原産国とは? わかりやすく解説

生産国

(原産国 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 22:37 UTC 版)

生産国(せいさんこく)とは、原料製品といった製造物を生産したのことである。原料や素材が作られた国は一般に「原産国」と呼ばれる。


  1. ^ https://www.customs.go.jp/tetsuzuki/c-answer/imtsukan/1521_jr.htm - 財務省
  2. ^ of certificate of origin.pdf 原産地の認定基準 -
  3. ^ WTO協定税率を適用する際の原産地認定基準 - 日本貿易振興機構 (JETRO)
  4. ^ Aichner, T. 2014. Country-of-origin marketing: A list of typical strategies with examples. Journal of Brand Management, 21(1): 81-93.


「生産国」の続きの解説一覧

原産国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/09 03:36 UTC 版)

スニッカーズ」の記事における「原産国」の解説

2000年代初期まではオーストラリア生産品だったが、包装外観変更され中国生産になった2008年頃にオーストラリア生産品変更され賞味期限表記変更され包装材アルミ蒸着からプラ材になりアルミ特有のつやが消えた。本装材同社日本向けミルキーウェイ同一である2010年ロシア生産品変更され包装地色焦げ茶色に、質量栄養成分賞味期限表記製品寸法などが変更された。スニッカーズ・ミニは中国生産品である。後述にもあるが、一口サイズ商品アメリカ生産商品一時期存在した2013年8月後半からシングル中国産となり、包装質感2008年以前の物と同一になった。

※この「原産国」の解説は、「スニッカーズ」の解説の一部です。
「原産国」を含む「スニッカーズ」の記事については、「スニッカーズ」の概要を参照ください。


原産国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 15:41 UTC 版)

FRISK」の記事における「原産国」の解説

以前は原産国がベルギーだったが、2006年ごろから日本販売されているものはオランダに変わっている理由当時カネボウフーズによればFRISK社が工場ベルギーからオランダに移転したため、とのこと

※この「原産国」の解説は、「FRISK」の解説の一部です。
「原産国」を含む「FRISK」の記事については、「FRISK」の概要を参照ください。


原産国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/24 08:40 UTC 版)

アビシニアン」の記事における「原産国」の解説

広辞苑では「エチオピア原産」と明記してある。アビシニアンの原産国はエチオピア(イギリス・アビシニア戦争時ヨーロッパでアビシニア呼ばれていた)とされることが多いが、これは1874年出版された本にイギリス兵がアビシニア高原エチオピア)から連れ帰った珍し」と紹介されたことに由来すると見られる(これがアビシニアン語源となっている)。しかし、上述のとおりイギリス兵が持ち帰ったネコアレクサンドリアにいたのであるから、エチオピア起源いうのは上記の本の著者誤解基づと見られる(なお、ズーラについては英語版を元にした)。 また、「ティックドタビーのネコは、実際には東南アジア原産で、イギリスネコ掛け合わされてアビシニアン誕生した」とする説もあり、この場合イギリス原産とされる

※この「原産国」の解説は、「アビシニアン」の解説の一部です。
「原産国」を含む「アビシニアン」の記事については、「アビシニアン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「原産国」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「原産国」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

原産国のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



原産国のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生産国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスニッカーズ (改訂履歴)、FRISK (改訂履歴)、アビシニアン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS