カワヒラとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 地名 > カワヒラの意味・解説 

川平

読み方:カワヒラ(kawahira)

所在 愛知県弥富市


川平

読み方:カワヒラ(kawahira)

所在 沖縄県国頭郡伊江村

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

川平

読み方:カワヒラ(kawahira)

所在 島根県(JR三江線)

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

カワヒラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/28 08:59 UTC 版)

カワヒラ(川平、:Predatory carp学名:Chanodichthys erythropterus)は、コイ目コイ科クセノキプリス亜科に属する大型淡水魚。国内にはいない。


  1. ^ Huckstorf, V. (2012). "Chanodichthys erythropterus". The IUCN Red List of Threatened Species. IUCN. 2012: e.T166143A1115090. doi:10.2305/IUCN.UK.2012-1.RLTS.T166143A1115090.en. Retrieved 9 January 2018.
  2. ^ Froese, Rainer and Pauly, Daniel, eds. (2006). "Chanodichthys erythropterus" in FishBase. April 2006 version.
  3. ^ 『朝鮮魚類誌』朝鮮総督府水産試験場、1939年、352-353頁。
  4. ^ 大島正満 (1923). “臺灣産淡水魚の分布を論じ併せて臺灣と附近各地との地理的關係に及ぶ”. 動物学雑誌 35: 22. 
  5. ^ Chanodichthys erythropterus”. FishBase. 2021年3月13日閲覧。
  6. ^ 『朝鮮魚類誌』朝鮮総督府水産試験場、1939年、355頁。
  7. ^ 『原色満洲有用淡水魚類圖説』南満州鉄道、1939年、24頁。
  8. ^ 멸종위기 백조어 우리가 지켜요!”. 국립낙동강생물자원관. 2021年3月14日閲覧。
  9. ^ a b 須磨海浜水族園 (2010). “パイユ”. うみと水ぞく 110: 8. 
  10. ^ a b c “[www.kepu.net.cn/gb/lives/fish/import/200210230029.html 淡水四大名鱼之一――翘嘴鲌]”. 中国科学院. 2021年3月16日閲覧。
  11. ^ Woon-Mok Sohn , Byoung-Kuk Na , Soo Gun Jung , Koo Hwan Kim (2016). “Mass Death of Predatory Carp, Chanodichthys erythropterus, Induced by Plerocercoid Larvae of Ligula intestinalis (Cestoda: Diphyllobothriidae)”. Korean Journal of Parasitology 54: 363-368. 
  12. ^ 강찬수 (2019年3月29日). “낙동강 ‘최상위 포식자’된 강준치 어디서 왔나”. 中央日報. https://news.joins.com/article/23425789 2021年3月26日閲覧。 
  13. ^ 日月潭美食…總統魚”. 南投縣政府. 2020年3月14日閲覧。
  14. ^ クルター・アルブルヌス”. 東熱帯魚研究所. 2021年3月14日閲覧。
  15. ^ 『朝鮮魚類誌』朝鮮総督府水産試験場、1939年、352頁。
  16. ^ 『原色満洲有用淡水魚類圖説』南満州鉄道、1939年、23-24頁。
  17. ^ 『朝鮮魚類誌』朝鮮総督府水産試験場、1939年、355頁。
  18. ^ 『原色満洲有用淡水魚類圖説』南満州鉄道、1939年、26頁。
  19. ^ “[fishillust.com/Chanodichthys_erythropterus 강준치(Predatory carp).Chanodichthys erythropterus (Basilewsky, 1855)]”. 김인영. 2021年3月17日閲覧。
  20. ^ “[fishillust.com/Culter_alburnu 백조어(Topmouth Culter).Culter alburnus(Basilewsky, 1855). Family 102]”. 김인영. 2021年3月17日閲覧。
  21. ^ Culter alburnus”. 臺灣魚類資料庫. 2021年3月17日閲覧。
  22. ^ “[www.kepu.net.cn/gb/lives/fish/small/200210240027.html 短尾红梢子――红鳍原鮊]”. 中国科学院. 2021年3月17日閲覧。
  23. ^ Chanodichthys erythropterus”. 臺灣魚類資料庫. 2021年3月17日閲覧。


「カワヒラ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

カワヒラのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



カワヒラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカワヒラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS