名前図鑑 野鳥の名前』、山と溪谷社2008年、52頁。
  7. ^ a b c d e 黒田長久・小宮輝之 「キジ亜科の分類」『世界の動物 分類と飼育10-I (キジ目)』黒田長久、森岡弘之監修、東京動物園協会、1987年、66-126頁。
  8. ^ 水谷誠ほか、ニホンウズラの新しい羽装パンダ (panda) についての遺伝子分析 実験動物 Vol.23 (1974) No.2 P59-61
  9. ^ 鳥類の遺伝的多様性の調査研究、ならびに有用遺伝資源の発掘とその応用 名古屋大学 動物遺伝制御学研究室
  10. ^ うずらの生態及び飼養等に関する情報について 農林水産省 (PDF)
  11. ^ うずらの卵”. 東海有機株式会社. 2015年8月24日閲覧。
  12. ^ 東海農政局/卵肉用鶉”. 農林水産省. 2015年8月24日閲覧。[リンク切れ]
  13. ^ ウズラは、自分の卵の模様に合わせて産卵場所を選ぶ”. Nature. 2015年8月24日閲覧。[リンク切れ]
  14. ^ 田中耕作、今井 達夫、古賀脩、日本うずらの卵殼表面における色素沈着過程について 日本家禽学会誌 Vol.14 (1977) No.5 P229-231
  15. ^ a b 狩猟鳥獣を定めること及び対象狩猟鳥獣の捕獲等の禁止又は 制限を定めることについてウズラに係る狩猟鳥獣の指定の解除について環境庁・2017年12月30日に利用)
  16. ^ スーパーのうずら卵からひな鳥ピヨピヨ! - 孵化実験のレポート記事、デイリーポータルZ、2009年2月19日
  17. ^ 佐藤勝紀ほか、近親交配が日本ウズラの体重、性成熟日齢、卵重に及ぼす影響 岡山大学農学部学術報告 61, 25-32, 1983-0
  1. ^ ウズラが特徴的な体毛をしているために姫ウズラとは孵化直後より容易に識別可能


「ウズラ」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2010/10/03 15:28 UTC 版)

発音


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「鶉」の関連用語

鶉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鶉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウズラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS