クモの巣とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > クモの巣の意味・解説 

くも‐の‐す【蜘蛛の巣】

読み方:くものす

クモのかけた網。くものあみ。《 夏》


クモの巣

作者サキ

収載図書ザ・ベスト・オブ・サキ 1
出版社筑摩書房
刊行年月1988.5
シリーズ名ちくま文庫


クモの巣

作者内海隆一郎

収載図書街の眺め
出版社文芸春秋
刊行年月1993.10
シリーズ名文春文庫


クモの巣

作者ウォーカー・ハミルトン

収載図書すべての小さきもののために
出版社河出書房新社
刊行年月2004.1


クモの網

(クモの巣 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/07/10 09:32 UTC 版)

クモの網(クモのあみ)は、クモ(蜘蛛)が腹部の吐糸管英語版から出すで作ったである。


  1. ^ Blackledge, Todd A.; Coddington, Jonathan A.; Gillespie, Rosemary G. (2002-12-13). “Are three-dimensional spider webs defensive adaptations?: Spider webs as predator defences” (英語). Ecology Letters 6 (1): 13–18. doi:10.1046/j.1461-0248.2003.00384.x. http://doi.wiley.com/10.1046/j.1461-0248.2003.00384.x. 
  2. ^ 大崎茂芳 (2006). “クモの糸の秘密” (英語). 繊維学会誌 62 (2): P.42–P.47. doi:10.2115/fiber.62.P_42. ISSN 0037-9875. http://www.jstage.jst.go.jp/article/fiber/62/2/62_2_P_42/_article/-char/ja/. 
  3. ^ Zhao, Yue; Hien, Khuat Thi Thu; Mizutani, Goro; Rutt, Harvey N. (June 2017). “Second-order nonlinear optical microscopy of spider silk”. Applied Physics B 123 (6): 188. arXiv:1706.03186. Bibcode2017ApPhB.123..188Z. doi:10.1007/s00340-017-6766-z. 
  4. ^ 八木沼健夫 1969, p. 71.
  5. ^ 非対称な網を張るアメリカジョロウグモ、微小重力下では光の有無で非対称性が変化”. it.srad.jp (2020年12月13日). 2023年7月10日閲覧。
  6. ^ Zschokke, Samuel; Countryman, Stefanie; Cushing, Paula E. (2020-12-03). “Spiders in space—orb-web-related behaviour in zero gravity” (英語). The Science of Nature 108 (1): 1. doi:10.1007/s00114-020-01708-8. ISSN 1432-1904. https://doi.org/10.1007/s00114-020-01708-8. 
  7. ^ Rainey, Kristine (2015年6月11日). “Spiders in Space Weave a Web of Scientific Inspiration for Spider-Man”. NASA. 2023年7月10日閲覧。
  8. ^ この項は Foelix(1982)pp.144-146 を中心に
  9. ^ 新海栄一 2006, p. 316.
  10. ^ クモの糸が導く未来<2> 傷口の治療に効果”. CNN.co.jp. 2023年7月9日閲覧。
  11. ^ EVALUATION OF WOUND HEALING POTENTIAL OF SPIDER SILK USING MICE MODEL. - Free Online Library”. www.thefreelibrary.com. 2023年7月9日閲覧。



クモの巣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/14 19:21 UTC 版)

コズモギャング・ザ・ビデオ」の記事における「クモの巣」の解説

一定時間敵キャラクター敵弾速度が下がる。背景にクモの巣のグラフィック重ねられる時間制

※この「クモの巣」の解説は、「コズモギャング・ザ・ビデオ」の解説の一部です。
「クモの巣」を含む「コズモギャング・ザ・ビデオ」の記事については、「コズモギャング・ザ・ビデオ」の概要を参照ください。


クモの巣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/21 12:32 UTC 版)

ティターンズの機動兵器」の記事における「クモの巣」の解説

海ヘビ同様の電撃兵器で、3機でワイヤー・ネットを展開する。高度な戦法となるものの、成功すればMS3機分放電となるため威力は高い。右腕装備するが、海ヘビのような持ち手などは確認できない劇中では海ヘビより早い33話で使用されΖガンダムダメージ与えている。

※この「クモの巣」の解説は、「ティターンズの機動兵器」の解説の一部です。
「クモの巣」を含む「ティターンズの機動兵器」の記事については、「ティターンズの機動兵器」の概要を参照ください。


クモの巣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/17 15:23 UTC 版)

だんじょん商店会 〜伝説の剣はじめました〜」の記事における「クモの巣」の解説

グループ好感度内容が3通り変化

※この「クモの巣」の解説は、「だんじょん商店会 〜伝説の剣はじめました〜」の解説の一部です。
「クモの巣」を含む「だんじょん商店会 〜伝説の剣はじめました〜」の記事については、「だんじょん商店会 〜伝説の剣はじめました〜」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「クモの巣」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「クモの巣」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クモの巣」の関連用語

クモの巣のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クモの巣のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクモの網 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのコズモギャング・ザ・ビデオ (改訂履歴)、ティターンズの機動兵器 (改訂履歴)、だんじょん商店会 〜伝説の剣はじめました〜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS