鱸とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > 海魚 > の意味・解説 

すずき【×鱸】

読み方:すずき

スズキ目スズキ科海水魚全長90センチ。体は細長く側扁する。背側灰青色で、腹側銀白色幼魚には背部背びれとに小黒点がある。北海道以南から東シナ海産し夏季には河川に入る。出世魚の一で、セイゴ・フッコ・スズキと呼び名変わる。美味で夏秋が旬。《 秋》「釣上げし―の巨口玉や吐く/蕪村

鱸の画像


読み方:スズキsuzuki

作者 幸田文

初出 昭和30年

ジャンル 随筆


地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
すず

スズキ (魚)

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/05 09:55 UTC 版)

スズキ(鱸、学名:Lateolabrax japonicus) は、スズキ目スズキ亜目スズキ科に属する魚。海岸近くや河川に生息する大型の肉食魚で、食用や釣りの対象魚として人気がある。日本では成長につれて呼び名が変わる出世魚である。秋の季語[2][3]


  1. ^ a b Froese, Rainer, and Daniel Pauly, eds. (2013). "Lateolabracidae" in FishBase. October 2013 version.
  2. ^ 広辞苑第5版
  3. ^ 『俳句歳時記 第4版』角川学芸出版、2008年、ISBN 978-4-04-621167-5
  4. ^ a b c d e おさかな雑学研究会 『頭がよくなる おさかな雑学大事典』〈幻冬舎文庫〉幻冬舎、2002年11月、280頁。ISBN 4344402944 (諸説の中の一説として紹介)
  5. ^ 見坊豪紀ほか編 「ふっこ」『三省堂国語辞典』第七版、三省堂、2014年。
  6. ^ スズキ(ハネ・セイゴ)
  7. ^ 旬の魚介類 マダカ
  8. ^ スズキ | 魚類 | 市場魚貝類図鑑
  9. ^ a b c d e f g h 荒賀忠一「スズキ学概論」『新スズキのすべて』、週刊釣りサンデー、1987年8月30日、 p26-27、 ISBN 4879585580
  10. ^ Hibino M, Ohta T, Isoda T, Nakayama K, Tanaka M (2006). “Diel and tidal changes in the distribution and feeding habits of Japanese temperate bass Lateolabrax japonicus juveniles in the surf zone of Ariake Bay”. Ichthyol Res 53: 129-136. 
  11. ^ Fujita S, Kinoshita I, Takahashi I, Azuma K (1988). “Seasonal occurrence and food habits of larvae and juveniles of two temperate basses in the Shimanto Estuary, Japan”. Jpn J Ichthyol 35: 365-370. 
  12. ^ 岩本 有司, 森田 拓真, 小路 淳 (2010). “太田川河口域周辺におけるスズキ仔稚魚の出現と食性”. 日本水産学会誌 76: 841-848. 
  13. ^ Fuji Taiki, Kasai Akihide, Suzuki W Keita, Ueno Masahiro, Yamashita Yoh (2010). “Freshwater migration and feeding habits of juvenile temperate seabass Lateolabrax japonicus in the stratified Yura River estuary, the Sea of Japan”. Fisheries Science 76: 643-652. 
  14. ^ Fuji Taiki, Kasai Akihide, Ueno Masahiro, Yamashita Yoh (2014). “Growth and migration patterns of juvenile temperate seabass Lateolabrax japonicus in the Yura River estuary, Japan—combination of stable isotope ratio and otolith microstructure analyses”. Environmental Biology of Fishes 97: 1221-1232. 
  15. ^ Islam MS, Hibino M, Tanaka M (2007). “Tidal and diurnal variations in larval fish abundance in an estuarine inlet in Ariake Bay, Japan: implication for selective tidal stream transport.”. Ecol Res 22: 165-171. 
  16. ^ Fuji T, Kasai A, Yamashita Yoh (2018). “Upstream migration mechanisms of juvenile temperate sea bass Lateolabrax japonicus in the stratified Yura River estuary”. Fisheries Science 84: 163-172. 
  17. ^ Fuji Taiki, Kasai Akihide, Ueno Masahiro, Yamashita Yoh (2016). “Importance of estuarine nursery areas for the adult population of the temperate seabass Lateolabrax japonicus, as revealed by otolith Sr:Ca ratios”. Fisheries Oceanography 25: 448-456. 
  18. ^ Fuji Taiki, Kasai Akihide, Ueno Masahiro, Yamashita Yoh (2016). “The Importance of Estuarine Production of Large Prey for the Growth of Juvenile Temperate Seabass (Lateolabrax japonicus)”. Estuaries and Coasts 39: 1208-1220. 
  19. ^ Suzuki KW, Kasai A, Ohta T, Nakayama K and Tanaka M (2008). “Migration of Japanese temperate bass Lateolabrax japonicus juveniles within the Chikugo River estuary revealed by d13C analysis”. Marine Ecology Progress Series 358: 254-256. 
  20. ^ Fuji Taiki, Kasai Akihide, Suzuki W Keita, Ueno Masahiro, Yamashita Yoh (2011). “Migration ecology of juvenile temperate seabass Lateolabrax japonicus: a carbon stable-isotope approach”. Journal of Fish Biology 78: 2010-2025. 
  21. ^ Froese, Rainer, and Daniel Pauly, eds. (2014). "Percichthyidae" in FishBase. February 2014 version.
  22. ^ Froese, Rainer, and Daniel Pauly, eds. (2013). "Moronidae" in FishBase. December 2013 version.


「スズキ (魚)」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 09:29 UTC 版)

発音(?)


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「鱸」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



鱸と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鱸」の関連用語

鱸のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鱸のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスズキ (魚) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS